FC2ブログ

大久保忠隣改易

2019年07月22日 15:51

292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/21(日) 19:06:48.78 ID:ARl2F+J7
一、翌年2月4日(1614)、大久保相模守(忠隣)江戸発足。上方筋で切支丹が起こったので
  仕置きのために上京。宗門の者どもを成敗して後、板倉伊賀守(勝重)をもって相模守の改易
  を仰せ付けられ、井伊掃部頭(直孝)に御預けなされた。

  この節、里見安房守(忠義)と佐野修理大夫(信吉)に改易を仰せ付けられた。ただ大久保相
  州の縁者たるによってこの如し。

  一族家来まで御咎めあり。相模守の子供の大久保右京(教隆)・同主膳(幸信)・同内記(石
  川成堯)、いずれも津軽・南部へ御預けなされた。大久保加賀守(忠常)はそれ以前に相果て
  られた故、孫(大久保忠職)が家督を致していたが、これは家康様の御息女・加納様(亀姫)
  と申す方の御婿である故、江戸の屋敷に閉門致した。

  森川内膳(重俊)は相模守の姪婿なので、酒井左衛門尉(家次)に御預けなされた。日下部河
  内守(正冬)、これは茂助(村越直吉。道伴の父)の娘を相模守の娘分に致して婿に致し、こ
  れによって館林の榊原遠江守(康勝)に御預けなされた。山口但馬守(重政)は縁者たるによ
  り御改易。

  谷六右衛門は相模守が取り分けて目を掛けられた故、松平将監に御預けなされた。石川主殿頭
  (忠総)は相模守の次男であるが、他名を継いだので知行の大垣に閉門致した。その他に摂津
  半兵衛は、その時は江戸奉行だったが当座の出仕を留め申した。

一、富田信濃守(信高)に改易を仰せ付けられた。もっとも罪科は相州とは別罪である。家康様は
  常々、御慈悲をもっぱら要に遊ばされたところ、御老年に及び厳しく御仕置きを仰せ出された
  と、世人は唱え奉ったという(家康様常々御慈悲を専要に遊ばされ候所、御老年に及び稠しく
  御仕置仰出され候と、世人之を唱ひ奉り候由)。

――『村越道伴物語留書』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なんか資料を見れば見るほど謎が深まる改易だよな
    大久保の普段の言動に問題が有ったとは思えないしその権力が家康の行動を妨げるほど有ったわけじゃない。勿論。本多親子の権力がそこまで有ったとも思えない
    家康の何に触れたから改易まで至ったのか、しかも孫は無関係となったのか
    家康が改易理由をはっきり言っていないから理由が憶測だらけだし
    しかし関が原の時といい家康は豪快に名家を改易しまくっている。いわゆる名門好きという感じじゃ無いわな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ついでに改易されましたみたいな富田信高が不憫
    まだ連座したと言ってくれたほうが納得できる

  3. 人間七七四年 | URL | -

    うーん、大久保忠隣一門は徳川家中での権勢が大きくなり過ぎたから、将来的に徳川将軍家の禍根になるのを防ぐために家康に処分された形じゃないかな?
    本多正信も正純に不相応な加増は断る様言い残してるし、晩年の権現様も劉邦とかみたいに自らの血筋である徳川家の命脈を保つ事に腐心する人物になったのかなと…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    坂崎直盛「お前が悪い!!!!」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    wikipedia情報だけど秀忠に対して不遜な行動が見られるし婚姻は確かに多すぎるし
    長安事件を受けて幕府の癌になると見なされたんじゃないかな

  6. 人間七七四年 | URL | F9ckFCGU

    大久保忠隣の真意はどこにあったんだろうな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    家康「先祖がミソつけた仇を子孫にとらせる」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    家康や秀忠個人から不興を買った、他の重臣との関係の悪化なんかが原因じゃないかなー

  9. 人間七七四年 | URL | -

    佐久間信盛と似た雰囲気を感じる

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    大久保忠忠殿は誠に果報者でござるな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    あくまでも個人的にはですが、秀忠と忠隣はそれほど関係が悪くなったと言う印象は受けない。
    むしろ、関ヶ原後の家督相続の件で後ろ盾になってくれたし。

    個人論としては、忠隣を始めとして大久保一族が旗本から大名達との血縁や信頼が予想以上に
    集まりだしてしまったからではないかと思っている。実際旗本達からの信頼は高かった筈。
    つまり、大久保一族の影響で他の家の判断が左右される可能性を考慮したとか?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠が元気なうちはまだしも、その先の代にどういう影響が出るかは分からないからねぇ。
    横の繋がりや旧恩の縁等で影響力を付けるような真似をするとこういう事を徳川はするぞ、という見せしめ的な意味での改易だったのかなと思ってたよ。

  13. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    葵だと家康が大久保と本多の将来性を鑑みて本多に肩入れしたって感じだったっけか

  14. 人間七七四年 | URL | F9ckFCGU

    ※13
    なお本多家のその後

  15. 人間七七四年 | URL | -

    本多も大久保も仲良く出る杭として打たれたから譜代重臣の中で権力志向の奴を順次狙い撃ちしていったのだろう

  16. 人間七七四年 | URL | -

    本多正信も配流後の大久保忠隣を色々気にかけている書状有るようだし、あの大久保彦左衛門も正信を庇っている
    そもそも忠隣が家康に正信を推挙した経緯も有るし、個人的にも政治的にも仲が悪かったかどうかも不明
    戦国~江戸初期ってこういう繋がり多くてほぼ準一門みたいな関係になる。左衛門尉酒井家も膳所藩本多家は一門扱いで度々養子出しているし、榊原ー大須賀家もそう。探せば類型幾らでもありそう
    となると、大久保ー本多の政治権力の大きさに家康が片翼を切り捨てたって想像も出来るなぁ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    治部殿と権現様も個人的仲は悪くなかった、なんて話もあるし、
    政治的に必要とあれば非情な判断も下す、という姿勢を示しておきたかったのかも

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12068-426956a1
この記事へのトラックバック