FC2ブログ

厳島社に元就より病気回復の願書を納めさせ

2020年04月10日 17:53

963 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/10(金) 00:58:54.03 ID:Z0cMNdBb
或いは曰く、毛利元就は陶晴賢が厳島に渡海することを聞いて、元就より、追手の物見を二人、
搦手の物見には志路源蔵を遣わした。この時、厳島社に元就より病気回復の願書を納めさせ、
源蔵は神主の姿で参拝した。故にこれを咎める者は無かった。

その願書を陶晴賢が見て、元就の病気を真と思い喜んだという。

この願書には弘治元年(天文二十四年)十月二十八日とあるという。(筆者注:厳島合戦は十月一日であり、
この日付は九月二十八日の間違いと思われる)

毛利元就記



965 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/10(金) 07:38:28.78 ID:oP8U78Ec
>>963
神社をも利用する元就…
スポンサーサイト





コメント

  1. 名無しさん | URL | -

    恐れながら後付でただの願書をそう解釈したのでは

  2. 人間七七四年 | URL | -

    “宮尾城(厳島にある)を敵に取られるとマズい”みたいな手紙で、厳島に陶軍を誘導したんじゃなかったけ?

    流言に一貫性持たせるなら、元就の病気ではなく、
    “宮尾城が陶軍に取られませんように”と
    祈願するのが、陶も信用するんじゃないの?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    厳島にいる間に邀撃されたら不利なことは陶も認識してたはずで、そこで当主が病気で機動的な迎撃ができないと思い込ませられれば奇襲の確度も効果も引き上げられる。一方で厳島神社の願文読むってことは当人が厳島にいるってことなんだから宮尾城云々は今更必要ないでしょ。一貫性とか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12433-dd50ebc9
この記事へのトラックバック