FC2ブログ

祖母の家の家伝、

2021年01月21日 17:13

528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/01/20(水) 22:05:36.58 ID:8biGem2Q
祖母の家の家伝、というか祖母が父から聞いた話として私が聞いた話なので誰の話とも言い難いんだけど
強いていうなら毛利輝元の悪い話として。

祖母の先祖は毛利家の家臣だった(直臣なのか陪臣なのかは知らん)。関ヶ原後の大減封のあおりを食ってリストラ、帰農したという。
これは関ヶ原の少し前の話。
時は上杉征伐をするぞとかなんとかいっていた頃。ある日(祖母曰く)御家老様(実名不詳)に呼ばれて密命をもらった。
これより先、東海道で大きい戦があるので忍びの里(伊賀か甲賀かどうかも不明)に趣き協力を取り付けてまいれ、と。
ご先祖様は言われた通りに交渉し、話がまとまりそうだった。だが思ったより早くいわゆる東軍が戻ってきたのでお話は破談となり、そのままご先祖様も本国に戻ってきた。
くじ引き解雇だかそれとも口封じの指名解雇だったのか知らないけど、とにかくご先祖様は帰農し山口県で農民として以後暮らした。

まあそこまでだったら信憑性のない話で終わりそうなものだが、証拠が一つ残った。
忍者と交渉したとかいうご先祖様本人のお墓である。
山口に移住し帰農したせいで先祖代々の墓はそのご先祖様のものが一番古い。
そいつがでかい。宝篋印塔だか五輪塔だかとにかくそういう形式で、写真を見る限り3〜4mはあった。
(農民の墓って普通そんなにでかいか?そこまで大きいのはあまり見ない)
家伝に曰く「御家老様が先祖様を気に入り、慰労の意味で墓を作るにあたり特別な許可で"立派に作って良い"、と言われてこの大きさで作った」

少年期はふーんで聞き流していたんだけど、冷静に考えると毛利輝元さん、上杉征伐の前の段階でしれっと工作に動き出してますよね?
家伝が正確なら、という但書きつきだけど、輝元さんがかなり主体的に動いていて、かつなんの成果も出せず失敗したので悪い話




529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/01/20(水) 22:17:53.65 ID:8biGem2Q
>>528
ちなみに富農ではない。普通の農民だったんだな、というサイズの墓が立派な塔の周囲にあって
一本の大樹を囲う低木のような感じの「一族の墓」になっている

530 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/01/21(木) 08:32:34.92 ID:vFZTQxQ0
ちゃんと下準備してるいい話じゃね?いいというか当たり前か

531 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/01/21(木) 09:13:38.55 ID:t6NWs7gs
輝元が関ケ原で色々策動し、周囲に責任なすりつけたことは最近知られるようになってきたねい。
しかも輝元、懲りずに大坂の陣でもやっていたし。

532 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/01/21(木) 10:58:02.90 ID:Jt3OtLfO
策を練るのは好きでも実行力がないのか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    輝元はことごとく失敗することを無視すれば歴戦の謀略家

  2. 人間七七四年 | URL | -

    策謀を起こして成功させるだけの能力は無いが、
    失敗した時の後始末を出来る程度の能力はあるんだよなあ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    大坂の陣でも懲りずにやってるからね
    能力は別として性質は確実に祖父譲りの人

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    輝元が「知らぬ」と一言いえばあら不思議、部下が出てきて腹を切る。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    部下に腹切らせるのが上手なのも輝元と言うより毛利のお家の特徴…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    このエピソードの場合
    言い伝え通りなのかもしれないが、
    お墓が大きく立派なのには
    立派にせざるを得ない理由があったりする。
    佐賀市高伝寺にある龍造寺政家のお墓が
    他の龍造寺あるいは鍋島一門の方々のお墓に比べ
    異様なまでに大きく立派なのを見ると、
    一門の方々がどれほど政家に引け目を感じていたかを
    窺い知ることができる

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12841-bafb4ae0
この記事へのトラックバック