FC2ブログ

【ニュース】400年ぶりに復元される亀甲船、龍頭・鉄甲のようなものはない=韓国

2019年09月10日 16:12

李舜臣   
383 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/09/10(火) 15:47:34.68 ID:0AMoFP3l
中央日報日本語版 400年ぶりに復元される亀甲船、龍頭・鉄甲のようなものはない=韓国
https://japanese.joins.com/article/468/257468.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|main|top_news


>海軍が壬辰倭乱当時投入された亀甲船の原形をそのまま復元することにして設計作業に着手した。鉄甲構造、龍頭などを特徴とする
>かつて再現した亀甲船が実際と違うという指摘が相次ぎ提起されるにつれ、今回最大限実物に近い姿を実現するという趣旨だ。

かつてはオーバーテクノロジーの超兵器扱いされたものが、ようやく厳密な考証にかけられる余裕が出てきたというお話。
良い傾向ですね。
それに過剰な民族意識の象徴とはいえ、きっちり予算が出て維持されるのは正直うらやましい。


日本でも城郭研究で有名な広島大の三浦教授が設計して安宅船を復元(大河ドラマ「毛利元就」に登場)したものの、
撮影終了後に引き取った自治体が持て余して、露天でボロボロになった上に廃材処分というのがありまして・・・



384 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 06:49:48.01 ID:TzXx0pWO
>>383
維持とはいっても、記事中で木造船の寿命は15~20年で今回が3回目の建造とある
古いのは破棄する前提なんじゃないですか
愛国予算は無尽蔵に出るお国柄にしても、うらやましがるほど青い芝生でもないような

385 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 14:32:26.36 ID:AOL9rq9D
そもそも安宅船ってそんな人気あるわけでもないだろうしね…信長の鉄甲船(真贋はさておき)でも危うい

386 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 16:54:00.18 ID:wovCletZ
まあ、どうしても復元船舶はでかすぎて屋内展示できないのと、露天での木造の寿命がね

宮城県の伊達氏遣欧船サンファンバウティスタ号だって、地域のシンボルにして観光の目玉で
震災も乗りきって修復されても
そろそろ木造故の寿命が近づいて、しかも再建造できない見込みらしいし

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E5%8F%B7

390 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 21:36:06.71 ID:XHdp+5sS
>>386
バブル最強の時に作った帆船か
そういえばハウステンボスのリーフデ号はしぶといな
あっちはオランダの造船所に作らせて海渡って来た本格派だから頑丈なのかな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    確かに今の時期なら七年戦争関連で予算いっぱい引っ張れそうだ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >露天でボロボロになった上に廃材処分
    なんてこった・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    かつて因島市にあった大阿武船ですな。
    露天で骨組みの鉄がさびて木材が駄目になり
    因島市と尾道市が合併する時に処分になったという

  4. 人間七七四年 | URL | -

    骨組みの鉄?
    て思ったら木材で外見だけ整えてた張りぼてなんか…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    でも維持できず廃棄処分になるのは韓国の方が多いんだけどね
    保存の仕方を知らずに寄贈した古文書に普通の蛍光灯を当ててボロボロになるなんてのもよくある話だ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    名古屋城500億には負けるw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    なんなんだよ、あの赤い煙は

  8. 人間七七四年 | URL | -

    使いどころのないものを寄付される自治体側も、まあ困りますわな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    あの大阿武船だってあくまでもドラマで撮影用として制作されたのを貰っただけで、本来必要な正確な
    調査に基いての復元じゃなかった筈。実際船の内部は全く拘られておらず「文化的な価値なし」だから
    解体されたって仕方がない。日本て全体的に維持とか苦手な癖に勢いだけで復元したりするから、結局
    駄目にするって事例が多すぎる。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    維持が苦手、っていうより気候的に木造製品の保存に向かないわ
    樹木の生息にはもってこいだが

    神宮形式(野球じゃないよ)で一定年度たったら再建造、というループを制度としてもってないかぎり
    技術も製品も維持できないだろう
    じゃあその金を恒常的に投資する価値あんのか、って考えで見ないと

  11. 人間七七四年 | URL | -

    作った方も持て余し、送られた方も持て余す。
    まぁそんなもんよな。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    1億円を投じて復元され、NHK大河ドラマ「毛利元就」や映画「あずみ」に登場した戦国時代、村上水軍の主力船「大阿武船(おおあたけぶね)」が解体、廃船される。旧広島県因島市が9年前、PR用に建造したが、平成の大合併で同市を編入した尾道市が「自力航行できず、利用価値がない」と判断した。保管料だけで年300万円。解体にさらに約700万円かかり、識者は、税金の無駄遣いに疑問を投げかける。大阿武船は全長約25メートル、幅7・5メートル、重さ約100トン。戦国時代末期(16世紀後半)に登場した水軍の大将船。「日本初の大型専用軍船」といわれ、約150人乗り。復元船は実物と同じ大きさで、当時の文献や江戸時代の図面などを基に設計。自治体の地域振興が目的の日本宝くじ協会の助成制度で1997年5月に建造。同年6月に「毛利元就」の海戦シーン、2002年10月には東宝の映画「あずみ」の撮影などに使われた。しかし、曳航に1回100~200万円かかるため、大半の期間、造船会社のドックで保管され“雨ざらし”に。(以下略)

    ttp://blog.livedoor.jp/nao_2006/archives/643847.html

    これはサイズ的に屋内保管も難しいだろうし、何ともなぁ…
    清盛の時も宋船や海賊船作ってたけど、アレはロケセットなんだね

  13. 人間七七四年 | URL | -

    なにわの海の時空間 という木造船1隻を展示する場所がありましたが
    大赤字で潰れてしまった。
    まあ、保存と維持管理を考えれば、精密な縮小模型で我慢するしかないかな。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    別にこの船の事だけを言ってるわけじゃないんだけど?各博物館や展示品を見てもかなりぞんざいな扱いが多い。
    保存します→活用方法がない→やっぱり解体。
    苦労して復元しました→展示します→野ざらし・部品盗難→維持できないから解体。

    最近の鉄道関連でも次のを置く場所無いから前からあるの解体ってふざけてる。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    形あるものはいつか、早いか遅いかの違いで必ず壊れて無くなるねん。
    日本に限らずどんな物でも、何時迄も大事に保管して取っとくって簡単な様で難しいことなんよね。
    金、場所、スタッフetcetc…

    たしかに物は大事にしないといけないけれども、それに拘泥し過ぎればまた違うところで損失が出る。世の中難しいのねん。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ぞんざいな扱いといえば海外の愛好家がわざわざ飛べる状態にまで復元して寄贈した四式戦闘機を、寄贈された側の嵐山博物館が杜撰な管理でダメにしたってのもあったな

  17. 人間七七四年 | URL | -

    何か、過去の失敗引っ張ってくる魔女狩りみたいな感じになって来たな。拗らせたら某旭日旗狩みたくなりそう。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    この目先の利益に捕らわれて役にも立たないボロ舟を作って結局解体する事と、
    保存は難しいだなんだと議論しないとならないのか良く分からない

    ※17
    過去の失敗例は事実に則している訳だから、それが何で政治問題と関係してくるわけ????

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    政治問題なんて一言も書いてないが?

  20. 人間七七四年 | URL | -

    歴史的資料価値がないとはいえ、
    そういった木造の大型船を組んで多数管理運営していた村上水軍って、やっぱりスゴいんじゃないだろうか…。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※20
    安宅船は商船としては使えないことを考えると平時は純然たる金食い虫
    財政基盤の半端ない強さがうかがえるな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12151-b7734be4
この記事へのトラックバック