FC2ブログ

長曽我部元親の3女阿古姫は

2019年07月20日 18:04

阿古姫   
291 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/07/20(土) 17:51:58.27 ID:xNepVVg0
長曽我部元親の3女阿古姫は大坂の陣の際に夫や盛親に従って幼い子たちを連れて大坂城に入ったが、夏の陣で落城に見舞われた
この時夫は戦死したが阿古姫親子は伊達政宗軍に捕らえられ、戦後そのまま伊達家家臣となった
阿古姫の次男が有名な柴田外記である
土佐のあたらしい国主の山内氏は長曽我部氏やその旧家臣を低く置く措置をとっていったため、先代の阿古姫たちを頼って
長曽我部一門やその家臣の一部が集まり一種のコミュニティーを作り仙台藩に仕えたという
江戸時代、多くの長曽我部一門は幕府に遠慮して苗字を変えていたが、多くが明治維新後に長曽我部などに戻したという



293 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/21(日) 21:51:24.68 ID:qLU8C8qo
>>291
龍馬とかが物語の開幕で郷士とかいじめられるあれか

294 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/21(日) 21:56:07.62 ID:tvy6NoWG
なお幕末の土佐藩執政吉田東洋も長宗我部侍の模様。

龍馬は長宗我部とは何の関係もない模様

295 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/21(日) 22:37:47.16 ID:QYh0WFsm
東洋は備後守重俊の子孫だよね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ただでさえ僻地の土佐が寂れたのってやっぱり山内が悪いんじゃあ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    TERU「寂れさせるつもりはなかったんだけどなあ」
    鳥居「そうそう」
    酒井左衛門尉「俺たちちゃんと統治してたよな」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    石田一族の生き残りが津軽へ流れたって話もあるし、やっぱり一族郎党死に絶えるなんてことはなかなか無いもので

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    日本海側は地理的条件も大きいとは思うけど主因が他所から封ぜられて圧政じみた事して寂れたのと、地理的に衰退して寂れて行ったのはまた話が別だと思う。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    日本海沿岸はむしろ近世まで物流の大動脈だったんだよな
    北前船貿易がなくなるまでは太平洋側より豊かだったと思う

  6. 人間七七四年 | URL | -

    米3
    為信「治部少輔殿の血脈を繋いだわしが何故梟雄などと呼ばれるのかわけがわからん」

  7. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ※6
    犯罪者に婦女子を狙わせるような下衆なお方だから

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    利勝「髭がアウトなんで」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    信直「な?こういう男なんだよ」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    上方で田舎者扱いされてザマァwww

  11. 人間七七四年 | URL | F9ckFCGU

    東北は全員田舎者扱いなんで・・・・・

  12. 人間七七四年 | URL | -

    おー。こないだこの長曽我部の子孫が仙台で事故起こしたね。同乗してたJK二人死亡。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    23歳無職がJK二人と知り合いwww
    めっちゃ怪しい野郎やわ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12066-b35dfd68
この記事へのトラックバック