FC2ブログ

徳川家康の鷹狩のスケジュール

2020年10月06日 18:06

617 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/06(火) 16:16:17.61 ID:KnRn4aXP
慶長十七年正月

七日、今日より三河国吉良で御鷹野を成されるため駿府を出発された。この日は田中まで進まれた。
八日、相良でお止まり宿された
九日、横須賀に到着された
十日、中泉に到着された。この晩、織田有楽が江戸から帰る途中、ここに於いて家康公に御目見得し、
   鷹狩で得た鶴を賜った。また上洛することを仰せに成ったという
十一日、当所で御鷹場のため御逗留
十二日、浜名に到着
十三日、吉田に到着、城主松平玄蕃頭に銀百枚を賜る
十四日、吉良に到着(中略)

十六日、御放鷹。今日青山図書助が御使いのために来た。これは御鷹野の御見回りと云々。
    京極若狭守忠高、同丹後守が使者を以て御服并びに嘉肴を献じたという。
十七日、御鷹野。今日、鷹の捕らえた鶴を仙洞御所(上皇)に進上、また伝奏の広橋兼勝、勧修寺光豊には
    鷹の捕らえた雁を各3羽ずつ遣わしたという
十八日、御鷹野。鷹の捕らえた鶴を秀頼公に贈るという
十九日、御鷹野。今日成瀬隼人正、竹腰山城守に、駿府に参るよう仰せに成った。これは名古屋の
    御普請についての仰せ付けと云々

二十日、岡崎着。城主本多豊後守に銀子百枚賜ると云々

二十一日、御鷹野。松平摂津守御前に出ると云々
二十二日、御鷹野にて得た鶴を主上(天皇)に進ずると云々
二十三日、御鷹野。成瀬隼人正、竹腰山城守が参ったと云々
二十四日、御放鷹。松平筑前守利光(前田利常)、御服二十領を献ずる。そして家康公の御鷹の捕らえた鶴が
     遣わされたと云々
二十五日、御鷹野。羽柴右近(森)忠政、緞子御袴を献上したと云々。
二十六日、大樹寺に御参詣。これは御祖父の菩提所であり、銀子五十枚を住持の僧に賜った。
     また正應寺(松應寺カ)にも参った。これは故大納言殿(松平広忠)の墳墓の所である。
     銀五十枚を院主が賜ったという。
二十七日、名古屋到着。

駿府記

駿府記より、慶長十七年一月、豊臣家との関係も割と安定していた頃の徳川家康の鷹狩のスケジュール。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    途中の、相良、横須賀、中泉の地名は知らないが、浜名は浜名湖辺りのことだろう。静岡-浜名湖で100km切る行程。途中同じ地で一泊、つまり四日で一日25km弱の進み具合。随分ごゆっくりな道中だなと思ったが、徒士ものんびり行ったなら、こんなものなのか。
    吉良と岡崎は20kmを切るだろう。大樹寺からは岡崎城の天守が望める。

    19日に尾張名古屋の付家老、成瀬と竹腰を呼びにやって、23日に両人参上。駿府に来るようにとの言いつけに大慌てで片道二日で岡崎に参上したのか。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    御鷹野の最中は野営なのかな。どんな天幕を張ったのか。相当なアウトドア好きだよな家康公。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    上げたり貰ったりがすごいな。
    交易みたい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ちな、松平本来の宗家、初代松平の城である松平城は当時荒れ果てていたのを家康が来るというので慌てて修復したとの記録がある。これはこの御鷹野のついでだったか、どうか調べてないから分からない。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    当時のことだから、道中にも経済効果それなりにあったろうね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    横須賀は横須賀城に泊まったのかな
    玉石の石垣ので面白かったわ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    画像検索してみた。
    面白いね、ここ。
    コロナが落ち着いた季節に行ってみる。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まさか相良が270年後に幕臣が茶畑開発してるとは思わないね

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >十八日、御鷹野。鷹の捕らえた鶴を秀頼公に贈るという

    へうげもので出てきたあのシーンの元ネタか
    やはりいろいろアンテナ貼ってんなあの作品

  10. 人間七七四年 | URL | -

    それぞれの場所、マップで調べて見たけど
    ナカナカ面白かった。
    まず初日の田中(藤枝市)には田中城ってのがあって、たぶんココに逗留してる。ここ、実は後に茶屋四郎二郎と一緒に天婦羅食って具合悪くなる場所です。
    元今川家の城で山県昌景が
    改築し、現在の遺構からも馬出し等から武田家独特の城構造が偲ばれるとか。天婦羅も今川と山県の呪いかも。
    相良は牧之原市、横須賀、中泉は掛川の辺り、浜名と1日大体20kmチョットのペース、なるほど。
    私は千葉の者ですが、千葉の家康鷹狩りルート(ドン引きするレベルの直線道路)には江戸城からちょうど20kmチョットづつの場所、船橋と若葉区千城台って所に『御殿』と呼ばれる逗留所があります。江戸在住時代から鷹狩り時のペースは変わらなかったんでしょう。
    もっとも船橋より先は大変道の高低差が激しく急坂が多い。この逗留所は家康だけでなく秀忠・家光と三代に渡って愛用されたそうですが、坂が多いのを嫌ってか?秀忠は直線道路(その名も『おなり街道』)を避け、遠回りの海沿いの道を使ったそうです。
    実際に自転車で走るとわかりますが海沿いの方が断然ラク。さすが秀忠さん部下想い。
    ちなみに逗留所が完成する前に家康は近くの寺に二度逗留したという記録があります。
    現存する小さな寺ですが、家康の江戸入府前からその地域の寺々を束ねるボス寺だったようです。
    おそらく静岡でも各地で寺を宿泊や休憩に利用していたのではないでしょうか?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    面白かった。
    千葉の話と照らし合わせると、結構確立された動きだったんだね。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    天幕でなく、寺の利用。成る程でした。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    今更だけど
    徒歩の行軍で一日20キロ超とか25キロとか
    全然ゆったりペースじゃないぞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12703-5a835418
この記事へのトラックバック