FC2ブログ

近年にない陰謀の露呈であり

2020年09月10日 18:08

328 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/10(木) 12:52:42.94 ID:6re4dyIE
慶長十九年四月
この近年、大御所近習の女房衆が駿河に於いて金銀を貸し付ける商売をしており、この使いは
神子(巫女)であったが、甲斐甲斐しく才覚して、本利を相調え毎回献上していた。

去る頃、池田備後(荒木久左衛門子)も借用していたが、この借銀を神子に催促されたため、
備後の用人(若衆立て)が、中に銀が入っている由を含んで皮袋を渡した。
これはそれまでも度々の事であったので、符を見切るまでもなく請取、両替町に出て商人に渡す時
これを見ると、その中には石が多く詰められていたのである。

神子は大いに驚き、皮袋を持ち帰って先の備後の小姓(用人)に申した所、彼は
「全くそのようなことは知らない。」と申し、神子のやったことだとした。
この時神子は「汝は私を媒として、備後の妻を犯したではないか!」と申した。
近年にない陰謀の露呈であり、すぐにかの者を押し籠めた。

この事は大御所にも聞こえ給わったが、かようの儀は町奉行である彦坂久兵衛に相図るべしと言われた。

池田備後の借りた金銀は過分であり、返済は難しく、その上外聞も失った以上、彼の身上は
如何成るかと噂された。この借銀は千貫目にまで膨れ上がっていたという。
また備後に限らず歴々の衆も借用しており、今速やかに返済するのは難しいと云々。

当代記



329 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/10(木) 14:29:47.35 ID:vSQ/4NGC
長すぎる。二行でまとめてくれ

330 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/10(木) 15:19:57.00 ID:xTSgtrAh
借金を部下に返させたら銀の換わりに石詰め込まれてて抗議され、部下がしらばっくれたら借金取りに妻NTR(部下が上司の)バラされ笑い者、家康もあきれ顔

338 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/11(金) 23:59:40.62 ID:gy3Glw8l
>>328
荒木久左衛門(池田知正 1555-1608)の子じゃなくて、弟の光重だな
この件が原因で改易されて、大坂の陣で復帰を目指すも果たせず病死
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    面白いな。
    知恵のある者は、それぞれ経済活動してたのか。
    副業禁止じゃないんだ。そんな観念も無さそう。

  2. 名無しさん | URL | -

    wikipediaの池田光重の項目のこれのことか?

    慶長18年(1613年)、家臣[1]の関弥八郎が貸金横領罪のかどで[2]、翌19年(1614年)、光重は連座する形で所領を没収され、駿河国法命寺に蟄居した。同年、大坂冬の陣では徳川方として有馬豊氏隊に属して参戦した。戦後、重長と共に摂津池田氏再興を嘆願するため江戸に向かうも、志半ばで同地で没した。


    [1]^ 親族とも。
    [2] ^ 豊臣秀頼を罵る巫女を捕らえた際、取り調べで光重の妻の関与が明らかになったためとも、関弥八郎が巫女に借財して返済せず、光重の妻とも不義密通をしていたためとも。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    面子が面白いんだよ、この逸話。
    ※2関弥八郎いただきました。手籠めじゃなくて不義密通も。

    関弥八郎   ……池田備後の用人。前髪の美少年。ご婦人方を一目で魅了。悪党。
    女房     ……やんごとなき大将軍に使える商才に長けた遣り手婆。
    巫女(シャーマン) ……その女房の手足となる遣り手悪女。胡散臭い。
    池田備後の妻 ……ある日巫女の手引きで関弥八郎を見初める。

    池田備後   ……毎日篤実に仕事をこなす日々。

    備後殿があまりにお気の毒。大御所も関わりたくないよな、こんなの。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    備後殿の身の丈を超えた借金が全ての元凶なので同情無用でござる

  5. 人間七七四年 | URL | -

    岡左内「そんな所から借りるなら儂が貸してやったのに。
    でも貸す小判の上裸で転げ回ったから小判に儂のキ○玉触れているけど、それでも良ければどうぞ。」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    勝ち組
    女房「最後にほくそ笑むのはわしじゃ」大金ゲッツ!!

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >また備後に限らず歴々の衆も借用しており、今速やかに返済するのは難しいと云々。

    割とこっちの方がヤベエというか、家康の女房衆、どんだけ金融業に手を広げているんだ。
    なんか全貌が解明されればされるほど、家康の顔が引きつるような気もするが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12668-19e5a478
この記事へのトラックバック