FC2ブログ

相手によって褒めどころが有るのだ

2019年08月03日 17:39

305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/08/03(土) 01:07:32.75 ID:Huf6utXP
金森出雲殿(可重)が伏見から宇治へ行かれて方々の茶会に出席され。さらに当地奈良に来られ、
ここでも方々で彼を招いた茶会が有った。その時、拝殿右馬丞という春日若宮の禰宜が持つ茶入を
ご覧になりたいということで、私も相伴しての茶湯があった。

出雲殿はこの茶会を称賛され、「京より南には無い茶会であった。」と言われたので、私が
「当地においては、下手と言われます。」と答えると、「他はともかく、都にもまれな掃除の良さであった。」
と仰られた。

侘数寄は気遣いを専らとするが、侘びであっても出来るのは掃除である。
名人というものは相手によって褒めどころが有るのだと思ったものだ。

その右馬丞の茶入というのは、現在は尾張大納言様(徳川義直)の元にある小肩衝の事である。

(長闇堂記)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | tKQf3S82

    まあ人を迎える際の基本中の基本だよな掃除って

  2. 人間七七四年 | URL | -

    大友吉統「えっ?儂にも褒めどころが?」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    まあ一応、大友家文書録残したからね
    そういうの全くやらずに滅んでいった大名家は先祖の勲功も何も無くなって悪く書かれる一方だし
    結構貴重だよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    基本敗将を良く描く(主人公からして敗将だが)
    センゴクでも吉統はそんな良い描写じゃなかったからなぁ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    掃部と書いてCome onと読むぐらいだからな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    宗麟の悪評の何割かは吉統の分と混同されてるくらいだしな・・・
    正直、上でも言われたように大友家文書遺したくらいしか褒めるところが見つからない・・・

  7. 人間七七四年 | URL | -

    義統はどうやったらあのように育つのだろう?
    養育係の失敗なのか?宗教の選択の失敗なのか?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    両親の不仲、家臣間の派閥争い、周囲の敵対勢力からの圧力・・・
    歪む原因はたくさんあるな・・・

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    生まれつきやぞ
    ソースは本人

  10. 人間七七四年 | URL | -

    関ケ原の時あれだけ旧臣を糾合できたのは大友家の威光込みとはいえ大したもんだと思う
    旧臣が誰も靡かなかった佐野天徳寺みたいに惨憺たる結果に終わることも十分あり得た

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10殿
    佐野家と大友家の状況は家の背景も本人達の状況も一緒とは云えず、
    一緒くたにしてしまうのは些か忍びないと思うの
    それに少なくても家を再興させてる手腕はあるし

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    義統と比較されて同情される天徳寺というあまり見ない構図

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12087-3264a03a
この記事へのトラックバック