FC2ブログ

美濃国に於いては、諸人、先祖の奉じた所を重んぜず

2020年10月23日 16:48

669 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/23(金) 12:31:13.63 ID:7OBGeLbI
美濃国の住民は、生来甚だ良く事理を解し、大いに救いを望むことを示している。
右の坊主が当所(堺)に於いて語った所によると、美濃の王(斎藤龍興)は甚だ有名なる
禅宗の坊主を師としていた。この坊主は三十三問を列記し、これに解答を与える者があれば
その宗派に服従すべし、と云った事は昨年の書簡にて通信したが、同国にこれと意見を事にする
他の学問有る坊主あり、王は彼等を呼びその面前に於いて両人に討論を命じたが、三十余問の人が
負けたため、王は他の宗門の門弟と成った。

この第二の人はその後、同国及び多数の学者の面前に於いて。禅宗の他の一派の坊主と議論を成して
負けたため、王はこれを捨てて第三の人の宗派に入門し。これを己の師となした。

この話を伝えた坊主(今はキリシタンとなった)は、「これによって美濃国に平和があり、国王が
デウスの事を聴くに至れば、彼、并びにその国の大部分をキリシタンと成ること、甚だ困難ではない」
と云った。

この坊主は信頼すべき持参人であるため、私は同所にあるキリシタンの武士に書簡を送り、
もし機会があれば王に語って聴聞を勧め、王がその意を決するに至れば、デウスのことを説くべき人を
同所に赴かせるため、私にこれを通知することを求めた。

美濃国に於いては、諸人、先祖の奉じた所を重んぜず、最も道理に適したことを尊重するが故に、
道理の作者を信奉する傾向が少なくない。
最も愛する者よ、主が彼等に知識と恩寵を与え、救われるに至らしめ給わらんことを祈れ。

『一五六七年六月十二日附、パードレ・ルイス・フロイス書翰』(日本耶蘇会通信

美濃について。
龍興の、禅宗などの師を取り替える云々と言う話は、義龍の時代の、法華宗から禅宗に転じたことや、
美濃国内における快川と別伝宗亀の対立などの事を現しているのかと。



670 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/23(金) 13:05:40.94 ID:qrBf/VJQ
信長と敵対したのに非常に有能で思慮深いと評されてるから信長がカスだったんだな

671 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/23(金) 13:16:50.01 ID:wHTOLy3/
もともと義龍のわがままで幕府を巻き込んで別伝の乱を起こしてすぐ死んだから
龍興にとってはどうにもならないことです

672 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/23(金) 14:24:05.92 ID:3JjE8KMV
>>669
こういう、諸国の人の気風を紹介する話は非常に興味深いな。
義龍・龍興期の美濃は、旧来の幕府体制の権威によった統治だから
どちらかといえば前例主義なのかなと想像するんだが、その実気風は合理主義というのはどういうことか。
幕府の権威を利用しながら内実は道三譲りの実力主義だったりするのか、
あるいは単にフロイスが見聞きしたのがそういう人が多かっただけなのか。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信長は龍興にもボロ負けしているし
    なんか最近は美濃を追い出されてから覚醒した扱いになっているけど
    美濃国主時代から並の戦国大名としての能力は持っていたと考えてもいいと思う
    相手が悪すぎただけで

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >どちらかといえば前例主義なのかなと想像するんだが、その実気風は合理主義というのはどういうことか。

    >>672がどうも「歴史は進歩すればより(現代的に見れば)合理的になる」みたいな
    進歩主義史観なのは気になるかな。
    そういう現代的イデオロギーの判断軸で「よい・わるい」で「進歩している」でみると
    見誤るで(過去の自分がそうだった)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    世界でも五指に入る先進国の政体が君主制(しかも2カ国も)
    進歩とはいったい…うごごご

  4. 人間七七四年 | URL | -

    山名宗全「下剋上の世の中です。これからは例を時に変えましょう」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    昔一世を風靡したマルクス史観がそれだからな
    影響受けてる人がいるのは仕方ない

  6. 人間七七四年 | URL | -

    本当に世の中があるべき方向へ向かうのなら、歴史そのものが不要になりますからね。
    わざわざ手間暇かけて御先祖様が遅れた人物だったと知りたい人がどれほどいるのかと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12725-aa96f625
この記事へのトラックバック