FC2ブログ

『諸士軍談』より、老いた家康のはちゃめちゃ①

2020年10月02日 18:10

388 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/01(木) 22:49:30.15 ID:knvDGzGe
諸士軍談』より、老いた家康のはちゃめちゃ①
(有名な話もありますが…)

・大坂の陣に燃え、意気盛んな家康
(慶長19年)11月15日、権現様(家康)は京をたって、大和路を進んだ。秀忠も同日に(京を)出立し、本道を進んだ。
家康は木津に至って「茶釜の湯で湯漬けを出しなさい」と命じた。
すると本多正純は「御膳で食べるのがよきかと」と進言したところ、「『タワケ』なことを。なぜ御膳を食べろなどというのか」と湯漬けを立って食べた。
「奈良へ出ろ」と命じ、そのまま立っていた。いずれの者もここで一泊すると思っていたが、ふと出立したので「やうやう」30騎ばかりしかお供衆はいなかった。
家康の旗印は翌日追いついた。(御旗が追いついた日は)雨が降っていたので「奈良に逗留する」と話していたが、にわかに出発し、宝蔵寺に宿泊。
翌17日に住吉へ着陣した。

・支離滅裂な家康
茶臼山の普請ができていなかったので、住吉に陣を置いていたが、ようやくできあがり、12月4日に移るはずだった。
ところが、その日は霧が深かったので6日に陣を移した。
このときの霧で井伊直孝と藤堂高虎は大坂城に乗りいるはずだったが、乗り込み損なった。
秀忠は立腹したが、家康はご機嫌に話をしていた。

・憎きやつじゃ
(家康は)「鬨の声を1日に2度、竹束の裏から揚げよ。夜の九つ(午前0時頃)に揚げよ」と命じたが、いまだ空が明るいうちに鬨の声を揚げてしまった。
城内からも鬨の声が揚がり、同時にたいまつを投げつけてきたので「火事の様にみえ」た。
(家康は)機嫌が悪くなり、「どうも城方に内通している者がいるようだ。『にくきやつしや』」と言った。
案のごとく、秀忠使い番の青山石見が城方へ「帰忠」すると内通していたことが露見し、陣のあとに成敗した。
鬨の声は夜の八つに揚げ、城からも鬨の声に合わせて鉄砲を撃ちかけた。

・言行不一致な家康
(夏の陣で)秀忠は4月22、23日ころだろうか、夜を日に継いで上洛し、道中では上杉景勝や佐竹義宣、伊達政宗なども追い抜いた。
家康は機嫌が悪くなり、2日間にわたって秀忠と対面せず、「『たわけなる事じや。軍勢を跡におゐて主一人来ては何の役に立申か』」との上意だった。
秀忠は関ヶ原の時、真田に隙をとり、家康に面会できなかったことを無念に思っていた。
今回、家康が上洛したので、「私が行くまで待っていてください」と秀忠はお願いし、心得ていたが、「敵が出てきては待てない」とも。
これに秀忠は慌て、急いだのだという。
※半年前に自分は御旗衆までまいたことを忘れている権現様


『諸士軍談』より老いた家康②


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠、苦労してんなぁ
    老い先短い家康が総仕上げに張り切ってるのも分かるが

  2. 人間七七四年 | URL | -

    水野の血を抑えきれなくなっている…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    行動が現代の認知症老人のそれそのもの…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    内通者を見破るのはさすが

  5. 人間七七四年 | URL | -

    尿筒=TENGA

  6. 人間七七四年 | URL | -

    今で言うところのゾーンに入っているようにも思える…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    すべて津川雅彦で脳内再生されたわ…。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    これは時々影武者と入れ替わってますわ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    権現様が言うんだから、内通者を何としても見つけなければ(誰か適当にでっち上げて)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12698-236bb155
この記事へのトラックバック