FC2ブログ

【雑談】なんでも司馬遼太郎のせいにすると

2020年09月25日 17:46

571 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 10:08:28.17 ID:GMCrLsA1
なんでも司馬遼太郎のせいにすると便利だから司馬遼太郎以前のことまで司馬遼太郎の創作にされてること多い希ガス

572 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 10:20:18.56 ID:LF5ftURf
司馬遼太郎のせいにするやつはたいてい無知
そのうちユダヤの陰謀とか言い出す

573 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 10:27:35.41 ID:CnNANkPy
前に「くわらんか舟」っていう、
家康だか秀忠を淀川の船頭が助けたからそこの船頭はどんな汚い言葉を言ってもいいことになった
って逸話が出た時もなぜか司馬遼太郎の創作扱いにされていた
(まとめの「淀川の船頭の言葉が汚いわけ」参照)
この出典は難波戦記らしいけど
昔からある落語「三十石」でも家康が助けてくれた船頭に
お礼になんでもいうことを聞くぞ、と一筆書くと
船頭が上記の言葉を言ったため、家康の部下たちがほっと胸を撫で下ろし
「しかしいくらなんでも書き過ぎた」と言ったことから
過書船と言われるようになった、ていう似た話もあるのに。
(過書は通行手形の意味なのでこの由来はこじつけ)

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 10:38:30.85 ID:LF5ftURf
「くわらんか」じゃなくて「くらわんか」ね
食らうの音便変化で食べないか?食ってけ?くらいの意味

575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 12:49:36.27 ID:uDzLfjXO
>>572
最近はドルチェ&ガッバーナのせいにすればなんでもいいみたいだな

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 13:56:37.32 ID:03Y6vFke
司馬遼太郎の(小説に採用された)せい

578 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 18:27:02.00 ID:LF5ftURf
「韓のくに紀行」
歴史的な人的物的交流に基づいた百済文化との同質性を確かめているが、新羅に対しては否定的立場を持っている。
朝鮮ノ役以来日韓合併に至る歴史的事件・戦争に対しては比較的に客観的視覚を保っている。
韓国と韓国人については、半島国家の地理的特性を理解しながらも、儒教文化の弊害による文化と民族性の短所を厳しく指摘していて、
この点においての韓国人の反論、反発は当然のことであろうが、個人的には概ね共感すると共に、韓国側の冷静な再考が要ると判断される。

579 名前:人間七七四年[] 投稿日:2020/09/25(金) 18:42:53.63 ID:BmRectue
司馬遼太郎が坂本龍馬を幕末の偉人にしてしまったのは良いのか悪いのか

580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 19:14:41.99 ID:LF5ftURf
偉人は偉人だぞ
他の生き残りザコのほうが目立って偉人になってる

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 19:58:47.26 ID:vpNfUhUV
そうではない
誰かが(それこそ司馬遼太郎かもしれないが)生き残ったから偉人と呼ばれるんだ
志士と名のれば道を歩いてても斬り殺され、自宅で酒を飲んでても暗殺され、という殺伐とした時代を生き延びたこと、
大なり小なり志士たる活動をして明治まで生き残ったこと自体が凄いことなんだよ

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 20:15:18.51 ID:CnNANkPy
おびただしい数の志士が、山野に命をすてた。
が、桂は生き残った。
新政府から、元勲とよばれる処遇をうけた。
皮肉ではない。
元勲とは、生きた、という意味なのであろう。

司馬遼太郎「幕末」収録「逃げの小五郎」より

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 20:22:10.31 ID:ZU2GCjn3
漫画ですまんがゴールデンカムイの
この時代に老いぼれを見たら「生き残り」と思え
を思い出したw

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/25(金) 21:16:10.35 ID:M4CwYlWE
>>582
そう、それそれ
ありがとう。この文章好きだったな

585 名前:人間七七四年[] 投稿日:2020/09/26(土) 09:41:57.67 ID:tVN0MDf4
歴史小説家だったら断然吉川が好きだな
最近のエンタメ界は司馬ばっかり映像にしてやりすぎ感が

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/09/26(土) 09:58:15.90 ID:dpgR4tLw
俺は堺屋太一がいいな
歴史小説家じゃないけど
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    司馬遼太郎のせいの件は、歴史小説は作家が事実や伝承を基に創作した物で有る事を解って無い奴が全て事実の様に言うのがうざったいてのも有るのかなあと思う。
    ここは文献や伝承無いからこう創作したのかなとか考えて上手い事書いたなとか楽しまないと歴史小説読んでられない(一々ここは事実では無いと言っていたら読んでられない)じゃないかと。
    ここにしても週間ランキングの時に管理人さんが述べておられる事有りますが、その逸話の真偽だけ言うのでは無く、その逸話の背景を考えると楽しいかと。
    鬼武蔵さんだとなんで直系の先祖じゃ無いけどなんでこんな逸話森家の殿様残そうと思ったのかとか有りますよね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    陰謀論と同じで手軽に玄人ぶれるから気持ちよくてしょうがないんだよな
    歴史ファンにとっていかに司馬遼太郎が「基礎科目」になっているかがよくわかる
    検証され批判されるのは真の国民的作家になった証かもわからんよ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    むかしの歴史小説家は史料があるかのように捏造するからヤバいな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    歴史小説というジャンルそのものが悪いのよ。
    それこそ三国志演義や太平記の昔から今に至るまで、大衆の歴史認識を錯誤させるだけでなんの益もない。
    必要なのは史書史料の解析とそれに基づく歴史教育であって、扇情的な通俗小説じゃないわな。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    無いことをあるように語るせいで後世の俺らが苦労している
    まともに史実を調べている歴史家に感謝だわ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    それは言い過ぎだと思う
    演義がなければ吉川三国志もなかったし、吉川三国志がなければ横山三国志もなかった
    歴史というジャンルが生き続ける上で新顔さんを絶え間なく加入させてくれる創作物は必要

  7. 人間七七四年 | URL | -

    小説と事実を混同するような輩も問題だけど、講談で坂の上の雲に書かれたことは『全て事実』と言って遺族から抗議される(後日謝罪)ような事やってる司馬遼太郎の側にも責任はあるんだよね

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この時、こういう事情で、この人はこう振る舞ったって感情移入しやすいものが無いと人を惹き付け難いのな。
    実際のところは、そこまで分かる一次資料なんてそうそうあるもんじゃないんだけど。
    時代背景から行動原理を読み解くってのは無味乾燥なように感じてしまいがちだから難しい。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    司馬遼太郎が槍玉に上がりやすいのは、本人が「本当のことだけ書いた」的なことを言っちゃったからというのも大きいと思う

  10. 人間七七四年 | URL | -

    歴史小説の影響力の功罪について罪の方を目の敵にするのはフェアじゃない
    世の中の三国志研究者の内、どれだけの人間が三国志演義やそれを元にしたフィクションを入り口にして歴史の世界に興味を持ったのかを考えれば一方的に貶めることの愚は明白じゃないか

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ついで出回っている司馬遼太郎のやつって
    昔、2ちゃんでみたレスの文章に似ている。ていうかそのまんまじゃないのか?
    あんなのリツィートしている人って司馬遼の本を読んでないだろ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    自分の気に入っている人物が歴史変えられて超悪役になっても
    許すという心の広い人だけなら言ってもいいよ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12は于禁好きとみた

  14. 人間七七四年 | URL | -

    小説で悪役云々言われてもはぁ、としか言いようがないでしょ
    自分が小説を真に受けなきゃいいだけのことだし、多少の歴史好き同士ならそれはフィクションだとか演出にすぎないと分かってるだろうに
    そもそも創作なのに、悪役扱いされてるから許せないというのもわからん
    悪役いいじゃん

  15. 人間七七四年 | URL | -

    信長の野望などのゲームから歴史小説を読んで見たくなる

    歴史小説家で一番有名な司馬遼太郎を手に取ってみてハマる

    結構事実じゃない部分が多いと知り10年ほど嫌いになる

    でも小説としては面白いな、とまた読み返す(今ココ)

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    あるある

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    同じく

  18. 人間七七四年 | URL | -

    自分の妄想が史実と思い込んでいる小説家よりかはずっとまともで上等でしょ

  19. 人間七七四年 | URL | -

    司馬遼太郎は作中で閑話休題みたいな感じの語り口で「実態はこうだったのだが…」みたいに語り出すけど実はそこも創作って手法を使ってるのもたちが悪い。なんでも司馬が悪いは馬鹿げてるけどあれはやっぱり悪質だと思う。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    大衆小説家なのに司馬史観なんて言葉が出来てもて囃され本人もその気になっちゃった。
    読みやすく面白いから誰もが手にして影響をされてしまう。史実だと誤解される。
    司馬の「小説」を読んだ後に実際はどうなんだろう?まで行く人が少なく
    司馬の史観が大勢に固定されてしまうんだろうな

  21. 人間七七四年 | URL | -

    氏政の味噌汁の話だって、可児才蔵の味噌汁の話だって、
    その当時の名もない多くの司馬遼太郎が創った話でしょうよ。

    誰が何を創作したか名前が分かってるだけでもマシじゃないの?

    俺は『翔ぶが如く』だったか『竜馬がゆく』だったか、
    薩長の志士の“どちらがより尊皇派か?”で争ってる宴を鎮めようと、西郷が自分の珍毛をロウソクで燃やした話に目頭が熱くなった。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >漫画ですまんがゴールデンカムイの
    >この時代に老いぼれを見たら「生き残り」と思え
    を思い出したw
    漫画の「ゴールデン・カムイ」「ドリフターズ」「ゴロセウム」だの小説の佐藤賢一「ラ・ミッション」だののせいで
    函館で土方歳三が死んだというのは司馬遼太郎の「燃えよ剣」の創作!
    と言い出す人が出たりして

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ????「全部司馬遼太郎って奴の仕業なんだ」

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※23
    何だって?そいつは(ry

  25. 人間七七四年 | URL | -

    ついでにいうと、この人が戦車に乗っていたのは有名ですが、その際「(装甲を)やすりで削れた」と
    言う証言もかなり混乱をもたらした。実際は溶接部分を削ったか軟鉄装甲じゃないかと言われている。
    (真意が不明なので、そう考察されているって事で)

    ※23※24
    絶対だれか言うと思ったwww

  26. 人間七七四年 | URL | -

    少し歴史にかぶれて歴史小説や漫画や時代劇を叩いて
    「はぁ・・・この程度の『真実』も知らないとは一般人ってのは愚かだなぁ」
    とやり始める
    「少年漫画を叩き始める中学生」くらいで止まってる連中がネット上には多いからな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12686-3021fe1e
この記事へのトラックバック