fc2ブログ

ノビスバンとの交易

2020年08月25日 18:18

474 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/25(火) 18:12:08.81 ID:3Qis6dnE
慶長十五年の五月頃、京都の町人である米屋のりうせいという者、大御所(徳川家康)の御意を以て
ノビスバン(メキシコ)に渡海し、心に任せて売買し帰朝した。
猩々緋を多数持ち帰ったが、ただし彼の地に金銀は聞きしに及んだ程ではなかった。
しかしながら他の国他の島よりは多かった。

重ねて日本人が渡海することは無用であると、ノビスバンの者たちは堅く日本人に示したという。

当代記



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    メキシコ行きも朱印船なのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >重ねて日本人が渡海することは無用である

    来て欲しくなかった?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    スペイン船に同乗?それとも船は自前?日本人が日本の(?)船で太平洋横断したの、

    1.サンファンバウチスタ (慶長18年)
    2.咸臨丸 (万延元年)

    の順だと思っていたが、それ以前に横断したということ?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ノビスパン=ヌエバ・エスパーニャか

    メキシコに来て銀山の採掘してほしくなかったからなのかな
    南下して、南米のポトシ銀山あたりに行かれたらスペインはいやだっただろうな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ポトシ銀は本国に送金される分も多かったろうからアカプルコにある銀が全てじゃないだろうな
    とはいえ絹の買い付けに供されるそれを「大したことねぇな」と言い切れるというのは凄い
    当時の日本のゴールド&シルバーラッシュはそれほどに勢いがあったのか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    採掘量や質を知られたら相場に影響しそうで嫌だったとか?

  7. 人間七七四年 | URL | 8kSX63fM

    ってかこの時代にメキシコまで渡海して帰ってきたってヤバいのでは

  8. 人間七七四年 | URL | -

    天正少年使節は西回りだっけ。スペイン船に同乗としても
    単純に「最初に太平洋横断した日本人」の可能性も?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    フィリピンのマニラとメキシコのアカプルコ間を定期船が航行していたので、日本人が何らかの理由でマニラに行き、そこからガレオン船に乗りメキシコ(当時はNueva España)に渡った可能性はある。定期船は1565年に就航。名も無き武士とか商人とか奴隷とかが最初に渡ったのでは。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12644-2d3ed0a2
この記事へのトラックバック