FC2ブログ

『浅井一政自記』より大阪落城と秀頼の切腹までの顛末

2020年10月03日 16:41

389 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/02(金) 23:21:59.28 ID:CmvOqubw
慶長二十年五月七日
(大阪方は)敵も未だかからぬ内に諸崩れした。この間、私は御使に参り、又敵と手合わせを
していた。しかし秀頼の生害の事が心もとなく思って御城に戻ったのだが、城中は人少なくなっていた。

秀頼は奥と表の間にお入りになり、お側には修理(大野治長)一人、小々姓たちが少々見えた。
私は天王寺表の様子を見てきたこと、また味方敗軍の様子を申し上げ
「さて御生害は何方にて遊ばされますか。」と申すと、「殿守を用意するように」と仰せになった。
そして修理も御供して奥へと参った。私も御供して奥へ参り「鉄砲の薬はどこにありますか」と聞くと、
「たけへ(武部ヵ)助十郎に問え」との事だったので、助十郎に聞いて、鉄砲薬を二人で持って殿守に
上がり、御生害の場所に畳を重ねて敷いて、薬をそこに置いた。そうしている所に頓阿弥が樽を持って参り、
御意が有ると申した。

私は下に下り、秀頼の御前に参って「殿守を用意しました。」と申し上、火縄に火を付けて持ち、
殿守へと御供した。
ところがその後に修理が参り、偽を申して秀頼を止めた。私は「このような時に(切腹を)延ばせば
恥をかくものである。合戦が盛り返したというのは偽です。もはや千畳敷にも火がかかっています。」
と申したが、甲州(速水守久)と修理がたって申して、下の矢倉へと御供した。これは秀頼の名に
傷のつかぬようにしたいという一念であった。

御袋(淀殿)は既に先に下って居られた。秀頼は月見の矢倉の下から外の様子を覗かれた。
市正殿(片桐且元)の屋敷に参る坂の通りに敵が既に侵入しているのが見えた。そこにて内蔵助(渡辺糺)は
切腹した。渡辺長左衛門が介錯したはずである。この屋敷に私が煙にむせて内に入った時、正栄尼(渡辺糺母)は
「介錯してくれるように」と申したため、介錯をした。御ちゃあ、あい、この比丘尼の三人を介錯した。
これは手柄に成るような話ではないが、この時は皆うろたえ、物を申す者も無かった。

秀頼が矢倉に出られると、皆興の冷めたような様子であった。夜に入り、ひき事など長々と申した。
私は「慮外ながら、御手本を仕ります」と言って、脇差を抜いて切腹をしようとした所に、
津川左近(近治)、毛利長門(勝永ヵ)などが来て、私を外に引き出して連れて出た。

八日の朝、「常高院殿(初)に使いに参るように」と仰せになった。私は色々とお断りしたのであるが、
「誰に行くように申しても、敵の中へ出ると申す者がいないので、御頼りになっているのだ。」と
事を尽くして仰せに成られたために、青屋口の京極殿(忠高)陣所へ向かった。

ところがそこに参ると「常高院様は昨日田中まで退かれた。」と、井ノ口左京(高宗)が申した。
矢倉まで左京殿に文を持たせて遣わした所、「どこまでであっても参って、常高院殿に会って
使いの内容を申すように」との事で、私は井ノ口左京の馬に乗って、森口の先の田中に、やがて到着した、
そこで常高院殿に様子を申した所、「若狭殿(京極忠高)に合った上で返事を申す。」と仰せになり、
青屋口まで御出になった。

私はこれに供して返事を承り、水の手まで参った所で、井伊掃部殿(直孝)の手の者に遮られた。
種々にかり事を申したが「京極殿より切手(通行証)を取って来れば入れる。」との事で、是非に及ばす、
切手を取りに帰ったものの、京極殿の方では「切手を出すことは出来ない」という事に極まり、
是非に及ばす、井ノ口左京を頼って「市正殿(且元)を陣屋に訪ねて来てほしい。市正殿を頼って
御城に参る。」と懇願すると、彼は方々へ人を尋ねに使わしてくれたのだが、その使いの帰らない内に、
秀頼の入った矢倉から火が出て、切腹したということであった。

御存知の如く、私は追腹を切るような奉公人では無いので、是非無く左京に送られて京に退いた。

浅井一政自記

浅井一政が見た、大阪落城と秀頼の切腹までの顛末



390 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/02(金) 23:53:51.31 ID:0H9cOJuf
腹切るまでうだうだしてんなー
普通なら城兵と民草のために落城する前に腹切って助命乞うもが筋だろうに
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    中々死なずにいるのは子供逃がしたり千を秀忠家康のところにやったりしてる最中だからだろうか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    *1
    390 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/02(金) 23:53:51.31 ID:0H9cOJuf
    腹切るまでうだうだしてんなー
    普通なら城兵と民草のために落城する前に腹切って助命乞うもが筋だろうに


    文章で読むとこんな風にgdgdに感じる人もいるみたいだけど、実際その裏では千姫逃して助命の嘆願やら国松脱出、色々とギリギリまで粘ってたんじゃないかなとは思うね。
    亡国の君主として潔く死ぬことも大事だけど、命ある限り運命に抗ったり主君の延命に奔走するのも一個の生命や家臣の行動として当然だと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    日根野「むしろ腹切ってからが本番」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そりゃ家臣は止めるのが筋だけど、そういう忠臣の為に責任取って腹切るのが君主の役目じゃね?
    あと言われてる事って本来落城前にやっとくべきことだろうし

  5. 人間七七四年 | URL | -

    貿易商人の記録によると浪人と一緒に籠城した民草が10万人くらい虐殺されたんだっけ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    だから落城の寸前までやってたのでは?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    寸前というかもう落ちてるやんというか

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    これ城が落ちてからの行動なのよ
    せめて城内に入られる前にやるべきなのよ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ手遅れなんだけどさ。その悪あがきは冬の陣の終わりの時にやれとか色々言いたい事はあるけど、後世の人間があれこれ批判じみた事書くのもちょっちゅね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    当時の常識においても秀頼は天下人以前に城主としてやるべきことが出来てない人物だって読み取ってる
    批判じみた事っていうかもしれないけど功罪客観視することのが大事でしょ、判官びいきみたいになっちゃうより

  11. 人間七七四年 | URL | -

    だからってな○J民みたいな論評書くのもどうかと思うがな。元スレ390みたいなののことね

  12. 人間七七四年 | URL | -

    秀頼は天守で死ぬつもりだったのが、毛利や大野が千を伝に家康に助命嘆願する→家康は秀忠に意向を確認するとやってる間に幕府側大名が城内に入るは天守は燃えるはだからグダグダに見えてしまうけど実際は交渉の途中だから(今更助命される確率はほぼ無いとは言え)秀頼を生かそうとする配下の行動は間違っちゃいないんだけどなぁ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    妄想だけどこのgdgdの間に実は秀頼を女装とかさせて逃がそうとする最後の悪あがきのための時間稼ぎだったり…
    まぁ秀頼の身体的特徴が事実なら徳川方の雑兵にすらお前の様な女房が居るか!!って看破られそうな気もするけど。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    雲突くような大女になっちゃうからねぇ。
    でも最近、薩摩への落ち延び説は案外本当じゃないかと思う時もある。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    秀頼はともかく、家光の頃になっても大阪浪人残党捕縛の事件があったりすると知って中々驚く

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12700-40579249
この記事へのトラックバック