fc2ブログ

わいの先祖。

2020年08月13日 18:08

253 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 20:09:10.92 ID:z6EQmOdD
わいの先祖。
近江の土豪で蒲生氏郷に使え会津まで付いてくも、当主の早死にが続き減封でリストラ。
運良く近江の名家京極家にデューダするが関ヶ原で大津城籠城に参加し、落城落ち延びる。
またまた運良く親戚が有力大名に使えててその縁で再就職。その親戚が大阪の陣で大活躍して永代家老職になり、先祖安泰。
しかし有力大名が粗相して切腹。わいの先祖は討ち入りに参加。
おとんは長男には秘密にして次男は養子にだして御家存続を図るも、いざ集合場にいったら家族三人勢揃い。お家はなくなっちゃいました。



254 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 21:04:07.35 ID:mb3/KsK0
デューダするって21世紀になって初めて見た気がするw

255 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 21:05:14.67 ID:v7GOyqug
奉行に届けてるだけ理知的だなって思ってしまった

256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 21:17:50.26 ID:tsLUhoru
>>253
間喜兵衛か

292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/24(月) 05:14:25.16 ID:VJwm7SWo
>>256
マイナーなのによく分かるな。すごい。

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/24(月) 17:21:29.52 ID:Wzvp7A45
>>292
47人のうち一家三人参加で考えると間家しか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    家族三人勢揃って討ち入って、泉岳寺。お家がなくなっちゃって、子孫はどうやってつながったんだろう

  2. 人間七七四年 | URL | -

    絶えた家系だから後から自称後裔が出てくるんだろ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    頼朝公御幼少のみぎりのしゃれこうべ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    娘の方の御子孫じゃないか?
    娘さんいたか知らんけど可能性は充分ありそう。こんな話なら代々伝えそうだし元禄なら伝わってるだろう。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    苗字が一致しているだけのスケーター織○氏と同じパターンかな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そういや、声優の羽佐間道夫さんも赤穂義士の子孫だとか、ずうっと前にズームイン朝で先祖伝来の槍もって泉岳寺でインタビュー受けてたわ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    元家臣や領民が主家の姓を名乗るケースもあるし全く無関係ではないかも知れない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    お家は絶えても家系は続くもんよ。
    遺児があったとしても家禄失って武家として滅んだ状況ではお家再興とはならんし。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    末の男児は未だ幼少であったが為……とかありそうだな。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    こちらで語られた赤穂義士の話で、該当したのは間喜兵衛親子だった。本スレさすがだな!
    で、喜兵衛光延の息子は十次郎光興と新六郎光風の二人で、二人とも独身で子もなく、妾や隠し子の話もない。
    これで終わったらどうなのかとも思うのでもう少し可能性を探ってみると、新六に姉がいて、秋元但馬守家来の中堂又助に嫁いでた。
    妾腹だった新六は他家に養子に出されたが養家と折り合いが悪かったのは事実のようで、江戸に出奔して姉の婚家に転がりこんでるうちに主家が改易、新六もあらためて父や兄に合流して吉良邸へ討ち入り。
    討ち入り後新六が本当に腹に短刀突き立てて切腹した後、その遺体を引き取ったのも姉婿の中堂又助だったから、姉弟仲はかなりよかったのかもしれない。
    中堂又助の子供の中から、間新六の名跡を継いだ者もいたかもしれないね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    中堂又助さんが次男の新六郎光風の亡骸引き取ったので、四十七士の中で唯一泉岳寺に墓が無い浪士になったんですよね。 (新六郎さんの墓は築地本願寺)
    しかし間喜兵衛光延さんて唯一親子3人で討ち入りに参加とか色々有りますねえ。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    武田信玄の末裔を自称していたモデルもいたっけな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    Wikipediaに次男が本当に腹に突き立てた短刀や間家の脇差は、泉岳寺の住職が勝手に売却して所在不明とか書いてあってちょっと唖然。
    …泉岳寺に宝物館まであるし、まぁいつ売られたかは分からないけど赤穂浪士って、古今通してそんな扱いだとも思えないんだけども…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12625-7727fe7c
この記事へのトラックバック