fc2ブログ

さて通貞は

2020年05月16日 18:17

181 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/15(金) 18:51:02.51 ID:RLxOE1g1
一、大野郡清水の城主  稲葉伊予守良通入道一鉄斎 始めは安八郡曽根の城主なり。
  安八郡大垣の城主  氏家常陸介友国入道卜全  元亀2年太田村にて討死。
  厚見郡鏡島の城主  安藤伊賀守守就入道道足  天正11年に討死。
  安八郡西の保の城主 不破河内守通定(光治)  天正9年に病死。

  右の四家を“西美濃四人衆”と号して、土岐氏代々相恩の旧臣である。もっとも各々天文・弘
  治・永禄・元亀・天正の頃の人々である。土岐頼芸より義興に属して龍興の代に至り、永禄
  7年(1564)の頃より織田信長に随身した。右の内、稲葉は子孫繁昌、氏家は内膳・志
  摩守が関ヶ原で終わる。不破は彦三郎より北国に果てる。安藤は関東にいるという。

一、さて通貞(不破光治)は土岐の旧臣にして、美濃の国四人衆の内より土岐頼芸・一色義龍・
  斎藤龍興に属し、永禄7年の秋より心変わりして織田信長に属した。

  この人は勇猛武功のことについてさしてその名は無い。しかしながら、その気質温和にして
  人愛深く、その姿に威厳の相あり。殊に弁舌奇麗にして談合仲裁の事に良くその理明白の人
  であった。しかしながら戦功においては、生涯の中で一立の優れた働きを知らない。時に天
  正9巳年(1581)8月に亡くなった。

  その子・彦三郎通家(直光)は柴田勝家の与力として北国征伐の烈将であった。よって越前
  国に居住し、後には加州に移った。天正11年(1583)の賤ヶ岳の合戦では前田家に組
  し、度々武功をあらわした。子孫はどこにいるのか、その名を知れず。

  今、濃州不破郡にも不破氏を名乗る小百姓など少々ありといえども、通貞の子孫とも見えず。
  いずれにせよ彦三郎の子孫は北国にいると見える。今、西の保村にも少しの堀の跡、ならび
  に小高き丘などのようなものが見える。これすなわち河内守居城の跡と見えたり。

  ――『美濃国諸旧記



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    四人衆説は初めて聞いた

  2. 人間七七四年 | URL | -

    不破さんの子孫は前田家に四千五百石位で家臣になっているだけどなあ。
    住んでいた所は彦三郎に因んで彦三(ひこそ)て地名となってます。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    どこかの5人で四天王みたいに、美濃三人集(4人)として語られるのか…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    出典は江戸時代初期にできた郷土史みたいだけど、
    これより前の時代は三人と四人どちらの括りが普通だったんだろうか?
    誰がいつ三人衆と言い出したのかは気になるところ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >2
    彦三は良い場所。近江町市場、ひがし茶屋街や主計町といった金沢の主要観光地に近い。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    並の藩なら筆頭家老クラスの知行だが加賀藩にはゴロゴロいるんだよなあ
    府中三人衆として同格だった時期もあるのに差がついたもんだ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    信長の野望でも創造で、かなりぶりの登場で逆に驚いた。
    決して無能ではないのだろうけど、北陸勢はやはり秀吉の引き立てがあった利家と、
    なかった家の者では差が出たのかな?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    wikiで加賀藩見ると幕府でも大身旗本扱いの家臣が数え切れないほど居てビビるわ
    肥後細川家は名家コレクションで有名だが前田家も凄まじいな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    百万石だけに、余所で家老級の知行取ってる一般家臣がごろごろ、と

  10. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    >米4

    信長公記では「美濃三人衆」

  11. ※2 | URL | -

    不破家は所謂加賀八家と称される人持組頭の次のランクの人持組に属する重臣なんですが、何分人持組が多いからね。
    彦三には彦三緑地というかつて遠田家の屋敷の後に6代藩主吉徳から拝領した躑躅も有る躑躅と牡丹が有名な庭園が有るのですが、(花の見頃時期はもう終わってます)その遠田家も千石強(多い時で千三百五十石位だったか)と普通の藩ならかなりの重臣ですが、加賀藩だとねえ。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    光治「ククク…奴は美濃四人衆の中でも一番の小物」
    一鉄「おい」
    卜全「おい」
    守就「おい」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12498-f32862ec
この記事へのトラックバック