fc2ブログ

見聞談叢より 島原の乱について

2020年09月03日 16:21

305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/02(水) 21:52:47.87 ID:EkTrbIWX
見聞談叢より 島原の乱について

天草四郎が大将になったのは二十三歳の時だったと聞く。十九歳まで道春先生の学校で
学び、孔子の門人の子路を慕って四郎と名乗ったという。死んだときはまだ角前髪だっ
たとのこと。四郎は幻術を学んでいて、伊豆守様へ大きな菓子折りを差し上げた。
開けてみると蒸したての湯気をあげている饅頭だった。伊豆守様は「彼がよこしたもの
は不信である」と仰り、周囲の者たちに「一口も食べてはならぬ。捨てさせなさい」と
厳しく命じ谷に捨てさせた。翌日部下に見に行かせると、馬沓であったということだ。
私の外祖母妙清孺人は寛永三年に生まれ、島原落城の時八歳、享保九年甲申九十九歳
にて亡くなった。天草のことは平生よりお話なされ、落城の日の西の矢倉から撃つ
石火矢の音は今も耳に残っていると言っていた。立ち退く時に崑崙奴(くろぼう)が
大勢船端へ水を汲みに行くのを恐ろしく思ったとも話していた。その外の話は些細な
ことばかりだった。

崑崙奴はアフリカ系ではなく南アジア系でしょうかね。何で大勢いたんだろう。



307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/03(木) 01:32:03.69 ID:tdvnlGkX
>>305
孔子の門人に憧れる人が幻術学ぶのはおかしな話だし松平信綱に饅頭送るタイミングがあったとも思えないし、書いてる人かババアかどっちかが吹かし野郎っぽいな

308 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/03(木) 07:37:12.58 ID:W3DuIg7R
>>305
伴天連の妖術じゃ!宣教師の仕業じゃ!
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    TV放送で、あれやってくれないかなぁ。
    『魔界転生』
    千葉真一と、沢田研二の。
    天草四郎が怖かった。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    崑崙奴というのは東南アジア系の色の黒い小柄な奴隷のことで妖術を使うことがある。と陳舜臣のものがたり唐代伝奇に書いてあったから、怪しげな術をつかうとされた天草四郎の取り巻きとしては適当だったんだろうな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    城内に怪しげな外国人勢力が居たのか。マジかぁ…。だとすると俺ん家の近所の伝説もあながちバカに出来なくなってくるな。
    俺の生まれた町には島原の乱で戦死した板倉重昌の次男・板倉重直の館だった寺があるんだが、
    明治中期頃の古地図で見ると、周辺の戦国時代の城よりも堅牢な城郭だった事が判る。
    寺の正門ルートは急坂急カーブで先細り状になった切り通しになっていて、しかも側面に小さな城(現在は神社)があって、寺を攻められた場合背後から襲撃出来る作りになっているんだが、この神社(城)は板倉重直が作ったという伝承がある。
    寺の北は5つの村の集合体で周りを広い水田で囲まれ、この広いコミュニティに侵入する経路は北口・西口・東口・北東口・そして上記で説明した寺の正門である南口の5つしか無い。
    問題は、北口と西口部分にも「城」と名の付く高台にある武家屋敷があり、ココも板倉重直が築城したという伝承になっている。
    一国一城令の後の話なので専門家の見解は「あり得ない」との事だが、板倉重直がココに移住してきたのは島原の乱終結直後。
    幕府が内密に特別な許可もしくは幕府自身が命令しての築城(というより元々あった物を改築)だった可能性はあるんじゃないか?
    近くには家康が鷹狩り用に作った江戸城から続く直線道路があり、馬を代えながらなら2~3時間。籠でも1日でココに着く。
    幕府は島原の乱を外国人勢力が裏で操っていた可能性があり、その後全国規模の反乱に繋がる状況も有り得ると考えていたんじゃないだろうか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12657-b09eee36
この記事へのトラックバック