FC2ブログ

「日頃の数寄が出た」

2019年09月03日 17:23

千利休   
365 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/03(火) 16:07:29.71 ID:gS8n8Noc
利休は大徳寺の山門を建立し、自分の形を木をもって作り、褊綴を着せて頭巾に杖をつかせ、
雪踏(原注:雪踏は利休が初めて作ったのだという)を履かせて高所に置いた。

秀吉公は御覧になって、「公家衆を始め礼儀ある門に推参至極のやり様である!」と大いに
怒りなさり、その罪で切腹した。

その時、(利休は)脇差を包み取って巻き直し、両端を揃え能を見て切腹仕ったのである。
「日頃の数寄が出た」と、数寄者は感じ入ったという。

(原注:『雍州府志』四巻の大徳寺のところに曰く、この門は連歌師の宗長が所建の後に千
利休がその上に設閣し、己の像を置いた。これにより豊臣秀吉公は僭越を怒り、その像を降
ろして一条反橋に晒したのである)

――『烈公間話』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    すっきが〜出った出〜た〜

    すっきが〜あ〜出たあ〜

  2. 人間七七四年 | URL | -

    千利休はスキだらけ!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    そんなあなたが大スキです!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1-3
    秀吉「コメ衆を始め礼儀ある者に推参至極のやり様である!」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    利休「やっぱ、すっきやねん。やっぱ、すっきやねん」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12140-60ec317f
この記事へのトラックバック