FC2ブログ

20万石余 小西摂津守行長

2019年09月24日 15:37

436 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/23(月) 19:30:46.75 ID:cwZ3+KTm
20万石余 小西摂津守行長

肥後州宇土城主・従四位下侍従行長、父は泉州堺累代の薬商・小西清兵衛入道如清という。彼は子息の
清九郎(弥九郎行長)を伴って朝鮮へ渡り、薬を買って往来すること数ヶ年。

太閤は天下草創の以前より朝鮮を征伐せんと心掛けられた故、小西が案内を知っていることを聞いて、
子息の清九郎行長を召し使われたが、行長は武勇才智あって太閤は喜び、播州在城の時に初めて2百石
を賜う。行長はなお武を学び和漢の兵書を考えてもっとも兵道に達する故、太閤はかつて播州一国を領
せられた時より、天下平均、かつ朝鮮攻めまでの合戦でついに不覚を取らず。

さて太閤は備中出陣の時は小西清九郎が先手に進み戦功あり。帰陣の後に1万石の感状を賜り、従五位
下内匠頭と受領す。後にまた段々加増、10万石に至り摂津守と改める。

この時、宗対馬守義智に一女あり。小西の智勇を感じ入り太閤へ願い婿とする。しきりに戦功を積んで
天正13年(1585)に10万石の加恩を賜い四品に昇り、肥州宇土の城を賜う。

さて、太閤は宿望の通り朝鮮征伐を企て、行長を先手の大将たらしむ。行長は案内者である故、やがて
かの国の通事数人を語らい懐け、路次の便を調え諸将へ下知案内を司る。行長はかつ勇猛智謀をもって
朝鮮の王城数ヶ所を攻め抜き、敵の首を斬ること諸将に10倍す。その働きは『朝鮮征伐記』に詳しい。

しかしながら元来卑賎の者である故、己の武勇に驕り諸将の誓約を変じ、己1人の功を立てんことを業
とする故に交わり親しむ者なし。行長はこれを悟らず、人を嫉み世を恨む。石田(三成)とは懇意故、
かの逆意に与しその為に軍法を談じるといえども、石田の運が尽きたのか小西の謀を用いざること多し。

(後略)

――『古今武家盛衰記』

続き
味方の中に勇士はいなかったのだ!


440 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/24(火) 10:25:43.22 ID:oBX6SoJl
>>436
持ち上げて持ち上げてからのハシゴ外し w

441 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/24(火) 10:36:01.80 ID:/PMrZ76R
元来卑賤てwそれ太閤もやん
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    行長と宗義智の関係が逆になって伝わってるのか。
    行長が義智の婿になったんじゃなくて、義智が行長の婿になったんだったっけな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    行長と清正はなぜ差がついたのか…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    史実なら小西って宇喜多家御用達商人の出ですよね?武士としても一軍将としても行き成り活躍できたのかな?
    この時代の個人的に不思議な部分なんですよね。船の専門家としては理解は出来るけど。
    やっぱり世の中が殺伐としているから、武士と言う専門職以外の人達も武芸に勤しんでいたのかな?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    さすがに信長の一部隊長時代から唐入り構想ありは誇張では?

    てか宗氏はこれ出た当時も大名だったのに、よく婿嫁間違い訂正の文句出なかったな。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    少し時代は違うが徒然草で兼好法師が「近頃は坊さんや殿上人まで武を好んでよろしくない」と言ってますな。
    平安時代の公家は馬や弓は一般教養だったのが、そのうちそういうのは武士の仕事になったけれども、
    世の中不安定になってきたら、武芸もやっとかなきゃにそりゃなるでしょう。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    太閤立志伝5を思い出したw
    武力に多少振っとかないと野盗や海賊に襲われたときに困るんだよな
    商人なら大盤振る舞いからのバックアタックでなんとかなる

  7. 人間七七四年 | URL | -

    武芸と言うとガチ甲冑合戦関連を見てもテレビや映画・漫画等の描写が、かなり作られた物だと分かるね。

    「戦国時代は刀を片手で使った?「両手で刀を持つと槍の突き、飛んでくる矢を巧く捌けない!」
    #ガチ甲冑合戦 #日本甲冑合戦之会」
    ttps://togetter.com/li/1407257

    を見ても武器の持ち方・体の動かし方等も教えてくれているので有り難い。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも飛んでくる矢を刀で捌くなんかできんやで

  9. 人間七七四年 | URL | -

    小西行長を小西博之が演じた大河ありましたね…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12171-8dd51c07
この記事へのトラックバック