FC2ブログ

太刀受けの阿弥陀如来

2020年10月22日 18:16

667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/22(木) 00:31:52.31 ID:AywwUuma
ではその香川から

太刀受けの阿弥陀如来

戦国時代、土佐の長宗我部元親が讃岐を平定しようと、阿波から乱入してきた。そして本山寺を
本陣としようとしたが。この時の住職は
「ここは殺生禁断の地であり、立ち入られては困る。」
と言って、長宗我部軍の要求を拒否した。
すると兵士たちは、やにわに住職を、一刀のもと斬り殺した。

そして寺院の中に入ろうとすると、先程斬り殺したばかりの住職が本堂の縁側に立って、兵の侵入を
拒んでいた。これは不思議なことだと思って彼等がよく見ると、赤い血の跡が点々として、本堂の
内陣の中まで入っていた。尚もその跡を辿ったところ、厨子の中にまで血の跡は続いていた。

厨子の扉が少し開いていたため中を覗くと、脇仏の阿弥陀如来の、右の肘から血が流れていた。
「さては阿弥陀如来が住職の身代わりの成ったのか」と恐ろしくなり、長宗我部の軍は早々に
引き退いていったという。

これ以後、その阿弥陀如来は「身代わりの阿弥陀如来」と呼ばれるようになった。

『巡礼と遍路・寺々の物語』



668 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/22(木) 07:59:12.36 ID:JQqpQXTA
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5989.html
同じ話は前にも出てた
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    うーん、コレは土佐の蛮族w

  2. 人間七七四年 | URL | -

    死国だからしょーがない

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    蛮族鑑定士阿弥陀如来
    なお門徒には激甘な模様

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この話って、蜂須賀家辺りが後から創作したとか?
    地元に長曽我部を慕う勢力を仏罰という事で失望させる為とか。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    長宗我部→讃岐→首切峠

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4

    本山寺は丸亀藩の版図のようだ。長く支配した藩主家は京極家かな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    何だったけっな?漫画の『宗像教授伝奇考』だったっけな?戦国時代以前の土佐近辺の怪談や同族同士の骨肉の争いの話なんかは全部「長曽我部の話」に改変されてるから気を付けなければならない的な事が書かれてたな。これも一種の有名税みたいなモンか。千葉茨城で凄い事は良い事も悪い事も全部平将門絡みなってるのに似てる。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    大〇義隆「タチとか受けとか聞こえたんだけど儂の出番?」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ネコとか攻め等の文言が抜けているので出番ではない様子。
    本拠へお戻り下さるよう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12724-13caf96f
この記事へのトラックバック