FC2ブログ

毛利の家 鷹の羽を継きははしら

2020年04月07日 17:11

954 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/07(火) 01:42:34.40 ID:GTsReKHF
毛利弘元には三人の男子が有った。
嫡子は毛利庄太郎興元と申す。二男を元就と申す。三男を弘成(元綱)と申す。
毛利太郎弘元の本領は、芸州高田郡吉田であり、かれこれ併せて三千貫の地であり、城は郡山であった。

弘元の死去後、家督は嫡子庄太郎(少輔太郎)興元が継いだ。次男元就には多治比七十五貫の地を分け与えて
猿掛に在城した。三男元綱は如左の地を分け与え。相合に在城した。

しかるに、興元は若くして死去し、興元の子を幸松丸と言ったが、これも八歳にて死去した。
これによって毛利家の家老諸士は相評議したが、元就に家督を継がしめんと云う者もあり、
また元綱を守り立てようという者もあり、未だ詮議まちまちであった所に、元就は兵を起こして
相合押し寄せ、元綱に腹を斬らせ、その一味の者共悉く生害し、その勢いに郡山へ入城して
毛利の家を相続した。時に大永三年八月十日であった。(相合元綱の没年については諸説あり)

元就はその夜の夢に。『毛利の家 鷹の羽を継きははしら』との発句を得て、
翌日万願寺ににて連歌を仰せ付けた。

毛利元就記

いわゆる「元綱事件」と、毛利元就の家督継承について。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    元綱が生きていた世界線はどうなっていたんだろう?
    尼子との関係が変わらず毛利は安芸の小大名で終わったのか、元綱は宇喜多忠家の様な感じになったのか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    毛利家って、男子が産まれない等で断絶の危機が宿命の家みたいな感じがするね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    どっかで尼子を見限る必要はあったろうし、その意味で周囲の状況に右往左往せざるをえない、
    よくいる国人領主の1つという部分に何ら違いはないから、あとは当人の能力と運次第だろうて。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12427-60fc38b9
この記事へのトラックバック