FC2ブログ

つまり土岐の御筋目なのです

2020年11月03日 18:30

439 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/11/03(火) 16:37:46.78 ID:0vCwYBzP
斎藤山城守(道三)は男子三人を設けた。長男は義龍と申した。
ある時、山城守が他行にて城を空けた所、義龍はその母に向かってこのようにうに言った
「山城守殿は美濃一国を従え信長を聟に取るほどの威勢がありますが、筋目のない侍であるように承ります。
武士は氏を威勢に仕るものであるのに、口惜しいことです。」

これを聞くと母は涙を抑え、
「幼き心にそのように口惜しく思われたか。然しながら、その方には並びなき系図があります。
密かにめのとにお尋ねなさるように。」
と言って、またさめざめと泣いた。

義龍は不思議に思い、めのとに密かに尋ねると、めのとは承って「声が高いです」と、
小声になって申した事には
「御父山城守殿は筋無き都の笠張りと承ります。或夜の夢のお告げにより、大殿様(土岐頼芸)に
奉公され、日々立身され、御家老まで上られ、終に大殿様を亡ぼし御台様を奪い取り、国を横領成されました。
古は大桑と申す所に御在城あったのですが、城内が狭いということで。この稲葉山に城を構えました。

若君はその時、御母君の腹中におられました。つまり土岐の御筋目なのです。
どうか他の人に漏らさないで下さい。御舎弟御両人は山城守殿のご子息です。」

そう悉く語ると、義龍は無念に思い、後見である日根野彌右衛門(弘就)と云う者を語らい、
「山城守殿は我が親の敵である。どうか打ち取り、我が無念を晴らしてほしい。」と、涙とともに
申した所、彌右衛門承り、

「この儀は私にお任せ下さい。先ず家中残らず、下々まで御情けをかけられ、『若君ほどの殿はあるまじ』と
一家中に思い入れさせ、その時に至れば、私に考えがあります。ですのでその時までは顔色にもその気持を
出してはなりません。」と、よくよく諌め、そのため義龍は家中に残らず御情けをかけられたので、今では
『この君の御事ならば御馬の先に立ち、御命に代わらんものを』よ思わぬものは居なかった。

ある時、山城守殿鷹野に出たが、彌右衛門は「時こそ至れ」と、若君を語らい御舎弟両人を、御振舞として
呼び出し、義龍、彌右衛門は手づから膳を据え、折を伺って兄弟の首を、水もたまらず打ち落とした。

それより大手を固めて門を閉め、矢倉矢倉に弓鉄砲を仕掛け、用心厳しく構えたため、山城守殿は鷹野より
俄に取って返して合戦に及んだものの、一家中一味の上は是非もなく討ち死にした。誠に、栄華盛ん也と雖も
主を殺せし天罰が無くなるわけではなく、幾程もなくして、あえなき死をしたのである。

その後日、日根野彌右衛門は備中守と成った。義龍は政道正しくあったので、信長公の下手に立つことは
無かった。しかし龍興の代に至り、おごり強く政道正しからざるによって、信長のために終に滅ぼされた。

堂洞軍記

いわゆる、斎藤義龍土岐頼芸のご落胤である、というお話のソースですね。



440 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/11/04(水) 11:44:58.15 ID:jCrSrMeR
道三の専制君主制を打ち倒す名分が必要だっただけ
義龍が有能だったとしても結局は宿老制を敷いて傀儡止まり
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    お話としては落胤でしたのが面白いよねー

  2. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    ネタ元は、親殺しの悪評を緩和しようと、義龍がばらまいた風聞だったりするのかな?

  3. 人間七七四年 | URL | -

          _,,..,,,,_,,_,,_,,_,,_      _∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧_
         / ・ω・ ヽ ヽ.ヽ ヽ.ヽ    > そ、その動きはトキ! <
         l      l .l l .l l        ̄∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨ ̄
         `'ー---‐´‐´‐´‐´‐´

  4. 人間七七四年 | URL | -

    斎藤利堯・利治「あのう…僕達は?今年の大河でも出演無さそうなんですが(泣)」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「母親が偉い人の元側室で、身ごもったまま家臣に下賜された」って風聞は良くある作り話。
    藤原不比等とか平清盛とか土井利勝とか。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    実際は普通の親子関係だったのを、義龍の親殺しありきで後世に作られた種違い説なんだろうな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    方向性が違うだけで当主としての実力はまんまパパ譲りだしなぁ…

  8. 人間七七四年 | URL | -

    問題なのは、結局家臣達は息子を担ぎ、親父殿は威勢に負けたって事実ですしね。
    多勢が離反する何かが親父殿にあったって事なのでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12737-8281a660
この記事へのトラックバック