FC2ブログ

古今箱伝授のこと

2020年03月23日 17:45

771 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/03/23(月) 12:25:52.59 ID:aD4lGeCD
古今箱伝授のこと

烏丸殿光広、中院殿通勝、三条西殿(実条)、この三人の人々は常々、細川幽斎に古今(古今和歌集の秘伝)の口伝を
深く望まれていたが、未だその相伝の無い内に不慮の大変(関ヶ原の戦い)が起こり、幽斎も田辺城に籠城と成った。

ここで幽斎は思った
「今度は討ち死にすること必定である。然らばかの三人の人々に、古今の相伝を空しくしてしまえば残り多い。」
そう考えて、籠城支度の最中の忙しさの折節に、古今の口伝を書きしたため、箱の中に封じ入れ、三人の人々に
使いを立ててこのように伝えた

『古今の我が家の口伝を年来望んでいましたが、惣劇に妨げられ延べ引き申し、俄に大軍を引き受けて、老後の
軍の至りとなりました。今回は討ち死にすること近くにあります。もし討ち死にしたと聞かれたら、この箱を開けて
この中の物を見て下さい。』
そう、一つの箱を送った。あのように忙しい境界に、神妙なる生得である。それ心狂眼盲耳聾の三悖を以て
人を牽くは難しと云々、誠に幽斎玄旨は文武の二つを兼備した良将の器と見えた。

さて、三人の人々は、箱を受け取って伝授を得ようとは思ったが、幽斎の身の上を痛ましく思い、またそのような中、
都の風聞には、幽斎が討ち死にしたと云うものも有り、未だ落城せざりしが一両日は持たまじとも有り、頻々に
言いければ、中院殿、三条西殿両人は、田辺城の結果を待ちかねて、かの箱の封を解いて、開いてこれを見た。
今の世に『古今伝授』と呼ばれるものが、これである。

烏丸殿光広はかの箱を開けず、幽斎玄旨の落着を聞いた上でと考えていた。そのような中、忝なくも幽斎の事を
御門も惜しみ思召して、両陣に勅使を下され、幽斎は囲みを出た。
烏丸光広は幽斎の無事を大いに喜び、かの口伝を入れた箱の蓋に

『明て見ぬ かひもありけり玉手箱 二たひかへすうら島の波』

と書いて幽斎方に戻されると、幽斎は斜め成らず感じ入り、その志に耐えかねて、光広卿の邸宅に行くと、
直ぐに相伝が有ったとか。このような故に、光広は筆外の口伝を得て、古今の秘伝に精しいのだと承る。

丹州三家物語



772 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/03/23(月) 17:07:00.15 ID:jZuMQSyS
そもそも貴族の事なのにその貴族が悉く忘れてしまったことを細川藤孝1人が知ってるなんてことあるのかね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    元々三条家の一子相伝だったのが、三条家に相伝できる跡継ぎがいない!そうだ藤孝に一旦伝授してその内三条家に返してもらおう!藤孝は優秀な弟子だし問題ないっしょ!って流れなんだから貴族の事とか関係ない

  2. 人間七七四年 | URL | -

    三条家とだけ書かれると転法輪三条家みたいだな
    三条家は三条家でも三条西家ね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    箱にロウ付け、和紙糊付けで印を付けていれば良かったんじゃないの?
    「戦が終わったから、箱を返して」と。

    節操のない貴族の嫌らしさを知って、試したのかな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    確か武家で古今伝授を受けた最初の人なんだっけ、幽斎様

  5. 人間七七四年 | URL | -

    古今伝授も流派が複数あるし民間でも解釈や研究は進んでいて幽斎が伝授されたのはその内の二条派の流れを組む三条西家の秘伝
    これは古今和歌集版トーラーみたいな神秘主義的儀式なので文学的価値よりも伝統文化を守ろう!という側面が強い

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    え、東常縁は?
    伝授をさずけた側だからノーカン?

  7. ※4 | URL | -

    すまぬ、何か勘違いしてた。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※5でも言われてるように幽斎の古今伝授は三条西流の物が主で
    その後に他流も研究してまとめた物らしい

  9. 人間七七四年 | URL | -

    荀彧「空か…」

  10. 人間七七四年 | URL | x0g92yAY

    古今伝授もその内容は例えば「“呼子鳥”とはツツドリやハトのことだが古今集では猿のことであり時に山彦ともされる」という、なんだかわかったようなわからないような内容だそうだけど、内容よりも「秘伝である」「それを伝授する」ことの方が重要だったのかなぁ、とも思うわけで。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12409-b130c809
この記事へのトラックバック