FC2ブログ

大内義隆、方角を忌説

2020年04月24日 17:26

4 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/24(金) 10:24:21.43 ID:T4UpEmkq
大内義隆、方角を忌説


 大内左京太夫義隆は並びもなき大名で、周防国山口に住んでいた。
武道を忘れて、華奢を好んでいた。
常に甚だしいほどのの物忌みを行っており、
家人に屋敷を与える時は、
水性の者は北、木性の者は東、
火性の者は南、金性の者は西と定めていた。
もし木性の者は金性の子を産んだ時は、西の方へ預けていた。

 今按ずるにこれは大内氏のみの話ではない。
今の世(正徳頃)にも、この類はある。
 ある者は家を建てて地を移すのときに、
東北の間は鬼門なり、今年はあっちは金神なり、土用には土は動かさないとしたり、
水神・荒神の祈り、疫病・疱瘡の呪い、矢違・愛敬守、男女の相性、葬送の友引、名鑑・判占い等と忌み、
夢見、カラスの鳴き声、鶏の宵鳴き、犬の長吠え、幽霊、化物、野狐、金花?(ねこまた)などを恐れる。
 尼姥はもとより理に暗い者なのでさもありなん。
武夫がこのようでは、見る目も浅ましく、聞く耳も情けない。
もし書を読み理をわきまえ、吉凶禍福を請い求め逃れ避けようとする思いもせず、
万事万物全て天に任せていたら、宇宙の間に何を疑う事があるだろうか。

(広益俗説弁)

矢違はなんなのかわからないけど、お守りの一種ですかね
武士が迷信にとらわれるなって話なのでしょうが、割と信心深いエピソードありますよね



5 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/25(土) 06:55:07.49 ID:e5r/qk9y
矢違は敵の矢が当たらないという御守りのことですよ

毛利元就が石見の山吹城を攻めたときにこの御守りで九死に一生を得たエピが地元に伝わってます

7 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/25(土) 20:53:04.74 ID:0aAtX73o
>>4
矢違のお守りについて
ttp://www.chofuku-ji.jp/temple
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    分からないのが、肖像画を見る限り、
    熊男のような龍造寺隆信は気に入って、
    それより温和そうな青髭の吉川春元は気に入らなかった事やね。

    義隆の嗜好が理解不能。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    毎日の吉凶を定めた二十八宿が、二十八で一周するパターンと二十七で一周するパターンとあって、結構いい加減なもんなんだなと思ったけど、昔にもそう思ってた人はいたんだろうな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    吉川春元

    誰やねん。分かってるけど一応突っ込んどくわ

    2人がどんな人だったか分からないけど、性格の快活さとか相性(*じゃなくて性格)があったのかも?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    *1
    長じて熊男になったわけで
    義隆が存命の二十歳のころは
    まだ、ツルツルだった可能性が微レ存。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    隆景さんは空気読んだり相手を立てる性分だけど、元春さんは秀吉への対応見ても固い所有るからなぁ…
    義隆さんのことも文弱の徒として嫌ってたのかも知れん。義隆さんもそんな元春を嫌うってか避けてたり?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    そんな元春と義兄弟にまでなった隆房は寵愛されてんだよなあ。似た者同士ってわけでもなかったのか。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    一方か両方かは兎も角、隆房さんは出世の為と割り切って付き合いをしてそう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12458-d4cdb7c3
この記事へのトラックバック