FC2ブログ

そして信長公と御当家の間は手切れと成った

2019年11月24日 17:27

381 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/24(日) 11:57:49.42 ID:QkJb/iy2
織田信長公が大坂(本願寺)を取り囲んでいた時、大坂は御当家(毛利)に対し
『是非とも頼み申す。兵糧が続くことが第一なのです。何分にも頼み奉ります。』
と頻りに要請があり、このため二度にわたって兵糧を大阪に入れ、そしてこのために
信長公と御当家の間は手切れと成った。

信長公は伊勢の九鬼大隅(嘉隆)に命じて、河口に大船二艘を据え置き、城のように
配備した。そこに毛利家は芸州の警護船を差し上らせた。そしてかの二艘の大船を共に切り崩し、
兵糧を入れた。しかしながら織田方は信長公の命により大阪周辺に数多の付城を作らせ、
特に茶臼山に塙九郎左衛門(原田直政)を置いて諸口を手堅く保たせており、この包囲を
破ることは出来ず、大坂方は逼塞した。これについて御当家も木津に一城を造らせここに
粟屋内蔵丞を置いた。児玉内蔵大輔は御家中の警護船の運用をよく知っており、度々大阪表に
詰めていた。兵庫花隈城もこちらに従う事になり、杉次郎左衛門を置いた。

そのような中、城介殿(織田信忠)がこの方面に出陣してきたため、乃美宗勝が淡路より
加勢として入った。同じく桂民部大輔も罷り越した。

城介殿は人数三百程にて未明に城近くまで寄り掛かり、これを攻略しようと考えていた。
城中の者達は攻撃を覚悟していたのだが、どうしたわけか、晩の七時(午後四時頃)に
撤退した。これに城中の者達は尽く寛いだ。

(老翁物語)

大坂本願寺攻め、特に第二次木津川口の戦いに対する毛利の認識。毛利としては、有名な信長の「大船」
は毛利の船団が切り崩し兵糧の搬入に成功した。ただし原田直政を中心とした陸上での包囲が固かった
ため攻勢に出ることが出来なかった。そのように受け取っていた模様。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なぜ大名は頼まれると断れないのか…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    いくら水上で強くても、地上戦で勝てなければ何にもならないと。
    人間が陸に住まう生き物なれば、最終的には陸で強い方が有利か・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    頼みごとを断る=手切れ
    そして安芸は一向宗が非常に強い地域だから手切れ=一向一揆の危険性が非常に高い。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    あくまでも個人的イメージですが、ドラえもんとのび太君の関係に見えてしまった。

    織田家「おい、本願寺。一発殴らせろ!」
    本願寺「毛利家さん、なんとかしてよ~」
    毛利家「しょうがないなぁ、本願寺君は~」

    実際は織田家もかなりの被害と迷惑を被っていたけど。結果的には織田家の勝利なので
    粘り勝ちと言うところでしょうか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    本願寺亡んだあとじゃ、織田に対する外交上の選択肢がますますなくなるし…
    抵抗するか完全に屈服するか、わりとギリギリのタイミングに決断の材料が提示されただけやで

  6. 人間七七四年 | URL | -

    いやいや原田直政は既に討死してるでしょw
    例によって自家の敗戦を書きたくなかっただけかと

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >このため二度にわたって兵糧を大阪に入れ、

    これ、第一次と第二次の木津川口のことだよね

    記述が混乱しているのは時系列で書いているんじゃなくて
    第一次の前後の出来事と第二次の出来事をごっちゃに書いているせいじゃない?
    (戦国時代の時間感覚(常に脳内アドレナリンどっぱー)だと割とありえそう)

    第一次木津川口の前に死んでいる塙(原田)について「固く守っていたので」ってのはそのせいでは。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    海軍陸軍以前に近世以前の兵站力では敵前上陸なんて自殺行為なのでは
    成功しても孤塁が一つできるだけで橋頭堡にならない

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    アドレナリンの効能わかっとるか?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    小田木工丞(老翁物語筆者)「んほぉ〜アドレナリンキタキタ〜イグゥ〜!」(以下略)


    って冗談はさておき、色々(※7氏のアドレナリンの知識と、本スレ投稿者か原文における老翁物語の当時の描写と言うか時系列の解釈やら)とゴッチャになってる気がする。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    大名言うても、実態は緩い諸侯同盟の盟主やからね。
    国衆からすれば、自分たちも同盟相手の大名も同盟という枠で考えれば基本同格だから
    同盟相手からの要請を断る(見捨てる)=傘下の国衆も見捨てかねない
    って考えるから簡単に断れない。

    家臣か同盟者かの認識ギャップが他者と激しかったのが信長で、それが浅井氏の離反や郡内小山田氏の処断に現れてると言われてるね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12246-ec55ba42
この記事へのトラックバック