FC2ブログ

この者達の忠孝を認めぬと言うのなら

2019年09月20日 15:25

198 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/09/19(木) 19:18:26.41 ID:/7Fim3py
「それは、長束大蔵大輔の仕掛けた事だ。」の後日談

関ヶ原の戦いで斬首された長束正家
当主が死んで路頭に迷った長束家の家臣達を召抱えたのは他ならぬ伊奈忠次であった

家康は「逆賊として斬首された者の家臣を召し抱えるなど、他の者に不興を買う。おぬしの為にならぬぞ。」とたしなめた

しかし忠次はこう反論した
「確かに長束正家は逆賊かもしれませぬ。ですがその家臣は正家に最後まで尽くして逃げ出さなかった忠臣であります。
この者達の忠孝を認めぬと言うのなら
私は腹を斬ってこの者達に報いねばなりますまい。」
と家康に詰め寄りこれを認めさせた

こうして長束正家の家臣とその家族達は伊奈忠次に救われ
かろうじて生き残った長束の子孫はやがて徳川家光と手紙のやり取りをする程の関係にまで快復するのであった



199 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/19(木) 21:08:41.28 ID:bQC3nvG5
旧豊臣の奉行衆には実務的な優秀な部下も多かったろうからなぁ

200 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/22(日) 12:33:41.67 ID:gTVfXKay
武田の旧臣を幕下に加えてたくせによく言う

201 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/22(日) 20:44:34.93 ID:7bj0T1un
武田の部下は俺のもの
長束の部下も俺のもの

202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/22(日) 21:13:09.23 ID:5Wnbhz7y
北条の家臣も多く召し抱えとる

203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/23(月) 01:26:19.01 ID:Jl+ho/kN
北条は別に秀吉から召し抱えるなとか言われてないだろ?

204 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/09/23(月) 08:09:57.82 ID:2hnkMw8k
>>198
伊奈忠次「うちの父親も殿に弓引いた逆賊なんすけどね。信康様の件で私も再び出て行きましたけど」
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    たしかこれ本多忠勝も一緒にしたという資料もあったはず

  2. 人間七七四年 | URL | -

    伊奈忠次というあたりがとてもイイ
    能吏は能吏を知るって感じだ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    忠次さんも徳川家二度も出奔しなければならない羽目になった苦労人だよね。
    最初は父親が三河一向一揆に加勢して長篠合戦で陣借して参戦帰参を赦されるも、信康付きになったら信康事件で居られなくなって、本能寺の変の時に伊賀越えに協力してその功で帰参出来たて本当に波瀾万丈ですわ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    自分は伊奈と見て一瞬、昭綱さんがよぎったわ
    関ヶ原後に関所の番人してたら福島と揉めて腹切らされた人。
    漫画の影武者徳川家康で初めて知った人だけど、凄く印象的なエピソードに描かれてたし。

    やはり同じ伊奈姓なのは忠次さんとも血縁なのだろうか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    伊奈忠次の祖父の嫡男の家系が昭綱
    忠次は祖父の未子の家系と言われてる

  6. 人間七七四年 | URL | -

    元々長束さん自身が清廉な性格といわれているので、自然と家臣達もそう言った人達が集まったのかも?
    個人的には長束さん自身が生存していたら、もっと日本に貢献してくれた武将だったと思う。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    サンキューガッツ
    やはり親戚筋なのね

  8. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば忠勝さんの妹はどこに行ったんやろなあ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    輝政「ないない」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    浪人対策してんじゃん

  11. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも長束さんって斬首にされてないよね

  12. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原直後に池田軍が水口城下でひどい略奪してたな。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ノウハウ持ってる人だし味方したら優遇されるのは間違い無いんだよな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12167-86dab7bb
この記事へのトラックバック