FC2ブログ

翌年の四月十二日になって思い当たった

2019年10月27日 16:53

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/27(日) 14:07:37.07 ID:lugWOShB
元亀三年の正月二十一日に、武田信玄公は法華宗身延山へ御使を遣わされた。その子細は、
去年織田信長が叡山を焼いた事により、身延を新たな叡山になさろうと考えられ、身延山を
御所望になられた。そしてその代わりとりて長野に寺を建て、今の身延より大きく御普請仰せ付けられ、
それを相渡すとの仰せであった。

身延山の各出家は御返事に、「日蓮聖人の御影の前で鬮を取った上で結論を申し上げる。」と、
鬮を三度、五度、七度まで取ったものの、合点の鬮を得ることはなかった。
その上山が変わらない祈念として、壱萬部の法華経を読んだ。また不思議なことに日蓮聖人の
御告げが多く有ったと沙汰された。

しかしそのような事を信玄公は知らず。是非身延を東の叡山にするべきであると内心定められていた。
「出家に悪く当たらぬ物」と言うが、これは翌年の四月十二日になって思い当たったものである。
武田信玄は元亀四年四月十二日に病没した)

(甲陽軍鑑)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これは仏罰

  2. 人間七七四年 | URL | -

    いい結果が出るまでおみくじをひき続けたあげく
    凶しか出ない

  3. 人間七七四年 | URL | -

    タモさんの番組で見ただけの疑問だけど、あれだけ多種多様な考えに基いて修行
    出来たお寺が、なんでわざわざ浅井浅倉勢を立て篭もらせたりしたんだろう?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    色々原因はあるけど、比叡山に限らず運営部門と研究部門がいがみ合ってることが多い
    有名な僧兵っていうのは運営部門所属の実力部隊ね
    運営部門は荘園の経営にも携わってるから自衛力を必要としていた
    やたら政治的な動きをするのもそういった運営部門が既得権を守るためにやってたりする
    研究部門の思想がどれだけ高邁でも研究費も稼がなあかんし結局持ちつ持たれつ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4殿
    なるほど、ある意味二頭体制だったのですな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12212-c6077a2a
この記事へのトラックバック