FC2ブログ

鷹と狐とキリスト教

2019年09月13日 16:18

193 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/13(金) 12:34:42.04 ID:OtcjglaC
国王(大友宗麟)の鷹匠(彼は家中キリシタンである)の一僕の青年が、国王の愛していた鷹を放った時、
風が吹いて流され帰って来なく成った。これに青年は恐ろしくなって逃げ出し、主人は鳥が逃げたことを
知って、家中で諸方に出て捜した。青年の母は大いに悲しみ、泣きながらパードレの元へ来て、その子を
救うようデウスに祈ることを請うた。パードレは「それを行うが、あなたもまたデウスに祈るべし」と
言った。

翌朝、パードレが住院を出ると、偶然鷹が自分の住院の上を飛んでいるのを見つけた。そこでキリシタン
である武士の家に人を遣わし、「来たりて鷹を捕えるべし」と伝えたところ、彼はこれを捕え、
このようにして王の怒りを免れた。

このキリシタンに一人の婢があった。彼女がキリシタンと成る前には、狐が夜中に来て彼女を戸外に
連れ出していたこと、家族一同の知る所であったが、キリシタンと成ってからは再び来ることはなかった。
諸人はこれ(狐)を悪魔で有ると言っている。

(1554年(天文二十三年)付、イルマン・ペロ・ダルカセパ書簡)

逃げた鷹も見つかるし狐も逃げ出すキリシタンの奇跡



194 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/14(土) 11:23:28.54 ID:59kvg2LR
良いことが起きたら神様のおかげ
悪いことが起きたら悪魔のせい
まさに洗脳
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    そこら辺の神仏とやる事変わんねぇなw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まあ狐落としは宗教家なら出来るでしょう

  3. 人間七七四年 | URL | -

    個人的には狐は化けて何かするって言うより、化ける=タヌキの感覚だったから
    狐=悪魔って考えはある意味で新鮮だった

  4. 人間七七四年 | URL | -

    悪魔祓いは神父の仕事
    エクソシストで見た

  5. 人間七七四年 | URL | -

    どこかのテレビ番組はあらかじめ動物を捕まえてたらしいな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    実にタイムリーな話で

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >良いことが起きたら神様のおかげ
    >悪いことが起きたら悪魔のせい

    今も対象変わっただけで同じだけどな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    キリシタンにさらわれた人たちは二度と帰ってこなかっただろうけどな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    おっとお ここでへうげもの史観儲が登場ォォ~

  10. 人間七七四年 | URL | -

    お隣さんはあらかじめ捕らえておいた狐を放して大勝利しましたが。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!

  12. 人間七七四年 | URL | -

    日本人奴隷だろうが新大陸への黒人奴隷だろうが
    奴隷商に売り払ってたのは現地の諸侯や商人だろうに

    わざわざ白人が村襲って人狩りしてたとでも思ってるのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12157-be626331
この記事へのトラックバック