FC2ブログ

小田城再乗っ取り

2019年10月13日 17:43

509 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/13(日) 15:15:04.76 ID:EPNnuZ5J
>>508 の後のこと

小田天庵(氏治)と彦太郎守治父子は、小田城は取り返したものの、昨年大晦日の遺恨を果たすべく、
真壁暗夜軒道無(氏幹)を討とうとしていた。

天正元年(1573)四月下旬、小田父子は4千の兵を率いて筑波根の尾根続きである青柳山を越え、
新治の乙幡村へ着陣した。ここは真壁氏幹の領内である。小田勢は家という家に火をつけ狼藉を
働いた。

乙幡より太田源左衛門資晴の居る柿岡は行程一里半ほどの場所であるので、この噂はすぐに伝わり、
資晴はこの事を片野に居る父の三楽斎へと伝えた。三楽斎こそ、昨年真壁とともに小田を追い落とした
張本人である。三楽斎父子の他に、太田新六郎康資も共に資晴の加勢に来た。
しかし太田勢は小勢、小田方は多勢であるので、一戦を交えると太田方はすぐに近くにあった古屋敷に
駆け込み、その中に立て籠もった。そして小田勢が退くと打って出て、返せば古屋敷に逃げ込み
立て籠もる。そんな事を4、5回も繰り返して時を稼いでいるうちに、真壁氏幹と息子の右衛門太郎広幹が、
次男右衛門次郎久幹、甥の掃部介たちを引き連れ駆けつけ、小田勢が西の方より押し寄せると聞いて、
その方へと馬を急がせていた。所がそうではなく乙幡に敵が有ると解ると、山手に出ようと近道を駆けた。

真壁勢が近づくのをはるかに見た小田天庵父子は「これこそ当面の敵である。」と、太田父子を捨てて
真壁勢に向かった。この場所は三方を山に囲まれ、その中に十町ばかりの平場が有った。狭い場所であるが
小田勢はその中いっぱいに、蜘蛛の子を散らしたように待ち伏せた。

真壁氏幹はこれをよく見破り、先鋒が矢を射かけようとするのをしばらく止めると、敵の先鋒には
目もくれず、弓鉄砲を敵の本陣に向かって激しく射込ませた。小田勢はまたたくまに裏崩れをはじめ、
右往左往した。

(中略)

かくして小田勢は敗北し、もと来た道をしどろになって退く所を、真壁勢はすかさず追撃した。
天庵父子は帰りの四里ほどの道を、一度も返すこと無く逃げていった。
この時、未だ古屋敷に籠もっていた三楽斎父子は軍勢を外に出すと、逃げていく小田勢には手も触れず
ただその傍を一緒にどこまでも走った。そしてやっと小田城の近くになると、小田勢が言っているのと
同じようにわめきながら、味方を装って敵とともに手勢もろとも城内へなだれ込んだ。それから城門へ
上がって太田の旗を押し立てた。

これを見た天庵父子は歯噛みをして口惜しがり、残兵を集めてすぐに奪い返そうとしたが。後より
真壁勢がすぐに追い付いてきたため、このまま前後を敵に挟まれてはどうにも成らないと、城を捨て、
天庵は藤沢城へ、彦太郎守治は木田余城へ逃げ込み、後日の運に任せたという。

(関八州古戦録)

天庵様が鬼真壁に敗れるというお話。なんで直接小田城乗っ取りを企てた太田父子ではなく
真壁氏幹を目の敵にしたのかはよくわからない。


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    負けっぷりが良すぎるせいで却って戦力が温存されてる説
    三十六計逃げるに勝る上策なし

  2. 人間七七四年 | URL | -

    米1
    劉邦や劉備みたいやな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    兵は負けグセがついてたまったもんじゃないけどな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    天庵様「大事を為すには必ず人をもって本と為す。匹夫の勇を戒めよ。戦略的撤退じゃ」
    兵士達「さすがはおらが殿様。一生ついてゆくだ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >>十町ばかりの平場が有った
    素晴らしい程の負けっぷりですねw普通敵の地元なんだからそんな戦い潜み易い場所くらい警戒されるでしょ!

    幾ら何でも城門辺りまで見慣れない武士達、どう考えても数が合わない軍勢が居れば気付くだろうに?
    それとも逃げるのに必死で、それすら気付けないほど疲弊していたのかな?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    銀河英雄伝説でビッテンフェルト謹慎事件の時に「階級が上がるにつれ部下は上官の影響を受ける」みたいな事がナレーションされてたけど、
    この場合だと、小田家は敗戦をうけて城に逃げ帰るというのが常態化してきていて、
    逃げる時には被害を抑える為に一塊に逃げるみたいな小田流軍学が形成されていたのかもなぁ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    幾らなんでもさすがにアニメ準拠ってのはどうだろうか?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    なにいってだこいつ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    図星をつかれると人は怒るもんだ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12195-0c17156d
この記事へのトラックバック