FC2ブログ

清正像の怪異

2019年08月06日 17:46

310 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/08/06(火) 16:16:59.79 ID:/b25XDa/
肥後の熊本には加藤清正の廟(発星山本妙寺)が有り、像もあるという。現在の領主である
細川家に於いても厚く尊崇され、供僧などを厳しく付け置き、時々に供膳、香華を備えていた。

この供僧なる出家、ある時膳を据えて亭坊(住職の居る坊)へ下ろうとしていた所、清正の像の覆いに、
鼠が損した所があるのを見つけた。かの僧が言葉に出さず、心にて
『清正は無双の剛勇にて異国までもその名が轟いた人であれば、鼠などが害をなすことはありえないだろう。』
そう思いながら下山し、暫く過ぎて膳具を取りしまわんと、かの山に上った所、配膳のほとりに血が染み、
膳の上に大きな鼠が、五寸釘にて刺し貫かれていた。
これを見たかの僧は、ほとんど気絶しそうに成るほど驚き、ほうほうの体で下山したため、
その他の僧たちが上ってかの場所を清め膳を下げたのだと、これは肥後の者が語った所である。

(耳嚢)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    加藤清正「そうだよ、ネズミごときが俺を齧れる訳がねぇよ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    清正(さっさと捨てちくり~w)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>膳の上に大きな鼠が
    蜘蛛男「すり替えて置いたのさ!」

  4. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    昔、劇中劇で蜘蛛同心とかあったなあ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12092-c3510bfb
この記事へのトラックバック