FC2ブログ

推参なり! 早くも天下取りの顔をするか!!

2019年08月15日 17:14

323 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/08/15(木) 16:33:34.16 ID:Tdfto4zP
「尼崎で諸大名が髪を切って信長公のことを嘆きなさる時、秀吉公も嘆きなさり『この上はいずれも
一味同心で明智を討ち取り申す他はござらん! いずれも左様に思し召しなされよ!』と敬っていか
にも慇懃に、同輩の様子も見えたのである。

明智敗軍の時、諸大名への御あしらいは『骨折り骨折り』と仰せられ、皆家来のあしらいになされて
大いに威が付いたのである」と(佐柿常円は)語りなさった。

――『佐柿入道常円物語(高松城攻物語)』

佐柿常円は備中高松攻めの時に秀吉に御供したという人
  
  
一、山崎合戦の時、秀吉公は西国より御上り。先手は中川瀬兵衛(清秀)・堀久太郎(秀政)・
  高山右近・池田勝入様(恒興)などである。

  (中略。戦勝後)

  秀吉公は遥か後ろより、乗物で朱唐笠を差させて御出になった。中川を始め諸大将は床机に
  腰を掛けていた。きっと懇ろに礼儀があるだろうと思いなされているところで、秀吉公は駕
  の中から「瀬兵衛、骨折り」と申されたという。

  瀬兵衛は気短き人なので「推参なり! 早くも天下取りの顔をするか!!」と申されたという。
  秀吉公の御聞きなきことはあるまいが、聞かぬ顔で御通りであったという。

一、古田織部は中川瀬兵衛殿の婿である。利隆様(池田利隆)の伯母婿でもある。秀吉公が山崎
  へ御向かいの時、秀吉公は古田を召して、

  「中川と其の方は縁者だから、中川へ行け。まったく中川を疑うわけではないが、世上の聞
  こえにおいても、中川なども人質を出すとあれば味方一味のために良い。誰であっても人質
  を出しなさるように申して参れ」

  との仰せであった。古田が畏まって行くと、秀吉公は山上に陣取りであったのだが、古田が
  山下まで行くのをまた呼び返して何か遣わしたいと思し召された。乾いてござる木綿足袋を
  脱ぎ、「これをやるぞ。これを履いて津の国(摂津国)の晴れをせよ」との仰せだという。

  さて中川へ行って以上の通り申した。例の中川殿は気短く、早くも立腹して申されるには、
  「秀吉が我に人質を出せと言うか!」と、申されたという。古田は「左様ではありません。
  よくよく御思案なされ」とまずは帰った。

  夜に入って古田を呼んで中川が申されるには、「いかにも心得た。しかし人質に遣わすべき
  者がいないので、家老の子を遣わそう」と人質を遣わしなさったという。その頃、中川殿は
  津国茨木に居住されたという。

――『烈公間話』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    中川清秀って和田惟政討ったときとか荒木村重焚き付けておいて見捨てた逸話とか見るとそこそこな武将に見えるのに同時に駄目さも漂ってるエピソードもあってとても好き
    いかにも混乱期の国人って感じだわ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    うーん、なんてーか
    時流を読む事が不得手な瞬間湯沸かし器

    て感じかなぁ?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    かと思えば賤ヶ岳では死ぬまで奮戦するし忠誠心がどっち向いて付いてるのやら

  4. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士「わかるよその気持ち」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    以前見た話しで、大坂の陣の時に「この戦いは御家の為の戦いではなく大御所の為の戦いなので、特に働ける場所へ行くべき」みたいな事を言ってた覚えがある。
    思うに中川清秀にとっても天下の趨勢をどちらにあると見るべきかが問題になったわけで、
    賤ヶ岳の戦いにおいても「羽柴秀吉の為の戦い」と見ていたのかもしれない。
    退くに退かなかったのは高山右近の行動だったり、跡目について悩む必要がなかったりと所々の要因があるからかもしれんだろうけど。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    時勢がどうのとかじゃないでしょ。
    確かに名目上とは云え未だ織田家家臣の秀吉が、仮にも同じ織田家家臣の清秀に露骨に偉そうな態度で接すれば、
    そりゃ何様だよと思うでしょうよ。山崎の戦だってあくまでも秀吉に協力したのであって、家臣になった訳では
    ないもの。清秀にしてみれば一応義兄弟って関係の筈が、露骨に下に見られる挨拶されたら気分悪いよ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    信長譜代で中国方面軍の総帥までやってた羽柴秀吉と摂津1国人で外様の中川清秀を同格と見做して考えるって、これ程ナンセンスな事は無いと思うの。
    あくまでも中川清秀がそう考えていたと主張するならの話だけど。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    増して本能寺から遡る事4年前に一度信長に背く様な態度示しておいて何をそんなに偉そうに忠臣面した態度取れるのかと。
    秀吉がこの時黙殺しなかったら、他の諸将が中川清秀にキレてたんじゃないの?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    逆にそのときまで秀吉は(地位の差にも関わらず)慇懃だったのかもしれない
    すると急に偉ぶりだしたのが「本性出した」と見えたとしてもおかしくない

  10. 人間七七四年 | URL | -

    別に忠臣じゃなくても「アンタが偉そうにするのはおかしいだろ」と思うでしょ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    思った連中は多かったと思う
    思っても口に出すのと従う姿を見せておくので全然違うからね…

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    へぇ織田家に忠義立てしている筈の連中がその織田家を二分させて勢力争いをした挙句に乗っ取るんだ?
    それこそナンセンスだわ。それに途中で逆らった?高山右近も同罪ですね
    離合集散なんて武士の十八番だろうに中川だけは戦犯扱いでナンセンスだわw
    そんな事言い出したら、家臣陪臣全員調べ上げて誰が何年間勤めた譜代なのかも必要だね

  13. 人間七七四年 | URL | -

    中川清秀と秀吉は義兄弟の契りを結び織田家臣時代から連絡も密に取り合ってる仲なので
    この逸話が本当だとしても両者が険悪と言うよりも冗談めいた雰囲気だったのではと思う

  14. 人間七七四年 | URL | -

    織田家なんて信長に敵対して何度も矛を交えた柴田が家臣筆頭だったのに

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12108-ae4eb9be
この記事へのトラックバック