FC2ブログ

福島堤

2019年11月27日 16:10

615 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/26(火) 19:13:27.56 ID:njxBcZBd
福島正則が安芸に入部したころのこと。
防芸の国境を流れる木野川(小瀬川)はたびたび氾濫を起こす川で、正則の統治時代に流域の数カ所で大規模な河川改修が行われた。
大掛かりな工事だったが作業自体は恙無く成功裏に終わり、落成した堤防を検分に訪れる。 誰もがお褒めの言葉もあろうかと思っただろうが、到着した正則は現地を一目するや血相を変えて棟梁を呼びつけた。
「これはいかなることか。不届き千万、切腹を申し渡す!」
正則が怒ったのも無理はなく、湾曲した川の流れの中、新造された堤防は大きく川幅半ばほどにまで張り出していた。
先述の通り木野川は防芸の国境を流れる川、すなわち福島領と毛利領の中間点。
まして芸州はもとより毛利の本貫の地、関ヶ原の結果とはいえ正則が入部していることに含みがあろうことは明らかだった。正則は自家に明らかに非がある形で公事に発展することを恐れたのだ。
結果、みごと堤防は落成したにもかかわらず棟梁は切腹。その甲斐あってか、はたまた正則もまた程なく川中島へ減封となったためか、木野川の堤防は問題とされることなく残った。
この堤防群は福島堤と呼ばれ、今も当時の威容を残しているという。



616 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/26(火) 20:02:43.66 ID:tMteSYMN
棟梁は結果的に死に損だったな

617 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/11/26(火) 20:52:16.90 ID:qbnfwHsR
広島県大竹市と山口県美和町から岩国市に掛けての辺か…あの辺りは市松自身の差配で対毛利用に堅牢な出城の亀居城も作ったけど、
一国一城令が出る前に築城から僅か3年で廃城にしてたり、徳川家相手に相当気を遣ったのかねぇ?
しかしあの辺りは元々の川の流れのせいかこの工事のせいかは知らんが、車で走ると道がくねってる上に狭めで難儀な場所だわ。

618 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/26(火) 20:52:26.68 ID:RiijQ3KX
正則のクセに公儀に気を使ってんじゃねーよ

619 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/26(火) 21:49:50.99 ID:3ZFS8SM2
高田榊原藩「もっと川が渡りやすくなるように、改修しといてくれれば良かったのに…」

620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/27(水) 04:29:24.61 ID:KeSnhB3n
>>618
かなり気を使っているぞ、市松。

駿府派の本多正純とのつながりが強かったせいで、
江戸派の土井利勝、酒井忠勝らとの対立に巻き込まれる形になって、
結果改易食らったいうのが今の定説だし。

621 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/27(水) 11:53:05.20 ID:man8xGao
授業の教育テレビで見せられたせいで、福島正則は改易の時に大権現様が生きていればって暗い城内で泣いてるイメージ
その前のシーンで当の家康が生前から潰す気満々で悪巧みしてて、どっちにしろ潰されるんですけどねって解説が入る

622 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/11/27(水) 12:55:52.94 ID:OpahBc85
メチャクチャな治世といえば、市松よりもよほど虎之助のほうが…。
熊本ではいまだに「せいしょこ」「せいしょこ」と慕われているけどさ…
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    堤防で川幅が半分になるってほっそいな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    ttps://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/shouiinkai/kihonhoushin/071126/pdf/ref1-2.pdf

    こちらの資料でどの辺りが福島時代に堤防が作られた箇所かは分からなかったけど、延長55kmと結構長いのよね、この県境の川は。
    河口付近はかなり河幅あるけど、下流域は確かにそうでもないし、上流中流は山間の渓流みたいな感じだしね…
    リンク先では、安芸が毛利家の手を離れてから1800年くらいまで山口の和木と広島の大竹で度々水利争いの訴訟があった(21回とか)みたいだし、なかなか調べてみたら興味深い川ではあるよ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    正則は内政家としてみればかなり優秀なので

  4. 人間七七四年 | URL | -

    酒が無ければ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉時代に尾張半国貰って、しかも豊臣姓も許されてるくらいだからかなり有能な人物

  6. 人間七七四年 | URL | -

    武辺一本で成り上がったイメージだけど政治や知謀、采配もしっかりできる人なんだよな
    まあ酒乱で暴れん坊なのも間違いないんだけど

  7. 人間七七四年 | URL | -

    そこまでの懸案事項だったら事前にしっかりと言い渡しておくべき

  8. 人間七七四年 | URL | -

    米6 最近だと一松や清正は文官からのし上がったという説がある

    まああの時代に明確な分け方がないからどうとは言えないけど

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    どっちかと言うと側近として出頭したってのが正確でしょうか
    本多忠勝、榊原康政、井伊直政もそんな感じだけど

  10. 人間七七四年 | URL | -

    もっとも文官だからとか武官だからという時代でもないしな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    奉行は戦国時代では、文官扱いと言うか老臣とかそれに近い年齢の人間なども命ぜられたんだっけ?
    ソースは忘れたが三河の三奉行の解説でそんなの見た気がする。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    呂布だって丁原の主簿(会計係)だったし

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    三成「つまり儂が出ると『じ、治部だー!』とビビられる世界線も微レ存」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    治部来来って言われたらなんか嫌味な上司が同僚が来る感じがしてアレな気分になったわ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    曹操「三成のことを言うと三成がくるぞ」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12251-5315b0e2
この記事へのトラックバック