FC2ブログ

汁かけ飯、可児才蔵編・悪い話

2009年02月10日 00:13

699 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 05:41:20 ID:FJI+tSWe
まだまだあるぜ汁かけ飯


福島正則の有名な家臣、可児才蔵。通称、笹の才蔵。
武勇はあるが一徹者で、あまり出世はしなかったが、それをうらむ事もなく、
言いたい事は隠さず言ったが、それにも理のあることが多かった。

ある時のこと、故実に通じた軍法者という触れ込みの男が、正則への仕官を求めてきた。
この軍法者の面接が行われ、才蔵も出席し、軍法の事について質問した。
面接後食事が出され、才蔵もそれに相伴した。

その後面接の面々は正則に報告をした。皆、わが家にて召抱えるに足る良い軍法者だと
褒め称えたが、才蔵だけが「彼を召抱えることは無用でござる」と言った。
正則がその理由を尋ねると

「それがし、彼と相伴して飯を食い申した。人というものは幼い頃より箸を手に取ってこの方、
毎日二度か三度は飯を食うものでござる。
しかるにあの軍法者なるものは、一杯の飯に、汁を二度かけ申した。
こんなものの見計らいも出来てない男が、両軍数万の人数を見計り、戦の駆け引きを
出来るわけがありませぬ。

軍法とは結局、敵味方の人数を正確に把握し、軍勢の勇気と臆病、運不運の差異を
計る事でござろう。」

と、語ったと言う事である。


汁かけ飯の話は氏政の話ばっかり有名だけど、実はどれがオリジナルなのか、
良く分かってないんだよなー。




700 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 05:45:41 ID:JxvKgRZF
この話のたびに汁かけってそんなに重要か?wって思うな。

703 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 06:20:49 ID:SBLRI1/8
つーか汁かけご飯て行儀の悪い貧乏臭いイメージあるんだが、
昔の人間て毎日食ってたのか?
あとお茶漬けでご飯が多くてお茶が入りきらず、後で継ぎ足すことはよくあるんだが。

704 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 06:38:39 ID:FJI+tSWe
>>703
むしろ汁をかけることはマナー。
食事の最後にご飯に汁をかけて食べて、椀の中をきれいにしておくと言う行為。

前にも書かれていたけど、これが転じて、京のお茶漬けの話になる。
すなわち、お茶漬けを出した時点で、あなたへのおもてなしはこれでストップですよ、って
意味になるから。

705 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 06:44:30 ID:Ftjcg0Ne
汁かけは一回で済ますのがいいとは限らないのにな……

706 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 09:06:14 ID:Bo1MKikI
なんだこのループw

707 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 09:24:28 ID:zqlytV8T
氏政「親父が二度汁を見て家が滅びると言い出した時は、この父はもう駄目だと思いました。」

709 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 10:15:48 ID:dNOW77rz
まあ、戦国の武将の食事の作法はかなり事細かい
からね。作法の出来不出来が、そのまま武将個人
の評価だったんだよ。

作法の一例
・普通のご飯は中央から食べる。周りに先に箸を
 つけてはいけない。
・おこわ飯(赤飯等)は箸で直接口にせず、箸で
 左手に飯を乗せ、そのまま手で食べる。
・湯づけが出されたら、まず香の物から食べる。
 汁(湯)は飲まず、米だけ食べる。
・他家で酒を頂いたら、必ず一献飲む。もう一献
 頂いたら必ずもう一献、都合三献頂く事。
・蒲鉾は切れ目がついていたら、一切れずつ箸で頂く。
 切れ目が無ければ、そのまま一口で頂く。
・客が飯に汁をかけたら、食事の終わりの合図なので、
 それ以降に飯を勧めるのは失礼にあたる。

…等々、いろんな作法、しきたりがあるんだよね。
一般人には、胃が悪くなるような食事の話。

710 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 10:35:38 ID:HrV+9fR6
まるで切れ目のない蒲鉾丸ごと出されたら…ああ、刃傷沙汰か

711 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 10:51:11 ID:Bo1MKikI
かまぼこってラスボスの好物だよな

湯づけの米だけ食べるって結構難しいと思う

712 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 10:57:49 ID:dBEQqXzb
>>711
阪神大震災の時は喜んで食べたなぁ>味なし粥
不味かったけど旨かった

713 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 11:02:45 ID:a8f9zLse
>>707
確かに氏康の晩年はもうろくしてたよな
氏康の遺言で甲斐と再同盟したなんて嘘だよ
氏政の判断であろう

715 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 12:25:35 ID:HqPIHuDu
昔の米は高タンパク高アミロースだったから
一度冷えたら湯でもかけて温め直さないとパサパサしてまずかっただろうね
汁かけご飯が一般的なのもその辺に理由があるのかも
現代みたいに冷めても美味しいご飯は先人のたゆまぬ品種改良のおかげ

716 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 13:28:03 ID:YsSeRCdz
レンジもないしな

742 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/09(月) 22:23:23 ID:loL22xSw
>>711
秀頼の好物じゃなかった?
そして当時の蒲鉾は今で言うちくわ



参考
戦国食事マナー、汁かけ編
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1210.html

毛利元就、孫の二度汁・悪い話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1259.html
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1278-5efe6500
    この記事へのトラックバック