fc2ブログ

慶長十七年の透明人間

2020年09月02日 18:40

303 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/02(水) 12:55:41.74 ID:mp1XH7OT
慶長十七年四月二十三日
昨今雷の音が数回聞こえた。当春のいわゆる初雷である。

周防国に怪異が有った、ある民家において、一人の人物が旅程の道行きであるらしく、ここを客として
宿を借りた。
民家の台所方は膳部を用意したのだが、この人物が下人に言い伝える声は聞こえても、姿は見えなかった。

不審に思い、民家では地頭方に注進し、地頭が来てみたが、確かに言われたとおりであった。
この姿の見えぬ人物に対し地頭は「振る舞いをしてみん」として招いた所やって来た。彼は膳部、酎酒以下
常の人の如くの食事であった。然れども姿は全く見えなかった。

地頭は「これは怪物である」と考え、犬の逸物共を十疋ばかり取り寄せ、中に入れて戸を閉めた。
すると犬たちが戦慄して喚く様子が伺えた。そこで戸を開けて犬を見てみると、犬たちは殊の外
打擲された様子であった。そしてその座敷には、犬を打つ杖などが幾つも有った。
その後、この客はこう言った
「私を狐狸の類と心得るのですか?言わずともわかるでしょう。」

そして元の宿である民家に帰り、その上振る舞いの礼謝として、錫の酒器を贈った。
この酒は甚だ美酒で、さらに人が多く集まって飲んでも、この錫の酒器の中の酒は盡きなかったと云々。

当代記

結局どうなったのか良くわからない慶長十七年の透明人事件



304 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/02(水) 15:42:38.50 ID:GXwxnttv
タイムスクープハンターだろ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この投げっぱなし感!

  2. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    透明人間はともかく、無限に酒や食べ物が現れるのは昔話によくあるモチーフだな(だいたい貰った人が欲をかいて機能が失われるのが定番)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    犬の逸物って、賢くて勇敢なワンちゃん達の事だったんですね。またえらいことエキセントリックな肴を無造作に放り投げたものだと早とちりしましたよ。

    ってか透明人間より無尽蔵の酒器が気になって仕方ない…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    無尽蔵の酒器と言えば蟲師第一話の緑の座を思い出す

  5. 人間七七四年 | URL | -

    キリストの奇蹟かと

  6. 人間七七四年 | URL | -

    信じるか信じないかはあなた次第!

  7. 人間七七四年 | URL | -

    と~うめ~い人間~あらわるあらわる♪

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    現れないのが透明人間です

  9. 人間七七四年 | URL | -

    存在感がない空気加藤よりも存在感がある気がする透明人間

  10. 人間七七四年 | URL | -

    透明人間「特殊な交渉術!」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12655-a78c14d7
この記事へのトラックバック