FC2ブログ

滋賀京都辺りの妖怪 ガオーさん

2020年01月14日 17:17

511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/13(月) 17:51:10.32 ID:2v3QEvLh
滋賀京都辺りの妖怪でガオーさんってのがいて
それは戦国時代六角氏の領民が蒲生氏郷を恐れて蒲生が来るぞがなまったとされる
みたいなニュースは見たことはあるなぁ、どの程度信ぴょう性があるかはしらないけれど

ガオーなんて怖い生き物の鳴き声からの着想で十分ありそうだし



512 名前:人間七七四年[] 投稿日:2020/01/13(月) 18:32:37.48 ID:2jgCXgsI
>>511
我王かな?と思って火の鳥を思い出したのは俺だけで良い

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/13(月) 18:39:43.01 ID:FG5Q7KtQ
能登には逆に、上杉謙信の襲来の時、鬼や幽霊の格好で太鼓を成り響かせて上杉軍を
恐怖させ撤退させたという、「御陣乗太鼓」の伝承があったりするね。

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/13(月) 18:47:47.72 ID:Ox4dFlNG
謙信「わっ、お化け!怖いから越後に帰ろう…」

かわいいじゃん。

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/14(火) 00:11:12.70 ID:bKDKxVUo
>>511
滋賀の街にガオー
夜の京都にガオー
すみません言ってみたかったんです…

519 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/14(火) 14:25:33.63 ID:aQvqBDrV
>>511
京都の町人は氏郷をおちょくった
『大石を道の蒲生に引き捨て
  飛騨の匠も成らぬものかな』
の落首で氏郷をぶちギレさせて
方広寺まで一直線で巨石を運ばれてるからな…

ぶちギレたガモーさんに町を破壊される恐怖を実際に体験してる事を考えると
コクリムクリのようにガオーさんの元ネタと言われても違和感ないわ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    京都の町人は氏郷をおちょくった
    『大石を道の蒲生に引き捨て
      飛騨の匠も成らぬものかな』
    の落首で氏郷をぶちギレさせて
    方広寺まで一直線で巨石を運ばれてるからな…

    ぶちギレたガモーさんに町を破壊される恐怖を実際に体験してる




    男塾かな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ちょいと調べたら東近江市のゆるキャラみたいね>ガオ(伸ばし棒要らない)
    本来は由来不明だそうな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    六角と氏郷なんて信憑性が無い方に確定できるやないか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ガオー来訪者

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ナイトスクープで見た

  6. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵「がおー」
    鬼美濃「がおー」
    鬼義重「がおー」
    鬼島津「がおー」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    あなたがたはオーガさんです

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※515が何かと思えば鉄人28号のOPか
    ビュビュビュビュビュンと矢弾飛ぶ
    ズババババンと首が飛ぶ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ある時は民衆の味方
    ある時は撫で斬り上等

  10. 人間七七四年 | URL | -

    お化けを示す幼稚語にはガ形とモ形があって後者は東国中心にモモンガ、モモンジーなんかがある。
    前者は西国中心にグワゴゼ、ガーモ、ゴンゴンジーなどがある。柳田国男は幽霊の鳴き声だとしたが、今は日本狼の鳴き声に由来するとされている。
    要するにガーモと言う言葉が先にあって由来が解らなくなったころにガーモとは蒲生のことだとなったんじゃないかな?
     

  11. 人間七七四年 | URL | -

    賢秀じゃないのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12310-bf7186a8
この記事へのトラックバック