FC2ブログ

一益退去

2019年10月20日 15:53

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 14:12:47.91 ID:WlBR2NHp
天正十年六月十九日、滝川一益は本能寺の変を受けての、北条氏との神流川の戦いに敗北する。

この日、晩景になると敵もそれほど追い打ちをかける姿勢は見せず、一益は敗卒を駆けあつめると、
国衆たちに、もう一度力を合わせ、生死の有無を決する戦いをすべきかどうかという伝令を出した。
しかし皆は「人馬ともに疲れ果て、日も既に暮れている」事で、「明日を待って一戦交えるべし」との
返答であった。一益もこの上は力及ばず、またこのような疲れ武者で目に余る大軍に向かっても
戦果を得ることは出来ないと判断し、国衆たちに触れを出し、速やかに陣払いをすると神流川を渡り、
ひとまず倉賀野淡路守秀景の城へ入ってしばらく休息し、それから厩橋城へと戻った。まさに負け戦であった。

翌日、一益は武蔵野で討死した味方の士卒の供養を城下の寺に頼み、金子百両を渡して回向した。
その後、上州衆を集めると、「この度の戦いで粉骨して働いた無二の志は、生きている限り忘れない。」と
感謝を伝え、それまで預かっていた人質を悉く返すことこそ真の弓矢の道であると、彼等に返した。
そして
「これよりすぐに上洛して、小田原の北条とは和睦をなし、この上の迷惑を、皆にはかけぬつもりである。」
と今後についても話し、繰り返して感謝を伝えた。

それから、今日が今生の別れとなるだろうからと酒宴を催した。二十夜の更待月(ふけまち)がくまなく
城内の庭を照らし、涼しい風もようやく立って、生き返ったような夜であった。
一益は鼓を取って「つわものの交わり頼ある中の…」り今様を謡うと、倉賀野淡路守が
「名残いまはと啼く鳥の…」と和した。
互いに抔を交わして別れを惜しんだが、夏の夜は短く、既に明け始めると、滝川一益父子は
「さらば」と厩橋を発った。
小幡、倉賀野をはじめ上州衆は、返された人質までもが道々に警護に立って彼等を見送った。

明けて二十一日、松井田城に着くと、津田小平次、稲田久藏の兵一千余騎に守られ碓氷峠を越え
信州小諸に付いた、そこで一日逗留し、諏訪街道より木曽路を経て、七月一日、伊勢国の領分、
唐櫃島に到着した。

およそ今度の滝川一益の命運ほど、変転の激しいものはなかった。人が予測できるような事では
無かったのに、一益がよくその中を切り抜け生き残ったのは、彼の処世の上手さも在ったのであろうが、
彼自身の誠意が神に通じたのであろうと、人々は噂した。

(関八州古戦録)

滝川一益の、関東よりの撤退について。一益についてはかなり好意的に描写されていますね。



278 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 15:42:28.18 ID:weGQo7Ul
鬼武蔵の撤退についてもあるのだろうか
既出とかぶるかな

279 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 16:33:40.12 ID:OKDUeII+
有能なのに、なぜかドラマ等では地味な一益さん
伊勢攻め自体が描写されないこと多いし
北勢48家とかなかなかおもしろいと思うんだが

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 18:39:46.47 ID:iGxZu7xH
終わり方がね…

281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:10:29.82 ID:d2rGB6b5
映画の清洲会議ではそこそこ目立ってた

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:47:39.33 ID:4NQZ+C9a
>>279
真田丸ではそこそこ出番が

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/21(月) 08:46:49.19 ID:5hhUmyRm
一応、一益の最高役職が関東管領だから!
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    落ちぶれていく過程で見せる人の良さがなぁ
    何をしても生き残る、とか地位にしがみつくという大名にあって当然の感情に乏しいんだよな
    潔いけどそれは葉武者の心意気で、配下を抱える大名のそれではないんだよな
    多分信長が健在でも関東の取りまとめは無理だったろうね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    織田家はいずれまた関東に進出してくるだろうし、ここで金子や人質程度にこだわっても仕方がない
    あとは相手がどういう人間か次第

  3. 人間七七四年 | URL | -

    一益の場合、信長死後の混乱と絶望だけでなくこれで心置きなく上方に戻れるという喜びもあったかも知れん

  4. 人間七七四年 | URL | -

    人質返した後裏切られて殺されたならともかく、相手を信頼して無事に帰れたんだから端武者呼ばわりは的外れでしょ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    発つ鳥跡を濁さずではないですけど、
    敗戦による影響を自分でなるべく収拾つけられる形にしたってだけでも、手腕が垣間見える話しなんですけどね。
    北条の反転攻勢を恐れた上州武士から背中から斬られてもおかしくない状況を切り抜けたってだけで勲章もの。
    ただ、豪運をそれで使いきったような事柄が後から続々と出てくるんで評価に影響されないという…。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    この状況こそ武蔵さんと比べれると、まさに転地の差が有ると思わないか?
    向こうは恨みに恨まれ、いつ命を狙われるかわからない
    挙句、途中の木曽家へ攻城紛いの押し入りで人質まで捕っての存命

    そもそも一益ほどの武将を端武者だとか取りまとめは無理だとか、それこそどこ見ての判断?
    たった三ヶ月でどう関東勢を押さえろと?むしろその三ヶ月でこれだけ従え信頼を得たことが
    彼の実力と人柄を物語ってると思うのだけど?
    関東武士にしてみたら、幾ら人質居たって戦に入る前に裏切った方が早かったんだぜ?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    信濃と上野じゃ情勢が全く違うんで鬼武蔵を引き合いにだすのはやめてくれ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    鬼武蔵と比べるなら河尻親子かな
    甲斐信濃は武田の本国でシビアさが段違い

    とはいえ事後処理の違いにキャラの違いが色濃く出てる部分はあると思う

  9. 人間七七四年 | URL | -

    とは言え一益を裏切らなかったメンバーの中にはチャッカリ真田昌幸も含まれているワケで。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    一益は隠居許されず関東に派遣されたことでガックリしていただろうからなぁ…

  11. 人間七七四年 | URL | -

    米10 もし一益が隠居したらおそらく家康が後釜に関東に入るだろうな
    信長生前から織田一門扱いで関東惣無事だから人選としては申し分ないだろうな

    北条ごっそり削るか潰すかになるが

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    基本中山道沿いは信忠与力でガッチリ固めてるから個人的には池田恒興抜擢の方が現実味あるわ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    中世的な社会支配が残る地で、人脈的血統的なバックボーンがまったくない滝川一益が、
    関東の支配を命じられたときは、これはマズい仕事を振られてしまったと思っただろうな。
    ましてや光秀以上の年嵩でボチボチ体の具合も悪くなってくる年頃。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    根拠も出さずに「状況が違う鬼武蔵と比べるな」とか言って逃げる方がよほどやめてくれって感じだな
    特に葉武者なんて言葉を安易に使う人には

    後からな誰だってどうとでも神の目線で言えるよな?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    マジに信濃と上野で状況が同じと思ってるんならここ来るのやめた方がいい

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    それは流石に論点のすり替えだと思う
    少なくても状況が~でなく※1が一益を端武者なんて貶めてる点でしょ
    信濃は土地柄の理由もあったし長可の行動もあったのだし
    個人的意見だけど、武蔵さん以上の諸々の行動力を他の武将
    が発揮するのは、多分そうそうないと思うの

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    「じゃあ上野に森、川中島に滝川がいたならどうだったろう?」
    と考えることはさして無駄ではないよ。
    それを想像するよすがこそ逸話の面白みだと思うぜ。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    そのIFで鬼武蔵が甲斐だったらて思うとかなり凄惨な事になりそうだな。
    河尻さんが落命したのは、武田旧臣に対する厳しい弾圧で怨み買っていたからだけど、鬼武蔵が甲斐だとそれもっと激しい事になりそうで、当然それに対する反発も凄いかと。家康も史実以上に激しい騒乱の事だと甲斐に入り難いかも。
    逆に徹底的過ぎて静かかも。
    そうなると鬼武蔵は甲斐確保成功となるから、家康は甲斐は穴山領以外は手に入らないだろうし、天正壬午の戦いも北条VS上杉VS徳川・森連合になっていたかもしれませんね。
    信濃の国衆も史実以上に大変そうな気が。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    鬼武蔵は意外と損切り上手いから、家康から撤退を提案されたら河尻と違って乗ってくる可能性もある
    そうすると甲斐の動向は史実と近くなるものの、家康に借りのある長可は小牧の陣で…とか。
    いや、借りとか気にする玉じゃないか。

  20. ※18 | URL | -

    ※19
    それだと小牧長久手の前に天正壬午の戦いどうなるのかなと。
    史実では家康は織田からの援軍得られそう(清須会議で決められた様)だったけど、織田家中が揉めて出せる状況で無くなって単独で北条上杉とやりあわなくてはならない羽目になったからねえ。
    (それで信濃の国人に出来ない条件出して調略しなければならなかったかと。)
    鬼武蔵さんは美濃で大暴れして領地拡大の真っ最中だったし。
    そのIFだと美濃で大暴れは変わらないだろうけど、家康としては織田からの援軍欲しい訳だし、鬼武蔵さんに好条件付けて来て貰う様お願いするしかないかと。
    鬼武蔵さん援軍に来たら信濃の国人衆は大変そうだなw

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※20
    鬼武蔵が切り取った土地を易々と譲るわけないから
    結果として美濃から信濃にかけて恐怖の一大勢力が爆誕するな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12204-81abea2a
この記事へのトラックバック