FC2ブログ

稲富一夢が事

2020年03月22日 15:34

770 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/03/22(日) 09:49:41.35 ID:+xP3v1b/
稲富一夢が事

稲富一夢(祐直)、初めの名は伊賀である、丹波国の住人にて、一色五郎満信(義定)の家臣であったが、
義定が滅んだ後、細川忠興の侍と成った。
この度、大阪屋敷の留守として忠興が置かれた所に、主人の用に立たず、剰えその行方も知られなかったため、
忠興は深くこれを憎み、何としてもこの者を捜し出し火あぶりにせんと捜索された。

しかし、「稲富が大阪城中に罷り在って、主君の役に立たなかったのは是非無き次第であった。」とも聞こえ、
その故いかにとなれば、稲富伊賀は鉄砲の名人ゆえ、大阪衆の歴々に、弟子である人多かった。故に稲富が
滅びることを惜しみ、鉄砲稽古に事寄せて、予め城中に呼び入れた。この時は未だ敵味方の分色も無い時であったので、
鉄砲の稽古もすぐに済むことだと心得て、稲富が城中へ参ったのも仕方のない事では無いだろうか。

この稲富という者は、奇妙稀代なる鉄砲の上手であった。その妙を語っても、未だ見ぬ人で、「信じられない」と
思わぬ人は居なかった。
稲富が常に用いる鉄砲は、玉目一両より八匁までを限りとし、その町間も八町(約870メートル)以上を好まなかった。
八町以内であれば、火蓋を切って中らずという事無かった。
或いは暗夜に孤狼の声を聞き据えて、闇中に撃ち留める事も、ただ箱の中のものを拾うようなものであった。

稲富は二十五歳の時、橋立大明神に一七日断食して、目くら打という工夫をしたと聞こえる。
十能十藝、古より手練の者は多いが、離切りたる飛び道具を、稲富ほど精緻に扱う者は未だ聞いたことがない。

関ヶ原の戦いが鎮まった後、畏くも権現様(徳川家康)が御直に越中守(忠興)に御詫言あそばされ、頭剃らせて
一夢と号し、世上の師となされた。

丹州三家物語

稲富祐直についてのお話



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    侍としては色々言われる人だけど
    技術者、技術伝承者としてはめっちゃ優秀
    現代に生まれても普通に暮らせそう

  2. 人間七七四年 | URL | -

    デューク稲富「おれが、うさぎのように臆病だからだ…だが…臆病のせいでこうして生きている…」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    忠興「よい夢を見られたかのう」スチャ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    現代でもオリンピック選手とかが軍人やれなくてもしゃーないしね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >> 玉目一両より八匁までを限りとし
    玉の質量が一両から一両八匁までなのか、八匁から一両までなのか、どっちなんだろう。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    他の逸話も合わせると、戦場でバリバリ活躍する戦士というよりは銃を専門に扱う技術者、または射撃のコーチって感じよね。
    太平の世と言っても軍事的な備えを全くしないわけではないし、こういう人なら食いっぱぐれはないわな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12408-1d06fb2f
この記事へのトラックバック