FC2ブログ

今川義忠討死の後の内乱と和睦

2020年12月02日 19:36

751 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/12/02(水) 12:52:32.92 ID:X4bDmgcV
駿河国は、今川義忠討死の後大いに乱れ、合戦が数度に及んだこと関東に聞こえると。伊豆の御所より
上杉治部少輔政憲を大将として、三百余騎にて馳せ向かった。また上杉扇谷修理太夫殿(定正)より
代官として、太田左衛門大夫(道灌)、三百余騎にて馳せ登り、両陣は狐ヶ崎八幡山に陣取って、
対立している駿河衆の両陣へ使いを以て申した

『今度、豆州様(足利政知)、扇谷殿より我々が派遣された理由は、今川殿御討死の跡、御息幼少にて
上を軽んじ、各々わたくしの闘争を行うとは何事であろうか。どちらであっても、今川殿に逆心ある方に
向かって一矢仕り候との上命をふくみ、罷り向かったのである。定めて一方は御敵であろう。
御返答次第に、一合戦仕るべし。』

と、委細申し送ったが、今川の両陣ともその返答に及ばず、きまりも悪くなり陣を引いた。しかし
猶も和談はなかったため、大田、上杉は御館へ参り評定し、和談のはかりごとをめぐらせていた。

このような所に、今川義忠の嫡男である龍王殿の御母は、北川殿と申して、京公方の御執事である
伊勢守殿の御姪であり、先年、義忠御上洛の時、ふとしたことで御迎えになり、若君が誕生されたため、
北川殿として新殿を作りそこに居られた。

この北川殿の弟は、伊勢新九郎長氏と申す人で、その頃備中国より京に上り、今出川殿(足利義視)に
付けられていたが、今出川殿が伊勢御下向の時お供をして下り、それより姉君を尋ねて駿河国に下向されたが、
折節この乱に参り遭い、関東より加勢の両大将に相談をした

「かように家来の人々が二つに分かれて合戦をするのは、今川家滅亡の基となります。尤も主人に対して
意趣が無いのであれば、謀反人では有りませんが、主の家を滅ぼすのは、これに過ぎる悪事はありません。
各々の御扱いを用いず、和融の儀が無いのであれば、京都の御下知を承り、豆州様と申し合わせ、一方を
退治仕りましょう。
もし又、御扱いを承り、尤もと一同し、和談のことが定まれば、私は龍王殿の御在所を存じておりますので、
お迎えに参り御館へ返し奉ります。」

これに関東の両大将も、尤もであると一同し、この条々を駿河衆の両陣へ申し送った。駿河衆も、よしなき
私の戦を起こし、主の行方さえ知れず迷惑の砌に、このような扱いが有ることを大いに喜び、早々に両陣を
引いて、御館より共に、惣社浅間の神前にて神水を呑み、両方和談は相調った。

この時龍王殿は、山西の有徳人と聞こえる小川法栄の元に御座していた、法栄は「このような乱が
なければ、どうして譜代の主君が、このような山家に入られ、数日も御座あるべきでしょうか。」と、
龍王殿、御母公諸共に色々ともてなし慰められていた。そして和談が調うと伊勢新九郎が迎えにまいったため、
「これは目出度き次第である。」と喜び、新九郎を初めとして、御迎えの人々に、馬鞍以下、数々の引出物を
贈り、法栄父子も御供申し、駿府の御館は入り奉った。

駿府に戻られるとすぐに、龍王殿は御元服あり、今川新五郎氏親と申し奉った。
その頃、豆州様が御改名あり、始めは政知と申していたのを、『氏満』と御改めになっていた。これは
鎌倉殿(鎌倉公方)の御名乗り(通字)であり、御早世の御一門の御名乗りを、この方で取るのは、
かの幸いをこの方にて継ぐという事であり、必ず御名乗りを取るという習慣が有ったのである。
これによって氏満と御改名されたという。
龍王殿は、豆州様を御烏帽子親に頼まれた故に、氏満の氏の字を付けられ給いて、『氏親』と名乗られたと
聞こえる。

法栄の子は、今川殿近習となった、長谷川等是である。
伊勢新九郎は今度の忠功莫大であるとして、富士郡下方庄を給わり、高国寺(興国寺)の城に在城した。

今川記

今川記』より、今川義忠討死の後の内乱と和睦について



753 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/12/06(日) 17:46:00.04 ID:DKqmNioT
>>751

ここまで詳しい記述があるのに北条早雲が牢人扱いされていたのは何故?

755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/12/06(日) 21:08:16.61 ID:zY8ldDsB
>>753
北条氏や伊勢氏、今川氏に伝わる系図などで食い違いが多くあやふやな部分が多かったことと講談の影響
今川記』の記事だけ見ても、
「幕府の意向で今川家の調停に派遣された幕臣」って近年の(蓋然性が高いとされる)説も全く触れられていないし
伊勢で義視の元を致仕し姉の縁を頼って駿河に下ったと解釈すれば、身分は牢人といえる
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    天文年間成立の今川記じゃ、伊勢長氏の
    出自は概ね正しく伝わってるんだよな。
    それから御家が断絶したわけでもないのに、なんで100年も経たないうちに素浪人説が幅を効かせるようになったんだろ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    義忠って遠江欲しさに同じ東軍派で上から正式に認められてた斯波義敏配下の国人に喧嘩売って返り討ちにあった、って見たけど言っちゃ悪いがけっこうアレな死に方してるよなあ…
    史実だと早雲や氏親が優秀だったけど下手したらこの代で義元死後みたいにボロボロになってもおかしくなかったのでは

  3. 人間七七四年 | URL | -

    まあ盛時さん
    堀越公方の動乱の鎮圧のために駿河に下向してるからね。駿河が不安定だと延焼するし

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1

    (後)北条氏改姓のさいに出自を隠すようになって、しまいには周囲が忘れた(ふりをした)のかもね。
    関東公方や関東管領と戦争するのに「もとは幕府の政所執事の家柄でーす。伊勢氏の領土を関東で増やすよ!」で戦争していたら土豪の支持はないだろうし駿河今川とも微妙だし、中央と関東との関係もややこしいことになるし

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    ※1じゃないけど成る程。
    その説とすると、時代が領地の切り取り上等俺の物な時代に入ったから、出自がはっきりしない方が都合よかったと。出自を誇示するより隠した方が得策なら有り得ますよね。元々家柄は良いという自信はあるのだし。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    藩翰譜によると早雲の出自は諸説あるらしい。
    北条家の系図でもニつの異なる記載があって
    1.長氏入道早雲は、相模守平高時より四代目の北条新三郎行長の子。母は伊勢備中守貞国の娘。足利幕府を憚って母の姓伊勢を名乗る。永正一六年八月十五日死去
    2.長氏は高時より三代目の時盛の子。応永二十七年に生まれ元亀三年に死去

    また、小田原記では、長氏は伊勢伊勢守貞親の弟貞藤の息子で、姉婿の今川義忠について駿河に下り、義忠の子氏親の時に高国寺城を賜った。長氏の母は、北条高時の後胤横井掃部介の娘で、横井氏に男子がなかったので婿になって家を譲られた。

    伊勢氏の系図では、伊勢守貞親に息子が三人いて、次男の新九郎貞藤は相模国の北条氏の養子になって、以後北条を名乗った。

    まとめると、北条高時の直系説、母親が北条高時の系統で母方の家を継いだ説、伊勢氏出身で北条の養子に入った説で、後ろの二つは同じ事かもって感じみたい。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※1,4,5

    北条幻庵(早雲の息子)が小田原役直前?最中?まで生きていたんだから
    「早雲は伊勢氏を名乗っていた」って、北条氏家中で誰一人知らない忘れ去られたこと、
    ってことはないわな
    古参の大道寺とかでも、家族間だけで話して外には漏らすな、程度には話していてもおかしくない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    高時の末裔という説が広まらなかったの、やっぱり「無理がある」って思われたのかなぁ。

    最近だと北条氏綱の正室が鎌倉北条氏末裔の横井氏の出身という説が無視できないってことになってて、それが氏綱代での北条改姓と関連があるという説も出ているけど、これを遡らせて「早雲は北条の養子」って話になったのかなぁ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12777-66fdb0dc
この記事へのトラックバック