FC2ブログ

乱以後その猿は居なく成った

2020年06月29日 17:17

155 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/06/29(月) 15:44:13.80 ID:tj/soCjd
元亀二年九月十二日、織田信長は叡山を退治した。
近年朝倉義景と内通し、特に去年、越前衆がかの山に陣を敷き、信長に敵対したために斯くの如くとなった。

この時の消息に依ると、衆徒、児童に至るまで、或いは首を刎ね、或いは焼き殺し。逃げ去る者から
衣類を剥ぎ取った。堂舎仏閣一宇も残らず焼き払い。哀れなりし事共であった。

これは偏に近年、叡山が大師の掟に背き、衆徒乱行、殊には去年越前衆が陣を張り、この時伽藍、仏前で
食事に魚鳥を用い、男女が登り乱れ放蕩したため、自業自得の果の道理ではないか。

これについて、山王の使者であるため、この乱の時までは山に猿が限りなく充満していたのだが、
乱の以後はその猿が全く居なく成った。奇特なことであると云われた。

信長はこの時、「後代にもし、当代の衆天下に知られていると云えども、叡山を建立しないと、各々に
起請文を捧げさせた。

当代記



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    当時は「叡山ザマァw」と「やり過ぎちゃうか…」のどっちの世論が強かったのかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    イメージ的に焼き討ちはザマァだけど再興しないのはちょっとどうなの感ありそう

  3. 人間七七四年 | URL | -

    宣教師や太田牛一は当然ながら比叡山側の自業自得という論調
    南都仏教の興福寺も比叡山はクソだからなって論調
    女官や貴族は日記にひどいことするなぁなんて書いてたりするが宮中からの正式なお気持ち表明は無し

    まぁ山門の堕落や間接的に織田に敵対したことは誰もが知るところだけど、それが襲撃の理由として正当性があるかどうかは人によって異なるだろうよ

  4.   | URL | -

    いなくなった比叡(ひえ、日吉)の猿は信長の武将にのりうつって
    信長の死後、領地を奪いましたとさ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    米4
    ??「わ、わしはハゲネズミであって猿じゃないし…」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    信長が叡山を焼き討ちした回数 1回
    叡山が園城寺を焼き討ちした回数 規模なものだけで10回小規模なものまで含めると50回

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    そのくせ、園城寺がよそのやつらに焼かれそうになると、激怒してしゃしゃり出てくるんだよ延暦寺が。
    自分達が焼くのは宗派の中の争いだけど、それ以外が焼くのは侵略行為になるんだろうな、延暦寺の理屈では。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    そりゃ寺社だって権益や勢力を維持しなきゃ弱体化するだけだし統治権力と対立するアジールの面と対立宗教との争いは全く矛盾していない

  9. 人間七七四年 | URL | -

    比叡山は都の鬼門を守る山だし延暦寺は勅許得て開かれた寺だし元々は朝廷からお墨付き貰った聖域だからなぁ
    だから堕落しようが権力と対立しようが焼くのはどうなのよという意見が出るわけで

  10. 人間七七四年 | URL | -

    朝倉方が比叡山を出撃拠点にしてる以上完全にアジールとしての役割を放棄してんだよなあ
    誰でもウェルカム、ただし俗世間との縁は切ってもらいますっていうのが建前なんだから

  11. 人間七七四年 | URL | -

    木曾義仲「俺は焼いてない」

    足利義教「勝手に焼けた、俺は焼いてない」

    細川政元「焼いた」

    織田信長「麓焼いただけ」



    義仲・義教・信長「…」

    政元「…」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    流石魔法半将軍!そこにシビれるが憧れないッ!

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ムゴイ!比叡山は実際横暴であった、だが考えて頂きたい。ここまでされる謂れは無い!(以上忍殺風)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12567-877852e3
この記事へのトラックバック