fc2ブログ

我等が首を切られないように

2020年02月19日 17:52

668 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/19(水) 15:18:10.60 ID:FZ2wos7X
長(続連)、神保(長住ヵ)が相謀り、上杉謙信と取合を始めんとする時、長は安土へ行き、織田信長に謁して
このように申し上げた

「ご存知のように、上杉輝虎は強き将であり、我々両人が相約し、敵対の色を見せれば、無二無三に押し来て
我等が首を切られることは目前であります。彼は大身である事と言い、その強さといい、殊に弓矢の道に
とっては神変とも申すべき名将ですから、我等の僅かな小勢ではどう考えても叶いません。
そのようにして負けた場合、我等は今年生まれた児童まで、越後衆に殺されてしまい、根を絶ち葉を枯ら
されるでしょう。

ですのでその時は、信長公ご自身の出馬があるか、そうでなければ柴田(勝家)、羽柴(秀吉)等の
数将を差し越され、我等が首を切られないように防戦されるとの事であれば、我々は二の足を踏むこと無く、
一筋に謙信と取合を始めます。

しかしそう出来ないのであれば。我等は妻子を世に立てるために艱難を凌いでいるのですから、輝虎と
対陣することは出来ません。」

そう、面と向かって申し上げた。信長はこれに大いに納得し、即座に誓紙を書いて長に与えた。
これによって長続連も二心なく安土の味方となることを決めた。

松隣夜話

いわゆる手取川合戦に至る、信長による長続連への援軍派遣を決めた時のお話。



669 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/20(木) 00:31:36.05 ID:C9mdKgq2
>>668
連龍じゃないのね、これは。
信長出馬か勝家、秀吉出馬の下りは、いかにも結果を知ってますから感が強い。

670 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/20(木) 12:16:26.53 ID:Cr1Ny+sS
とは言うものの物語としては面白いです
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この後亡くなったんだよね…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    なお

  3. 人間七七四年 | URL | -

    首切ったのは上杉勢じゃないからセーフ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    死亡フラグを着々と積み重ねているとしか思えないセリフ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    大坂夏の陣で、後藤に押されて、伊達陣に逃げようとして、伊達から鉄砲で撃たれた逸話があるのって、この神保だったけ?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    それは神保相茂

  7. 人間七七四年 | URL | -

    南方妖怪?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    それはチ〇ポ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    隆景・宗茂「妻との夜の勤めが果たせません」
    景勝「…」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    それはイ○ポ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    神保さんは、簡単に言うと畠山の付属品。

    能登畠山の付属品が富山あたりの神保。
    氏張とかの。
    伊達に撃たれたのは、河内あたりの畠山の神保。
    遡れば同族なんだけど。
    安芸や若狭や上総や甲斐の武田が遡れば同族で、
    その辺の家臣に同じように山県氏がいるようなもの。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    神保さんは神田神保町の語源。
    富山城が落ちて没落し、流れて下総や江戸に来たとさ。
    越中の守護代を務めてたけど、江戸期は900石程度の旗本。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    神田神保町にあるカレーの名店マンダラ、その周辺が神保さんの屋敷跡。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    細かくて、長文でごめん。
    越中は河内畠山が守護。なので越中神保も河内畠山(政長系)の宿老の系統。紀伊神保もこっちの流れ。

    能登畠山の付属品の能登の神保もいる。これは一般にはドマイナー。

    神保氏張は越中神保の支流っぽいけど、よくわからない。能登畠山からの養子説もある。
    確か長連龍を一時保護していたり、能登はもちろん、長と関係が深かったはず。
    この話の神保は、もちろん作り話なんだけど、長住かもしれないし、氏張かもしれないね。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    畠山の付属品は遊佐ばっかり有名だから勉強になった

  16. 名無しさん | URL | -

    信長「このたびは能登の長にふさわしい働き大義。よってこの信長より一字を賜る」
    続連「ありがたきしあわせ」
    信長「以後、長長長(ちょうおさなが)と名乗るが良い」
    続連「…」

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    信長「倅も見事な働きであったぞ。無人の野原を行くが如き武勇であった」
    連龍「…」ドキドキ
    信長「今後は長原龍(ちょうはらたつ)と名乗るべし」
    原龍(超腹立つ)

  18. 名無しさん | URL | -

    ※17
    受け入れてんじゃねーかw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12364-81f14cbf
この記事へのトラックバック