FC2ブログ

真田信之とその子・悪い話

2009年02月06日 00:11

525 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/05(木) 19:04:30 ID:wXS9RKuq
真田内記信政は真田信之の次男であり、兄の信吉、甥熊之助の早世によって信之の世継ぎとなった。
しかし父信之は90歳まで隠居を許されず、それによって信政の家督相続も叶わなかった。
家督相続が叶った時には信政は既に60歳。人生50年と言われていた時代、
年老いた信政に残された時間は僅かしかなく、家督相続の2年後に死んでしまう。
信政は幕府宛に末子幸通に家督相続させるという遺言を残していたが、これは父信之に一切の相談もなく書かれたものであり、
長らく家督を譲ってもらえなかった無念さからか、信之には何の遺言もなかった。
信之はこれを知ると「幕府への遺言はあっても、俺には何もなしか。何たる親不孝者か」と強く不満だったようである。

ストレスがなかったら信之は徳本先生を超えれたとか言うのもいいけど
少しは信政の辛さもわかってやってくれ…




526 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/05(木) 19:13:26 ID:LtYmrJem
わかってるさ。悪いのはこの人の甥ってことくらい

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/05(木) 19:47:45 ID:Equ4ipaM
>>525
信之が簡単に隠居できる立場だったらねえ

539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/05(木) 21:44:13 ID:c/lSU5rK
>>525
しかし信政のその意地が原因でお家騒動に発展してしまうのがいただけない
信幸兄ちゃんが必死で守り通した家をその実の息子が傾けるなよ、と
結局90越えの老人に後始末させるし。苦労人に隠居生活を堪能させてあげようよ・・・

543 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/05(木) 23:32:58 ID:vKdqlRKK
>>539
その後もふがいない子孫のおかげで真田氏の藩主家は血統断絶
松平家、伊達家から養子が…

545 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/05(木) 23:37:35 ID:FDpoixQV
>>543
信之がもうちょっと長生きしていれば…
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    余談だが、宇和島藩から養子に来た幸民は、信繁の子女を保護した、片倉重長の女系子孫。これも皮肉な話だね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    いつの時代も親の心子知らずなのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1228-777f51dd
この記事へのトラックバック