fc2ブログ

ミイラについて

2020年12月12日 16:59

496 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/12/12(土) 15:55:30.63 ID:utuFYwSn
ミイラについて、交趾(コウチ)と暹羅(シャム)の間に、三百里ばかりの砂原があり、この場所の往来は
松木丸太船に乗り六尺ばかりの小帆をかけ、身は蓑を着用する。何故ならば風烈しく、砂を吹きかける故である。
そこで目だけを出して、かの砂原を風にて走るのである。

その折、砂原に人の死骸の、幾年か経たものを見つけて、熊手のようなものが兼ねて用意してあり、これを
打ち懸けて引きずって帰る。このような死体は、肌は干し固まっていても、着用している木綿はそのまま朽ちず、
故にこれをミイラ(木乃伊)と云い、これは不慮に求め得たものであって、故に本来ミイラは至って大切なもので、
かの地でも秘蔵している。その上、人の形で死んでも小さくなり、さらに干し固まる故に、多くは無く、
毎年発見されるというようなものではない。かの砂原を往来する時に、たまたま見つけて求め得るのだ。

時として日本に渡ってくるミイラは、過半、拵え物である。これは火屋(火葬場)の柱に年々溜まった
人の油を取って、松脂の古いものを使って煉合するのである。しかし人油故に、これにも功が有る。

渡辺幸庵対話

百三十歳まで生きたという渡辺幸庵の、ミイラについての証言



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    薬として食べたのか。
    効能はどうなんだろう。クールー病は心配ないのかな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    単純に話を聞いてて楽しそうだから、自分が殿様だったらこういう御伽衆がほしい。んで気を悪くされない程度にデーモン閣下みたいに接したい。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    近頃の商品によくヒト由来ウンタラカンタラってあるよね
    あれ忌避感ないのかよって個人的には思うけど、売り文句になってるもんね
    当時もヒト由来のほうが薬効があるって思う人も多かったんだね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    どこの人から仕入れてるんだろう。
    ヒト由来、検索すると出て来た。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    昔、ミイラって本当に薬とかにされていたのね・・・
    まず体が異常を訴える事よりも、ソレを口にしようとした人間が異常だと思う

    昔の人達って幾ら助かる為に研究を繰り返したとはいえ、何故それを口にしようと
    思ったのかって薬が多い気がする。(子供の糞とか・・・)

    ちなみに人には人の乳酸菌で有名なアレとかの元が何なのか聞いて減滅した

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >かの砂原を風にて走るのである

    なんというロマンあふれる光景か

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12789-3d018b5f
この記事へのトラックバック