FC2ブログ

虎口に死を免れた心地にて

2020年02月02日 16:04

776 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 04:00:17.37 ID:3/dAnLfC
永禄五年正月、北条氏康武田信玄へ使者を以て依頼をした。

『武州松山の城は以前より氏康持分の所であるが、それを去年、太田三楽(資正)が越後の柿崎と合わさって、
量らずもこれを乗っ取られてしまった。松山は東国の固めであるため、それ以降奥筋近国の手使が心のままに
叶わなくなった。であるので、この氏康は近日人数を出してかの城を取り返しいたいと考えている。
そういう事なので、三楽は必ず越後に後詰めを頼り、上杉謙信を引き出す事疑いない。今回は必ずかの城を
奪回するつもりなので、信玄公には氏康の警護をしていただきたい。松山城を取り返し、武州を押さえ
治めることが出来れば、以前の如く節々の御不祥の義を申し入れるような事は無くなるであろう。』

武田信玄はこれを了承し、甲州並びに信州に陣触れされ、二月下旬に信玄、嫡子義信一万八千余騎にて
武州に発向された。北条は氏康、嫡子氏政、その弟源蔵(氏照)の二万八千余騎、両家合わせてその勢
四万六千余騎が松山城を取り囲み、昼夜をいとわず攻めた。武田勢の内、甘利左衛門の与力・米倉丹後が、
竹束と言うものを用意して城に寄せた。諸手攻め近づいたため、城内からの火砲による抵抗もさほど威力を
発揮せず、籠城の兵士たちも気力を失った。城代の上杉友貞(上杉憲勝)も軍卒も、粉骨を尽くし難く、
武田北条は五万に及ぶ大軍で間断なく攻めたため、防戦の術も尽きて二月十日、上杉憲勝は降伏し、
城を明け渡した。

太田三楽はこれ以前に、越後に使いを出して、上杉謙信が出陣する旨の返答を得ていた。これによって
後三日も城が持ちこたえれば難なく寄せ手を追い払うこと疑いなしと思っていた所に、存外の急な落城であり、
臍を噛んで前橋まで出向き、謙信の到着を待った。

北条氏康武田信玄は、謙信が出陣してくることを上杉憲勝が白状したため、これを聞いて両軍山を
後ろにし、利根川を前に立てて鳥雲の陣を成した。

謙信はそれから二日して、八千騎にて前橋に到着し、太田三楽に対面すると激怒した
「これほどの不覚人に要害を預け、この謙信を引き出し手間を取らせ恥をかかせたこと、甚だ奇怪である!
こんな事ならば三楽を討ち果たす!」
と、刀に手をかけ、その場で三楽を手打ちにしようとする様子であった。これに三楽は騒がず、静かに
申し上げた

「仰せ、誠に尤もであります。しかしながら上杉(憲政)殿御浪人以来、それがし程の小身にて氏康の
大身の持分に挟まれ、今まで滅びること無く居られたのは、全く他でもなく、偏に謙信公の弓箭のお陰です。
ですので今回に限らず、何時であっても氏康信玄の大軍に仕掛けられてしまっては、それがしの二千三千の
兵では、たとえ呉氏孫氏の術を得ていたとしても手に及ばぬ事であり、何度でもお助けを待ち奉るしか方法は
ありません。
である以上、この三楽がたとえ禽獣であったとしても、どうして川の流れを酌んで、その水源を枯らすような
事をするでしょうか?

上杉憲勝は多年私の手について、武蔵上野所々の働きを任せてきましたが、終に不覚を取ったことは
ありませんでした。また三楽の重恩を以て全う仕る者でありました。ですのでこのような事が有り得るとは
考えなかったのです。それはそれがしの愚昧の成す所なのでしょう。是非に及びません。

籠城にあたって弓箭、鉄砲、弾薬、兵粮等は、ともかくも半年は不足の無いよう覚悟を仕っていました。
また今回のあまりの事態に、人質に取っていた、上杉憲勝の弟と実子をここに召し連れてきています。
これらをどうぞご覧になってください。」
そう言って兵粮弾薬の注文表と、上杉憲勝の子弟を御目にかけた。

謙信は立ち上がると、二人の童子の長い髪を左手に握り、中に提げると、右手にて即座に刀を抜き両人を
一打ちに四つに斬って投げ捨て、気を直し酒を出させ、一つ召すと、これを三楽に指し与えた。
三楽は『少しでも躊躇しては良くない』と思い、差し寄って一つ傾け、その上で側より引き取り、虎口に
死を免れた心地にて息をついだという。

松隣夜話

続き
永禄五年二月十三日、山根城(騎西城)合戦


777 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 12:07:25.19 ID:aJsksDuw
野蛮にも程がある

778 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 12:18:51.87 ID:JORXOmS3
>>776
>二人の童子の長い髪を左手に握り、中に提げると、右手にて即座に刀を抜き両人を
>一打ちに四つに斬って投げ捨て、気を直し酒を出させ、
漫画のラスボスかよw

779 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 14:19:38.57 ID:v9fR+9K+
ヴィンランド・サガの初期にありそうな展開

780 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 17:10:21.74 ID:TaRyTcHC
岩明均の「雪の峠」にそのまま出てくる話だな

781 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 17:29:37.77 ID:aroExui4
歴史漫画に便乗して
センゴクのプーチン謙信なら普通にやりそう、だと思った

782 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 22:49:38.55 ID:bEQuBdMs
イスラム国の処刑人でも真似できないだろ?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    『寄生獣』の作者の岩明均先生が描いた、『雪の峠』っていう中編の歴史漫画にもこの逸話があったな。
    関ヶ原後の佐竹家中で老臣になった梶原政景が、同僚に上杉謙信との昔話を請われてしぶしぶした話だけど、聞いてた全員が訳が分からなくてドン引きしてた。
    話してた政景も、謙信の真意が分からないなりに教訓めいた話にしてたけど、政景自身が全然納得いってない感じがまた何とも…
    物語自体は出羽移封後の佐竹家中の動揺を、渋江内膳を主人公にして描いた話で、時代の移り変わりを感じさせる面白い作品だった。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    太田三楽「オレじゃない、アイツ(憲勝)がやった、シらない、スんだこと」

    上杉謙信「ヨシ!(人質ズバー)ヨシ!(酒ゴクー)ヨシ!(杯ワタシー)」

    太田三楽「ヨシ…(ドキドキ)」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「本当は恐ろしい上杉謙信」とか言うタグを用意しなきゃ・・・

  4. 人間七七四年 | URL | -

    もう当たり前に鉄砲使ってんのな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    鉄砲対策の新兵器として竹束が登場してるのも面白い

  6. 人間七七四年 | URL | -

    長尾藤景への仕打ちなんかもそうだけど、謙信ってかなり残忍な上に結構執念深いよね。
    というか導火線の発火温度が相手によってかなりブレる上に、本人はその辺の無軌道さにまったく自制がないという。
    なんか昔の信長の悪い部分のイメージがほぼ謙信に適合しそう。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    謀反の報告が誤報だったことが明らかになったのに
    「恥ずかしいから」という理由で攻撃強行した話酷すぎて大好き

  8. 人間七七四年 | URL | -

    子ども相手(弟は知らんが)に刀を持って南斗水鳥拳もかくやの斬撃で四等分するとか、このお方こそ刀八毘沙門天どころか第六天魔王な気がするんですが…

  9. 人間七七四年 | URL | -

    謙信って世間的には高潔とか人格者みたいなイメージ持たれてる気がするけどなんでなんだろ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    花の慶次と一緒で漫画のイメージ逆輸入とかあるんじゃないですかね?
    直江が大河になる時とか某雑誌でやたら持ち上げられてたし。
    後は戦に強い=見識が高い=人格も高潔


    みたいな?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    芸能人だって芸が際立っていれば不倫しようが犯罪犯そうが死んだ後は破天荒エピソードとして愛されている
    戦国武将として戦に強い のと子孫が家を残してくれたので先祖凄いエピになっていくんだろうね

  12. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ国を滅ぼした当事者は後世に汚名しか残らないし、ゲームなんかでの扱いも悪くなるもんなぁ…
    阿斗さんとかが中国本国でもそんな扱いだし良い例で

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※7殿
    横ですが無知な某にそのお話の仔細をお教え願えませぬか?

  14.   | URL | -

    ※7じゃないけど
    このブログの7829
    上杉謙信「後のことはそれから考えよう!」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    これです

    かくして輝虎は行きがけの駄賃であると
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-12186.html

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※14殿、15殿
    かたじけない
    加えてインフルを移されてろくに動けず挨拶が遅れたこと、逸話を教えていただいたこと、深く謝し奉る
    この時期に咳をしていると飛んでくる殺意が凄まじいので皆様もご注意くだされ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12335-8ad17cce
この記事へのトラックバック