FC2ブログ

『本多越前守利長家之覚書』にみる合戦討ち死に、負傷記録

2020年10月08日 17:23

402 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/07(水) 23:48:58.33 ID:GcERk3uE
『本多越前守利長家之覚書』にみる合戦討ち死に、負傷記録

・本多広孝、永禄6年東三河の戦い(首50余を挙げる)
広孝家人、雑兵30人討ち死に
・同、永禄12年今川氏真による掛川籠城戦(首8を挙げる)
畔柳又八が討ち死に
・元亀元年姉川の戦い(広孝は鑓で突かれたが、具足に当たって肌に傷はなし)
家人、長坂次郎太郎、尾崎彦五郎が討ち死に
・天正元年、遠州森の戦い(殿として武田軍と応戦)
家人、雑兵32人討ち死に
・本多康重、天正3年長篠の戦い
(鳶の巣砦攻防で)3人討ち取るも、自身は手傷を2カ所に負い、左のまたに当たった鉄砲玉は死ぬまでとどまることに
・天正6年遠州諏訪原城の戦い
敵の鉄砲が当たったが、さして痛くはなく、じきに平癒した
・天正12年長久手の戦い(羽柴秀次、堀秀政勢と交戦。敵を組み討つも手傷7カ所を負う)
家人、大久保久右衛門、平井善五郎、長坂外記はじめ計36人戦死
・康紀、元和元年大坂夏の陣(鉄砲が兜の真ん中に当たり、鉄砲玉がひしげたが無傷だった)
長坂勘三郎、阿部半左衛門、9人が手負い、そのほか足軽少々が討ち死に



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鉄砲玉が兜に当たってひしげたってあるが、当たった距離や当時の弾のサイズや強度がどんなものか知らんが、眉間打ち抜かれた板倉重昌や鬼武蔵の死に顔はどんなもんだったんだろう?
    弾けた柘榴が潰れたトマトか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    当時の弾は鉛弾だから頭蓋骨の中で拡散して中はグチャグチャだけど外は意外に綺麗だったのかな?
    額の骨は硬いらしいから表面でエネルギーが拡散して顔の半分がないような無惨な死顔かもしれん。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    *2
    今でも跳弾が当たると無惨な傷になるって聞くけど、Wikipediaで火縄銃調べたら当時の弾は以下の通り。

    重量 口径(mm)
    2匁半  11.79
    6匁   15.79
    13匁 20.48
    20匁 23.58
    30匁 26.99
    50匁 33.04

    2匁半から大きく見て20匁行くか行かないかの弾とそれに対応した銃じゃないかと勝手に想像したけど、こんなサイズの鉛玉食らったらかなりエグい傷になりそう…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    個人的に火縄銃の威力は散弾銃のスラグ弾と比較して想像してる。
    散弾銃のn口径は1/nポンドの質量の弾丸を発射するって意味なんだけど、日本で大型獣用以外での所持や使用が制限されている(らしい)10口径の散弾銃は1/10ポンド(約45g)の弾丸を使用する。
    12匁=45gなんで12匁弾の火縄銃でも人間相手には十分過ぎるほど殺傷力あるんじゃないか。
    まあ、昔の火薬と今の火薬でどれぐらい違いがあるかは分からないけど。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    *4
    ttp://paomaru.dousetsu.com/file/09_hinawa_001.html

    こちらによると、小筒で撃つ2-3匁の弾でも50m射程くらいなら1mm程度の金属に皮を貼った程度の足軽の鎧なら貫通する位の威力があったとか
    鬼武蔵を撃った鉄砲足軽の杉山孫六や板倉を撃った駒木根友房が狙撃用に使った火縄銃と弾はどのサイズか分からないけど、鬼武蔵は落命後に鼻を切り取られたって言うし、頭部表面の損傷はそこまででもなかったのかもですね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    甲冑も鉄砲にまったく無力だったわけではないことは声を大にして言いたい
    西欧で重装歩兵が廃れたのはコスト的な理由(人命より鎧の方が高価になってしまった)も大きい

  7. 人間七七四年 | URL | -

    誰だったか忘れたけど、大砲みたいな大口径の銃で狙撃されて馬上から吹き飛ばされたけど一命は取り留めた人がいて、胴の一部がへこんだ甲冑が現存してなかったっけ。上級武士用の高価で堅牢な甲冑と足軽用じゃ防御力段違いだろうね。
    鬼武蔵さんと重昌さんは死ぬ気満々で面頬付けずに突っ込んだんだろうけど。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    銃弾ないし砲弾が大口径化するほど、初速を得るには多くの火薬と長い銃身長を必要とする。
    抱えの大筒みたいな短銃身大口径の鉄砲だと貫徹力は相対的に小さくなるから、その辺も加味しないといかんと思うよ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    現在の弾丸の様な錐状ではなく、当時は円弾だもんね。
    50匁で今の弾丸だと長さは置いて機銃やガトリングクラスになるみたいだけど、それこそ1発食らったら当時の火薬でも距離次第ではミンチより酷いよバーニィ状態になりそう。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    近代以前の戦は大して戦死しないってよく言われるけどこの話見る限り雑兵まで入れるとイメージより戦死率高いのか?
    最初の三河一向一揆の時期の合戦、広孝の兵はたぶん数百程度なんだろうけどここだけで30人も死んでるとは

  11. 人間七七四年 | URL | -

    wikiで見ると、土井衆30騎(出身の地、三河国土居(土井)以来の広孝の同心衆)
    吉良衆26騎(永禄4年東条吉良氏を降して、付属された故・富永忠元の同心衆)田原衆54騎(永禄7年の田原城陥落の際に臣従した衆)
    その他5騎。合計115騎、雑兵等をいれて総兵力は500名前後と推定。って書かれてるから、最初の永禄6年東三河の戦い時点では雑兵込みで250人ぐらいか?その内の30人討ち死って結構な損害よね。雑兵だけとはいえ8人に1人死んでる。怖い時代だ。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    渡りの傭兵みたいなのも多少はいなかったんだろうか?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    秀吉もハナは渡りの傭兵にどっこいじゃないでしょうかね。
    尾張は傭兵の集まりだったし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12706-795d5d1a
この記事へのトラックバック