FC2ブログ

琉球人の江戸入り

2020年08月27日 16:47

尚寧   
495 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/27(木) 12:04:18.66 ID:BhHb4Hi4
慶長十五年八月二十五日、琉球人が江戸に到着した。その中に歳十七、八の小姓、十四、五の小姓二名があった。
彼らはシャミセンを引き、十七、八の小姓は、名字をヲモイシラ、十四、五の小姓はヲモイトクと云った。
小唄を皆々謡い、江戸に在る衆はかの小姓を呼んで、シャミセンを引かせたという。

彼らの言語は日本人と同じ、但し少しずつは違うという。髪は頭の右にからわに結ぶばかりであった。
江戸までの上下の路次では、宿入りの時にいつも、笙、横笛、鐘太鼓、ひちりきにて管弦の如く演奏して
宿に入ると云い、これを道行と言うそうである。琉球王はこの座中にも出ず、奥に有って隠れる体であった。

琉球でも日本の真似をして、詩和漢連歌、また猿楽の能なども有る。宗教は禅、浄土など聖道宗(聖道仏教)が
有る。

『当代記』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    最後の琉球国王が童名を思次良金と名乗っているから、ヲモイトクと関係あるのかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    思次良金=ヲモイシラカネ
    と読むのかな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    沖縄の読み方では
    思次良金=ウミジルガニ
    だそうだ。
    どうも、ヲモイシラ『思次良(ウミジル)』、ヲモイトク『思徳(ウミトゥク)』
    士族階級だな。
    王族だと「-金」の接尾美称が付いたとwikiに書いてあった。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    カタカナで音を忠実に書き写してるように見えて実際は普通に日本風に読んでたのか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    沖縄の発音でも、多分
    思=ウミとヲモイの中間くらいに聞こえるんじゃないかと思う。
    ヲゥムミ みたいな。
    沖縄の発音は、よく聞くと日本語ととして聞き取れることもあるから。
    ネイティブじゃないから違ってるかもしれないけど。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    あと、当時沖縄の公文書にも平仮名は使われてた。
    どう音を当てはめてたか、そこまでは知らない。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    > 頭の右にからわに結ぶ

    琉球のお団子ヘア、明代までは頭のてっぺんでなく横についていたって本当だったんだなあ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    かたかしら、って髷、髪型ね
    まあWikipedia見たんですけど、頭のてっぺんに結うようになったのは1650年からだそうで

    だから以前の大河ドラマ琉球の風も考証上は間違ってるってことになるのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12647-f4721d87
この記事へのトラックバック