FC2ブログ

この人はシノワラドノと称し

2020年10月24日 17:26

428 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/24(土) 15:11:34.23 ID:fcrr8HEw
私は神の御意により、一、二コント(万)の兵を有する強勢なる大王の力により、新公方(足利義栄)が
都を領することを期待している。
この人はシノワラドノ(篠原長房)と称し、貧欲、その他悪徳無く、デウスの事を数回聞いたことが有る。
彼は我等を庇護することを希望している。

その国(阿波)に一人のキリシタンがあり、パードレが都に於いて洗礼を授けた者で、高貴にして勢力があり、
王の寵愛する者である。我等はこの人の尽力によって阿波の国王(三好長治)の免許状を得て都に帰ることを、
我等が主デウスに於いて期待している。何故ならば、北方の諸侯は、今悉く彼に服している故である。

但し都は(前に述べた如く)目下擾乱し、戦争のため不安にして、同地には頭が無く、これを治めるべき君
無きが故に、同所に滞在する事は著しい危険がある。公方様を得、戦争が止んだ時に、更に請願すべきである。
我等の主の愛により、これら一切の必要に付き、兄弟の捧物、および祈祷において祈れ。

暴君弾正殿(松永久秀)は前に述べた如く。都に於いて我等を殺すことを命じ、叛逆によって公方様を
殺した後、彼の勧告によって我等は同所より追放されたが、その後、我等の主デウスは正しき判官なるが故に、
戦争及びその兄弟、并びに家臣の死去(弟・松永長頼らの討ち死にの事であろう)、財産の大いなる損失により、
大いに彼を苦しめ迫害し給わった。

『一五六六年六月三十日附、パードレ・ルイス・フロイス書翰』(日本耶蘇会通信)

京都追放後、阿波三好家などの足利義栄派に期待をかけるフロイスの書状



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    篠原長房はノブヤボだと二流の文官なんだよなあ
    もっと評価されて欲しい

  2. 人間七七四年 | URL | -

    なお長治は三好系の資料を踏まえて三流以下な模様

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    戦国最暗君コンテスト優勝候補だからな
    とにかく擁護できる点が何一つない
    あの大友吉統でさえ文書を後世に残した功績があるのに

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >大友吉統でさえ

    もう少しこう何というか、手心というか…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    弟の十河存保が後々まで色々と奮闘してるのも長治の駄目さを印象付けてるしな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    それでは…

    あの不明懦弱殿でさえ~

  7. 人間七七四年 | URL | -

    三好長治は史料なさ過ぎて軍記物メインでしか像が測れない人物だからなぁ
    ましてや滅んだ時の当主なんで滅んだ理由をおっかぶせられやすいし

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    バカ殿系の人物は当人の責任も当然あるとはいえ滅亡後に全責任押し付けられて実態以上にボロクソ言った評価が常識化するのが基本なこと考えると、存命中に直接話した人の記録で自分の無能さを認めるような発言残してる義統ってやっぱ異質だよな…

  9. 人間七七四年 | URL | -

    つーても軍記物以外の資料で残ってんのが信仰強制だからな>長治
    三好の支配力が低下した状況でアレやらかすんだから、知能に問題があったのは疑いようがない。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    篠原長房殺害だけでお釣りが来る、といいたいがどうも当時の阿波三次軍全員賛成のもとでやってるっぽいんだよな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    細川真之との合作だから一宮とか新開も文句言わなかったんやろな
    あまりにうまくいったから長治が自分の指導力を過信したのかもしれん
    結局その団結力は自分に向かってくることになったわけやが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12726-501adac6
この記事へのトラックバック