fc2ブログ

フロイス達の京都観光

2020年10月13日 16:19

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/13(火) 15:18:14.69 ID:82vcNcd0
イルマン・ルイス・ダルメイダが(都から)豊後に向けて出発するために、キリシタンの希望に従い、
私は彼とともに復活祭の第二の八日目に、都の見物をした。
日本においてはしばしば散策し、寺院、その他古跡を見る習慣があり、都には多数の観覧すべき場所があった。
これを観るために、絶えず諸国の人々が集まった。しかしながら悉くこれを記述するのは不可能であるので、
私が思い出せる所を述べる。

我々は先ず30人のキリシタンと共に、日本全国の君である公方様の宮殿観覧に赴いた。キリシタンである家臣の
紹介によって入門を許され、休養のために別に設けられた家屋を見たが、私は今日まで見た中でも
最も清浄・爽快、かつ立派なものであり、その精巧なること、清潔なること、優雅なることに於いて、
これに並ぶ家を、ポルトガルに於いても、全印度に於いても見た記憶がない。

家の窓外には甚だ美しく、また珍しい樹木の庭が有った。杉、柏、蜜柑、その他我等の間に知られていない
樹木が植えられていた。それらは尽く人の手が加えられ、或いは鐘の形、或いは塔の形、また屋根の形、
その他様々な形を成しており、百合、石竹、薔薇、野菊、その他各種、色彩及び香気ある花弁が多数咲いていた。
彼ら(日本人)は心を慰めるため、好んで花弁の栽培を行うが故に、これを観る者には絶えず驚嘆すべき
事がある。我々にとっては特に珍しいものも有る。

同所より同一構内の他の庭に案内されたが、ここは遥かに最初の庭に勝っていると思った。
その厩は杉材の家で、屋内は全部、良き筵を敷いてあり、高い身分の諸侯を入れるに足りた。
馬はそれぞれ別の個室を有し、床、及び左右には皆板を張っていた。筵を敷いた所は馬を預けた者の居所である。

他の門を出て一の街路に出た。長さはリスボンのルアノバ(新街)の六、七倍、幅は二倍ほどで、
左右の木は皆甚だ美麗にして、高さはそれぞれ同じほどで、我等をして復活祭のときに用いたいと思わせた。
この街路はダイリ(内裏)、即ち日本全国の最も名誉あり、元は皇帝であったが、今は服従されていない
君主の宮殿に至るものである。
この内裏の諸建築はただ外部より一見し、またその庭もそのようにして観覧した。何故かと言えば、(内裏は)
これに仕える者以外は、何者も入ることを許さないためである。

この市(上京)を出て何れの方向に赴こうとしても、そこでは日本全国の中で最も清潔で、風景の良い田園が有る。
何故ならこの島(日本)は三百レグワの広さがあるが、全国に都に勝る所は無いからである。

同所を出て我等は真っ直ぐにして広く平坦たる街路を通行した。街路は城のように悉く門を備え、夜間はこれを
閉鎖する。こうして我等の通行した距離は、リスボンのセー(大会堂)よりボア・ビスタ街のエスペランサの
聖母の会堂に至る程である。この市街は緞子、その他の織物を製造加工し、また金扇、その他裕福層に
用いられる品を作る商人の家、及び事務所の在る所で、中央に阿弥陀の堂がある。全市中最も通交の多い
場所で、毎日、殊に午後、この時間は店を閉め用が無くなるため、多数の人が来て偶像に寄進を成し、
また祈祷を行う。

我等と同行したキリシタンの武士は、この堂を出て、今回改築した当国の長官の宮殿を観るため我等を案内した。
これについて述べるべき事は多いのだが、今はその庭園についてのみ述べる。但し公方様の庭のように各種の
樹木は有るが、その事については説かない。庭の中央に幅二十歩の湖水がある。水は金力によって二十三レグワの
遠方より引き、人の手によって造ったものだが、自然によって作られたような岩からここに流入している。
湖水の中に多数の島、及び小島がある。木及び石の橋によって、最初の島から他に渡る。そして皆、甚だ良い
樹木の下に有る。これについて私が記述する所は、実際の三分の一にも及ばないこと、疑いない。

『一五六五年四月二十七日附、パードレ・ルイス・フロイス書翰』(日本耶蘇会通信

フロイス達の京都観光の記録。この頃の京は戦乱などで衰退していたと言われがちですが、宣教師達は
非常に見事な都市だと認識していたみたいですね



635 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/13(火) 16:09:06.10 ID:j42u0JCI
ポルトガルがお粗末なだけだよ

636 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/13(火) 21:41:27.24 ID:hUql5rMY
衰退って言っても、戦後すぐの東京みたいな感じじゃね?
インフラは破壊されてて不十分で食料供給にも不安があるけど、人を集める力はまだまだある、みたいな

637 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/14(水) 05:30:44.15 ID:uVKAm0a1
上京くらいは直したんじゃないの
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信長&信成「ウェルカムトゥジャパァ~ン!」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    フロイス現代に甦ったらテレビ番組に引っ張りだこだな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    なんか日本人は今とあまり変わらないんだな。
    >彼ら(日本人)は心を慰めるため、好んで花弁の栽培を行うが故に、これを観る者には絶えず驚嘆すべき事がある。我々にとっては特に珍しいものも有る。

    確か江戸時代末期も来日した外国人に、こう書かれていたような。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >樹木が植えられていた。それらは尽く人の手が加えられ、或いは鐘の形、或いは塔の形、また屋根の形、その他様々な形を成しており

    今も大農家の大きな家には、こんな風に剪定した植木が植わっている。逆に寺や有名庭園ではやらないかも。日本人が花を植えてることに外国人が驚く記述は幕末にもあるけど、ドイツ人やスイス人、オーストリア人は日本以上に花を窓辺に飾っているイメージがある。イギリスはガーデンが有名だし、スペインのパティオも洒落てる。
    この当時はまだ欧州では花を栽培するのは一般的じゃなかったのだろうか。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >日本においてはしばしば散策し、寺院、その他古跡を見る習慣があり、都には多数の観覧すべき場所があった。

    ほんと現代の日本人と同じ。
    江戸や幕末の記述に、日本人の変わらなさを思うことがあるけど、戦国時代の記録から、これほど感じるとは思ってなかった。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    当時のリスボンと比べれば、まだ京の都のほうが..

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    幕末のイギリス人のプラントハンターだったかな?
    白人社会と非白人社会の差は、園芸をするか否かで認識していたが、日本では低層まで園芸楽しむので吃驚した話。

    ヨーロッパは元々有用植物の伝播が遅かったので種類が少なくて、各国は植物園を作って大航海時代には世界各地から有用植物を集めてたからね(代表的植物:ジャガイモ、トマト、トウモロコシ、タバコ、カボチャ)。
    ガラス板の製造が可能になると温室も作られるようになる。イチゴなんかはその恩恵だね。
    北米バージニア品種と南米チリ品種を掛け合わせて、現在世界で食べてるイチゴ系統がオランダで出来た。
    園芸=庶民のステータス
    そしてチューリップが投機対象にまでなるという。

    カサブランカは、日本のカノコユリから品種改良を15回ぐらい繰り返して逆輸入されたユリ。
    他にアジサイ花は日本では青色だったのに、ヨーロッパに持ち帰ってみると赤色しか栽培出来なくて長年謎だったり。
    日本ではシーボルトがそういう収集をしてた。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    イタリア式庭園:14-16世紀 丘陵幾何学型
    フランス式庭園:17-18世紀 平地幾何学型
    イギリス式庭園:18-19世紀 自然風景模写型

    こんな感じに西欧の庭園史のようだ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    スペインに取り込まれる前のポルトガルは文化的にも華やいだ時期なはずだが、フロイスにエキゾチック趣味があったのか、多少上げ気味に書かないと遠方の報告書を真面目に読んでもらえないからなのか…

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※7※8
    英国のキュー植物園に憧れてる。行ってみたくて。
    でも案外庶民の園芸趣味の歴史は古くないのが驚きました。そういえばロンドンやパリの19世紀は相当数の女が春をひさいでいた時代。日本の庶民の方がゆとりある生活ができる都市が多かったという理由もあるでしょうね。
    そしてもしかしたら、縄文の時代から花を愛でる習俗があったのかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12712-8f61e422
この記事へのトラックバック