fc2ブログ

濃州稲葉山由来之事

2020年05月29日 17:13

96 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/29(金) 03:19:43.35 ID:L0gBJ9YR
濃州稲葉山由来之事

そもそも当国稲葉山は不双の勝跡で、いわゆる和歌の名山なり。当山は3つの名があって“金華
山”“一石山”“破鏡山”とも申すなり。この場所を言う和歌はおよそ21首が万葉集に見える。

仁明帝の御宇に中納言行平卿(在原行平)は勅命によって、陸奥国より金華石を引かせられた。
この石が濃州に到着する。その頃またにわかに勅詔あって、行平を京に召し上げられた。行平
はかの石を捨てて上洛なさる。後にこの石を召して山の神と崇め“金太大明神”と号したという。
行平卿がこの時に歌を詠ぜられたことは、世に知られている。

そもそも当大明神は、人皇11代・垂仁天皇の第8の皇子・五十瓊磯城入彦命を祭る所である。
清和天皇の御宇、貞観元己卯年(859)2月、正一位因幡社と勅額を賜る。蓄奥の院峰権現
は陰神にして五十瓊磯城命の后という。

また峰の権現は垂仁天皇を崇めるともいう。いわゆる“岐山”と号す。麓の里を“岐阜”と号する
ことは往古よりの称号で、明応から永正(1492~1504)までの旧記に多く載せるとこ
ろである。後世に織田家が名付けたということは信ずるに足りない。

ただ一説に往古は加納を沓井・吉田と称して、岐阜を今泉・忠節・井の口・宗田と言ったのを、
織田家入城の時に及んで沓井・吉田を合わせて加納と言い、今泉から宗田までを岐阜と称した
のだという。

――『土岐累代記



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    岐阜への改名は信長が行ったのは間違いないけど、沢彦宗恩が言上したとか岐阜の意味とかは否定されているんだよね
    土岐累代記を信じるなら岐阜の選定は信長らしい復古思想もあったのかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >金太大明神
    金太またたいた 金太またたいた 金太またたーいたー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12521-bad0f976
この記事へのトラックバック