FC2ブログ

若輩でそのうえ理に当たる故

2019年08月19日 18:06

148 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/08/19(月) 16:33:51.23 ID:LMV/o/Q5
生駒左近(原注:光政様の家士である)は織田常信(常真。織田信雄)のところに居り申したという。
(生駒が)小小姓である時、(信雄は)何の用あってか居られた場所で「ここより内へ人を入れるな」
と御申し付けであったという。

その口で番をしている時、出頭の者(寵愛を受けた者)が通ろうとしたので、前述の事を申して留め
たが、聞かずに通ったので切り殺した。若輩でそのうえ理に当たる故、褒美されたという。

仁体静にして公儀就き良し。これ故か武州様(池田利隆)から光政様(池田光政。芳烈公)の御守に
附けられた。しかしながら少し私曲があり、それ故か生駒家は絶えた。下方(末裔という意味?)は
真っすぐである故か、今も相続申していると(光政の)仰せであった。

庚申11月19日、備前西の丸御内所での御物語り。

――『烈公間話』



149 名前:148[sage] 投稿日:2019/08/20(火) 02:51:05.66 ID:/g8X7WjZ
>>148
ググったら下方覚兵衛という光政の傅役がいたようなのでその事みたいです>下方
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    のぶをのことだから、寵臣切ったことに怒るのかと思ったらそんなこともなかった

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >出頭の者(寵愛を受けた者)が通ろうとしたので、前述の事を申して留めたが、聞かずに通ったので

    このバカが誰なのか知りたいw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    苛烈公で吹き出した
    そりゃそうだけども

  4. 人間七七四年 | URL | -

    苛烈公じゃなくて芳烈公では

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12115-41c43beb
この記事へのトラックバック