fc2ブログ

柴田勝家の刀狩り

2020年06月19日 18:06

290 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/06/19(金) 00:53:50.92 ID:A3E0IVhU
朝倉氏の亡んだ後、越前国では一揆が度々起こり、強敵が蟠り居りけるを、柴田勝家が数年かかって
攻め伏せ、漸く一国平均した。
そうして勝家は村里へこのように触れを出した

『よろず掟を正しくして撫育を致すにつき、自今以後、一揆を起こすべき覚悟が無いという事を
汝らが相断った事、尤も神妙の至である。この事は信長公にたしかに申し上げた。
であれば、汝らの持っている武具は、もはや所持していても益のない物なのだから、少しも残らず
上へ差し上げるべきである。その代わりとして、我等は農具を拵え、各々の望みに任せて、何程も
下し賜るべし。もし兵具の類を隠し置き、なんのかんのと違背するような輩は、心底に悪事を
挟んでいるのではないだろうか。』

そう言い渡した。郷民等に承り届くと、遅参に及べばどうなるかわからないと、弓銃は勿論、太刀、鞍、
鎧等まで己が村中を穿鑿し、我劣らじと持ち参った。
集まった兵具は幾千万とその数を知れず、山のごとくに積み上がった。勝家は鍛冶を召し寄せ、農具に
打ち換えて与えると、国中いよいよ静謐にして、一揆の沙汰は無くなった。

名将言行録

柴田勝家の刀狩りについての逸話ですね。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    刀狩の起源ってどこなんでしょう

  2. 人間七七四年 | URL | -

    とはいえ、農村の労働力=兵力だろうから、徴兵した時には武具を貸与することになるんかね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    元々よっぽど追い詰められない限り兵力としては動員しないみたいよ
    通常の労役は荷物運びとか土木作業で

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    古代の秦が天下統一をした時に旧六国の武器を集めて鋳溶かして銅像を12体造ったて話が有りますね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    武具は鉄器農具と交換
    武具を持ってたら死罪

    こんなルールで秀吉の刀狩りが行われたら、どんな感じだったんだろ。
    柴田の頃だと、まだ北陸の上杉がいたから、そんな命令なんて出せないけど。

    鉄器農具と交換なら、地域鍛冶屋も仕事がなくなる事は無いし、農民も一揆するより耕す方がマシだと判断するから歓迎じゃない?
    秀吉なら、そういう農具の大量生産とそれを運ぶ物流インフラまで一気に出来そう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12554-e42c213d
この記事へのトラックバック