FC2ブログ

千与四郎殿に明日御茶を差し上げたい。

2019年07月24日 16:34

千利休   
109 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/24(水) 01:50:46.96 ID:OySZ559h
千利休がまだ与四郎と名乗っていた頃、武野紹鴎の茶会に参加することを望んでいたが、ずっと
呼ばれることはなかった。与四郎は袴と肩衣をその時のためだけに用意したのだが、駄目であった。

武野紹鴎が四畳半の茶室を作った時、堺の南北の誰もが、その座敷開きに呼ばれることを心待ちに
していたが、誰も呼ばれること無く、だた「千与四郎殿に明日御茶を差し上げたい。」との使いが有った。

これに与四郎は「忝ない事ですが、明日は伺えません、明後日に参ります。」と返答した。
紹鴎は「それでは明後日お出で下さい。」と応じた。

与四郎は直ぐに夜通しで褊綴( 法衣の一種。ともに僧服である偏衫(へんさん)と直綴(じきとつ)とを
折衷して、十徳のように製した衣。)を取りに遣わし、僧体になって紹鴎の元に赴いた。
これに紹鴎は「さても、さとも」と感心されたという。

この時に名を『宗易』としたのだという。

(三斎伝書)



110 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/24(水) 12:02:48.51 ID:0lxTEov8
紹鴎すごいんやな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    堺屈指の豪商だった納屋(今井家)や天王寺屋(津田家)に比べて
    魚屋(田中家)は小さいから逆に数寄に専念できたとか言うけど
    こういう時バックボーンが弱いとなかなか招待してもらえないんだね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    茶の湯・数寄を当時の文化人達の社交界と考えればそりゃそうだね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    利休「茶室に出掛ける服がない…」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    宇喜多直家「○○殿に明日御茶を差し上げたい」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    三成「御茶を差し上げたい」
    某「なんたる小賢しさ」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12073-8a260246
この記事へのトラックバック